4月13日 まだまだお花を愛でながら、創作裏巻きずし2種




*おしらせ*
4月19日、4月25日に1名ずつキャンセルが出ました。ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。


レッスンウィーク。
4月、すっかりの春晴れと思いきや、真冬の寒さに戻ったり。
大学通りのソメイヨシノは散り始め、しだれ桜の可憐な愛らしさにはっとする頃。


IMG_5499.jpg

IMG_5503.jpg

IMG_5507.jpg


箱詰め春和食。
先日は、「AKI FLOWERS」のAKIさんとのコラボレッスン。
テーブルセンターには、春のお花を寄せた花街道がなんともうっとりとする眺め。
花街道をお花見しながらの、箱詰め春和食。


DSC_0451.jpg

DSC_0455.jpg


重箱の中には、春野菜の前菜に、チキンロール、そして裏巻きずし。
春は、毎年見事にリクエストをいただくことの多いおすし。
やはり春野菜でのデトックスを体が欲するように、おすしもちょうど体が本能的に求める頃。

今年は巻きずし。
それも裏巻きずし。
以前、やはり春に、巻きずしのイベントレッスンを開催したのだが、その時に、一般的な表巻きはできるようになったけれど、裏巻きはやっぱり難しくて。
そんなお声も聞こえた記憶。
ということで、今回は裏巻きのみ。
それも、1つはスパイスを効かせたメキシコ風、もう1つはハーブの香りふんだんなベトナム風、と思いっきりの創作仕立てで。
1つは、「牛肉とアボカドのメキシコ風」。さっと焼いた牛肉とアボカド、そして新玉ねぎスライスなど、そしてアクセントにはカイエンヌパウダーで風味のある辛さ。
もう1つは、「ハムとピーナッツのベトナム風」。ハムと、ヌクマム風味のピーナッツ、そしてバジルに大葉などが爽やかに香り。


まずはせっせと具材の準備。
お肉を焼き、ピーナッツをすり鉢で半ずりにし、そこへヌクマムと砂糖を、と、一見おすしの準備とは思いづらい風景など。
いざ巻かん!
今回は4本の裏巻きずしを作るので、みなさんで一斉に。
巻くときのコツをお伝えしつつ。キュッ、コロコロ、キュキュッ。
そっと巻きすを外してみると、あれ~、巻けてる~!、みなさん、そんなご様子。
私もレッスンの回数を重ね、みなさんにお伝えしてると、今まではなんとなくやっていた1つ1つの作業に意識が届き、よりお伝えがしやすくなり。

そして最後の難関、切り方。
今回のレッスン、巻きずしはもちろん、フルーツサンドにチキンロールなど、見事に最後の切り分け仕事がちょっとした関門、そんなレシピが重なり。
コツはみんな一緒。
やわらかいもの、つぶれそうなものを切り分けるときの包丁使い。
コツをお伝えした瞬間に、きれいな切り口が見えるうれしさ。

できあがった料理の数々をみなさんで重箱に詰め、レモンやハーブ、そして南天の葉をあしらって。


DSC_0459.jpg

DSC_0467.jpg


DSC_0466.jpg


4月11日 箱詰めアフターヌーンティーレッスンと2日間のマルシェ at tama cafe ご案内

くにたちの食卓イベントレッスン

5月の出張イベントレッスンのご案内です。

*箱詰めアフタヌーンティーレッスン&2日間のマルシェ at tama cafe*
初夏にぴったりの出張イベントレッスン&マルシェのご案内です。レッスンはご予約制、マルシェはご予約なしでお待ちしております。大学通りのすてきな一軒家風カフェ「tama cafe」。大学通りの新緑を眺めながら、お散歩感覚でふらりとお越しくださいませ。
2017 5/26(fri)-5/27(sat)

■箱詰めアフタヌーンティーレッスン(ご予約制)
◇5月26日(金) 10:30~
◇5月27日(土) 10:30~
 ご用意した軽食やお菓子を重箱に詰めて、重箱アフタヌーンティーを楽しんでいただくひとときです。お手持ちの重箱を1段お持ちいただいたり、こちらで用意した重箱をご使用いただきます。各回とも2時間ほどのレッスンとなります。
tama cafeのお茶付き&レシピ付き

レッスン代 4000円
持ち物   エプロン、筆記用具

■2日間のマルシェ
◇5月26日(金) 13:00~16:00
◇5月27日(土) 13:00~16:00
 日々お世話になっているご近所さんから、おいしいもの、すてきなものを集めたマルシェです。
 ご協力店  Ivory(器、カトラリー)
        AKI FLOWERS(お花)
        国立コーヒーロースター(コーヒー豆)
        こいずみ道具店(キッチンウェア)
        circus(パウンドケーキ)
        ベーカリーハース(天然酵母パン)
        tama cafe(韓国だれ)
        くにたちの食卓 いづい(お料理)など

レッスンのお申込みやお問い合わなど、ホームページの「お問い合わせ」、またはメールにてお気軽にお問い合わせください。教室中など、お電話にはなかなか出られないことも多いので、お電話いただく際には、お手数ですが、留守番電話にお名前とお電話番号をお願いいたします。
kunitachinoshokutaku_izui@ybb.ne.jp

マルシェについてなど、追って、ブログにて詳細や、ご協力店のご紹介などさせていただきます。


afternoontea.jpg


DSC_7744[1]



logo_for_bar[1]
 国立市東2-25-6
 042-505-6634

scene14[1]


scene11[1]


scene10[1]


           map[1]

4月9日 ふらりやいづの春休み、帰り道は御殿場へ




4月レッスンがスタート。
まずは週末レッスンから。
箱詰め春和食。
重箱には、前菜の、春野菜の酢味噌に、春野菜のきんぴら、そして創作裏巻きずし2種、それからチキンロールなどの盛り合わせ。
重箱がずらりと並び、1つ1つの料理が詰め合わていき、そして最後に飾りの葉やハーブ、レモンなどが添えられて箱の中の絵がふっと整う瞬間。


DSC_0440.jpg


DSC_0444.jpg


DSC_0436.jpg


週末レッスンを終え、子どもたちの習い事が終わる夕方から、ふらり焼津まで。
次男の入学式に駆けつけてくれた焼津の母をみんなで焼津まで送ろう!、そんな思いつきのもと。
この時期は、あちらにもこちらにもの桜の眺めを車窓なら眺めながらの移動付き、それはそれは贅沢なもの。
春休み中はスケジュールが合わず、帰省できずにいたので、束の間ながら、私自身が春の焼津に一瞬でも身を置きたかったのかも、と思いつつ。

今年はいつも以上に桜の開花がゆっくりで、静岡はまだまだ5分咲きほど。
国立で満開から散り始めの桜を楽しんだ後に、まだまだ咲き始めの桜をもう1度眺められるなんて、うれしい春とはり。
花より駆けっこ。
近所に住む妹ファミリーもやってきて、子どもたちはみんなで駆け回り、じゃれ合い、それはそれは大騒ぎ。
いつもながら、こちらに帰ってくるとなんともゆったりとした時間が流れ。
母を見送る、という名目のもと、こうやってふらりと帰ることのできる場所があることのありがたさ。


IMG_5518.jpg

IMG_5525.jpg


帰り道、御殿場方面へ。
以前から立ち寄りたかった「とらや工房」へ。
茅葺の山門をくぐると、一面に竹林の広がる散策路が続き。
ふと道の途中には、あずまやがあり、そして道祖神があり。

販売所に隣接する厨房では、ガラス越しに職人さんたちがどら焼きを焼いているところなどを見学することができ。
なめらかな生地を、できあがりサイズよりほんの一回り小さく流し、ほどなく生地が膨らみ始め、ぴったりとそのサイズとなり、そして裏返せば、一面に完璧なる焼き色。
粒あんと白あんのどら焼きに、赤米大福など。
それから桜餅など季節のお菓子。


IMG_5528.jpg


IMG_5534.jpg


IMG_5533.jpg


DSC_0448.jpg


散策しながら、「東山旧式岸邸」へ。
首相を務めた岸信之が晩年17年を過ごした邸宅で、近代数寄屋橋建築の祖とされる吉田五十八氏によるもの。

居間からは庭先、咲き始めの桜の花の眺め、そしてすっかりと背を伸ばしたふきのとうがあちらにもこちらにも。
すぐ隣には、こちらも窓からの庭の眺めを満喫できる食堂。

御殿場は雨上がりで、霧が一面に。
雨のしずくをまとった桜の花もそれはそれは優美で。
ふらりやいづの春休みと御殿場ドライブ。


IMG_5538.jpg


IMG_5540.jpg


IMG_5527.jpg


4月7日 満開の桜を眺めながらの入学式、そして初夏のアジアン

P2_DSC_0078_2-e1491189614758[1]


*おしらせ その1*
4月21日(金)、4月27日(木)、4月28日(金)のレッスンに1名ずつキャンセルが出ました。
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。箱詰め春和食です。

*おしらせ その2*
国立歩記」にて、春の香りの手まりずし、酢飯の作り方をご紹介しています。
よろしければご覧くださいませ。


IMG_5438.jpg


桜満開の先日、次男の小学校入学式。
校庭の桜の木も満開に。
1年5組。そう5組!
少しどきどきしながらも、これから始まる新しい生活に、希望満ち溢れる姿。
新しい生活が始まり、新しいお友達ができ、自分でできることが増えてきて、きっとぐーんとお兄ちゃんらしくなるのだろう。
かと思いきや、教室で先生のお話を聞きながら、さっそく下敷きを頭にこすり当てている姿など。
まあいろいろなことをやってみるべし!、大きくすくすくと育ちますように。


IMG_5389.jpg


IMG_5396.jpg


IMG_5409.jpg


私自身もさっそくのスタートから、長男の学校お手紙、次男の学校お手紙、そしてついでに娘の保育園手紙がすでに入り混じり。
すぐにファイリングして、提出すべきものはさっさと提出せねば。
ここ数日間で一気に仕上げた入学グッズ。
さあ、6年生までもつか、もたないか、数が残っているか。
次男分と合わせて、長男の給食袋追加も。


DSC_0431.jpg


大学通りの桜も満開。
昨日から今日にかけては、少しずつ桜吹雪も舞い始め。
その時期その時期の美しさを存分に魅せてくれる桜たち。
今年はいつになく桜をゆっくりと楽しみ、そして桜と一緒の我が家の風景も存分に楽しむことができた実感。
桜の時期に頬張る桜餅は格別。
さあ、4月レッスンも本格スタート。


IMG_5478.jpg


IMG_5483.jpg


DSC_0433.jpg


そして5.6月に向けて。
桜が満開を過ぎたかと思うと、一気に初夏の空気をも感じるような。
そんな季節に向かって。
5.6月はこの時期になると必ず恋しくなるアジアン料理。
今日は、定番のヤムウンセンなど。
タイ料理、ベトナム料理、インドネシア料理などなど、初夏を感じるアジアン料理、そんなテーマを思案中。
5月にはイベントレッスンもプランニング中。
近日中のご案内させていただきます!


DSC_0424.jpg

4月5日 ふらり国分寺から西国分寺散策 桜を眺めながら




あちらにもこちらにも満開の桜を眺めながら、上2人の子どもたちと、春休みのひととき。
オープン以来、足を運びたかった東京都立多摩図書館を目指しながら、ふらり国分寺から西国分寺散策など。

まずは国分寺駅近くの殿ヶ谷戸庭園へ。
中へ一歩踏み入ると、ここが駅前というロケーションが信じられない別世界が広がり。
武蔵野のの野草と、そして湧水からの次郎弁天池。
竹の小径を横切れば、さやさやと静かな音が響き。

早々のおやつ休憩をし、湧水豊かな「お鷹の道」を辿りつつ、史跡公園へ。
七重塔跡には一面桜の木々だった記憶はありつつも、満開の桜の眺めは、桃源郷ならぬ、桜源郷。
国分寺楼門に向かいながら、金堂跡、講堂跡などの史跡の面影など。
桜の眺めと重なり、なんともロマンあふれる眺め。
再びお鷹の道を歩き、真姿の池を通り、雑木林を上がると、時々足を運ぶ武蔵国分寺公園のいつもの眺め。


P4049460.jpg


P4049466.jpg


P4049468.jpg


P4049461.jpg



さあ、ひと歩き、ふた歩きしたところで、公園に隣接する、東京都立多摩図書館へ。

まずは併設されているブーランジェリー キイニョンのカフェでランチをし、いざ館内へ。
「東京マガジンバンク」として、書庫まで合わせると約17000タイトルのバックナンバーを所蔵している、とのこと。
さっそく、dancyuのバックナンバーをずらり携えて。
これまた魅惑的なのが、児童書の充実。
「こどものへや」には約14000冊の絵本や物語など。
そして、「こどものへや」奥には、「えほんのこべや」。
靴を脱いで好きな場所で好きなスタイルで、本や雑誌をぱらりぱらり。
こべやの奥の小窓からも公園の満開の桜の眺め。
実に贅沢な、密かなお花見スポット。
すっかりの寝そべり姿も、あり、あり。

たくさんの桜を眺めながらの、ふらり国分寺から西国分寺散策。

IMG_5381.jpg


IMG_5382.jpg


IMG_5374.jpg
プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR