FC2ブログ

1月9日 来週からのレッスンについて、そして七草がゆにはごま油たらり

DSC_2422.jpg


*おしらせ*
松の内が明け。
一都三県に、緊急事態宣言が発布されました。
来週13日からスタートするレッスンにつきましては、現在のところ、今まで以上に感染予防をしながら、開催予定でおります。
手洗い、消毒、換気の徹底、時間短縮での開催、デモンストレーションをメインとしたスタイル、お席については、2テーブル、パーテーションの設置で間隔を保ちつつ、マスクを使いながらのお食事タイムを予定しております。
レッスンのみの受講、お持ち帰りも承っております。

当面につきましては4日前まではキャンセル料をいただきませんので、ご不安な方、体調のすぐれない方などはご無理なく、でお願いいたします。3日前以降は、通常通りとさせていただきますのでご了承くださいませ。

1日も早く、落ち着いた日々となりますように、心から願って。


DSC_2482.jpg


来週からの新春1.2月、真冬のあったか&ヒュッゲな北欧料理レッスンに向けて。
大急ぎで北欧雑貨を求めて。
久しぶりに訪れた、ソストレーネ グレーネはなんともうすぐの日本撤退、ということで思いがけずのセール中。
少々小物を調達して、こちらの久しぶりのIKEAへ。
お目当ての、ペーパーナプキンを調達し。
さらにお目当てのリンゴンベリーのジャムが、なんと品切れ。
コロナ禍で商品全体が入りにくくなっている、とのこと。

リンゴンベリーのジャム、年末にふらりと立ち寄ったお店でたまたま見かけて、ある程度まとめ買いしておいて大正解。
こちらは、もちろん、メインのミートボールに添える予定。


DSC_1155.jpg


DSC_1156.jpg


DSC_1646.jpg


食後の北欧スイーツはキャロットケーキ。
スパイスの分量確認のために、ここしばらくすっかりお気に入りのクグロフで焼きてみたり。
おせち戦線で残っていた京にんじんを入れてみたら、なんとも鮮やかな色味。
新春キャロットケーキ。

DSC_2390.jpg


DSC_2391.jpg


DSC_2414.jpg


DSC_2416.jpg


レッスンでは、今回は、私が一番大好きなキャロットケーキのイメージで、セルクル型を使って。
こちらのキャロットケーキも、もちろん立東舎より2月19日発刊「春夏秋冬 季節の焼き菓子とスイーツ」に登場します。
そして、リクエストさせていただき、背表紙にも登場。


Img102151.jpg


Img102153.jpg


撮影 馬場わかな
スタイリング 曲田有子


DSC_2431.jpg


無病息災を心から願って。
1月七日、人日の節句。
今年は、ちょっとかわいらしい七草をお店で見かけたので、さっそく。
赤すすなに、赤すずしろ。

昆布を入れて炊いたおかゆに、さっと湯がいて切った七草をトッピングし、最後にごま油をたらり、が、我が家の定番。
今年は赤すずなと赤すずしろのおかげで、なんとも愛らしい眺めに。
眺めているだけで、心が明るくなるような。


DSC_2444.jpg


ごま油たらり、で我が家はすっかりの七草がゆ好き。
おかわり続出で、まさかの、足りず。
大急ぎで、冷やごはんでのおかゆ追加など。
心身ともなる無病息災を願って。


DSC_2443.jpg

1月7日 新年仕事初めの包丁研ぎに、いちごのビクトリアケーキ、からすみもちに、黒豆のラム酒マリネ




*おしらせ①*
キッチンの風景」にて、2021年おせちをアップしました。
もう少しだけ新年気分、よろしければご覧くださいませ。


*おしらせ②*
本日、1都3県に緊急事態宣言が発令予定です。
発令ののち、来週からスタートするレッスンについても対応を検討する予定です。
なにか変更などありましたら、ご案内させていただきます。


仕事初めは、毎年恒例の包丁研ぎから。
昨年は、デモンストレーションメインのスタイルとなり、ご参加のみなさんが包丁を使う機会も本当に少なかったのだが、新年には1本1本を研ぎ上げることに。
日々使用している三徳包丁はもちろん、今はほとんど使うことがない菜切りや、それから出刃に、小出刃、そして刺身包丁など。
料理の道に進みたい!と決めたときに、両親がプレゼントしてくれた包丁に、懐石のお店での修業時代の想い出などなど。
毎年新年に包丁を研ぎながら、想い出すことあれこれ。


DSC_2394.jpg


DSC_2395.jpg


それからキッズ&ジュニアレッスン用の包丁も。
こちらも昨年はほとんど出番なし、だったのだが、いつか来る日のために手入れをして。


DSC_2401.jpg


そして新年しごと。
2月19日の新刊「春夏秋冬 季節の焼き菓子とスイーツ」の最終校正。
何とかここまでたどり着き、あともう一息。


DSC_2329.jpg


DSC_2335.jpg


そして粛々と来週からのレッスンに向けて。
新年キッズ&ジュニアレッスンでは、眺めているだけで心華やぐような、ヴィクトリアケーキをまだまだ当面の、お持ち帰りスタイルで検討中。


DSC_2372.jpg


DSC_2378.jpg


ヴィクトリア女王が大好きだった、ということからその名のついた、ヴィクトリアンケーキ。
バターケーキ生地にジャムをサンドした、どこか素朴なケーキ。
ながらも、ジャムをアレンジしたり、クリームやフレッシュフルーツを加えたり。
サンドやトッピングのアレンジで、季節感をぐっと楽しく事ができるスイーツ。
今回は、みんなの大好きないちごをトッピングすれば、思わず心華やぐ眺めに。
こんなときだからこそ、心華やぐ眺め。


DSC_2371.jpg


新刊でも、季節を楽しむ、ヴィクトリアンケーキのアレンジが掲載されています!
そして表紙にも登場。

◎ヴィクトリアケーキ
基本のヴィクトリアケーキ
春のヴィクトリアケーキ いちごクリーム
夏のヴィクトリアケーキ レモン風味
秋のヴィクトリアケーキ マロン
冬のヴィクトリアケーキ きんかん×ココア

立東舎より、2月19日発刊「春夏秋冬 季節の焼き菓子とスイーツ」です!


季節の焼き菓子_帯あり - コピー


お正月気分をもう少しだけ満喫すべく。
ふらりと谷保天満宮まで。
今年は、つぼ焼き芋屋さんも屋台も出ていないけれど、梅園の梅はちらほらほちらほらほころび始め。
毎年の眺めに、心がほっとする感覚。


IMG_9701.jpg


のぞいては、いけません!!!


IMG_9700.jpg


IMG_9705.jpg


IMG_9711.jpg


お正月気分をもう少しだけ満喫すべく。
お正月に試してみたくて、おすそ分けでいただいたからすみを使って。
久しぶりにホームベーカリーでおもちを仕込み。
できたてのおもちをせっせと丸もちに。


DSC_2341.jpg


せっかくなので、黒豆入りのおもちも。


DSC_2343.jpg


DSC_2346.jpg


DSC_2347.jpg


子どもたちとのランチに。
磯部に、きなこに、そして大根おろしも添えて。
わたしのお目当ては。
それからそれから、焼きもちにさっと炙った、薄切りのからすみとバター。
焼きのりでくるりと包んで、ぱくり。
からすみもち。
からすみの塩気とバターのまろやかさ、そしてのりの風味。
なるほど、なるほど、これは上々。
+しょうゆ数滴、は、大正解!!!


DSC_2384.jpg


DSC_2389.jpg


それからこちらも、お正月明けのお楽しみ。
黒豆のラム酒マリネ。
昨年11.12月レッスンでは、お手軽に黒豆の甘納豆を使ったのだが、みなさんにとってもとってもご好評で。
甘納豆でも、市販の煮豆でも、それからもちろん極上は、自家製を使って。
黒豆に、ラム酒をたらり、そしてあればカルダモンパウダーを少々。
そのままつまむのももちろん美味。
ピスタチオをまぶして、マスカルポーネチーズを添えれば、それはそれはすてきな仕上がりに。
おせちの黒豆がまだ残っているという方、ぜひぜひお試しなど!


DSC_2408.jpg


DSC_2404.jpg


DSC_2410.jpg

1月5日 餅花に、ガレット・デ・ロワ、そして梅の花

DSC_2309.jpg


三が日も開けつつも、もう少しだけお正月気分を満喫すべく。
いつもは実家でいただくお雑煮も、今年はわが家で。
山形風雑煮。

やいづの実家では毎年、牛肉の入ったお雑煮が定番。
恐らく、母方の祖父が山形出身なので、そこから、なのだろうが、私にとっては、幼いころから、お雑煮といえば、牛肉の入ったお雑煮という記憶。
その土地のお雑煮があり、そしてそこから派生する、それぞれの、我が家のお雑煮。


DSC_2243.jpg


DSC_2249.jpg


DSC_2245.jpg


お正月気分を満喫すべく。
ここ数年すっかり定番となりつつ、の餅花作り。
切りもちを薄く切り、少々の水を加えて、電子レンジでさっとあたためて。
半分には食紅を加えれば、紅白の餅。
お花屋さんで調達した、金塗の雲竜柳に餅花をつけて。


DSC_2278.jpg


DSC_2279.jpg


1月15日の小正月に、五穀豊穣の祈りを込めて作られるのが「餅花」。
葉のない枝に丸くついた餅は梅の蕾を思わせるような。
毎年1月いっぱいくらいまで、教室キッチンにも飾り。
この時期の、ちょっとした風物詩。


DSC_2321.jpg


DSC_2318.jpg


DSC_2309.jpg


DSC_2312.jpg


DSC_2307.jpg


餅花と、梅の花。
お正月の公園へ。
梅園にはほらやっぱり!
あちらこちらに春の香り。
ふっくらと先始めた梅の花。
早春の気配。


IMG_9644.jpg


IMG_9639.jpg


IMG_9643.jpg


IMG_9652.jpg


毎年の年末年始は、両家におせちをもって、年末から東久留米の実家で年越しをし、年明けには焼津の実家へ、と実家のはしごであっという間にお正月休みが過ぎていくのが恒例、なのだが。
今年は東久留米の実家へはちょこっとうかがったものの、焼津の実家へはおせちだけが宅急便で飛んでいき。
自宅でのんびり過ごす、静かなお正月。

春の気配を感じるべく、春の図案で、新春チクチク。
いちごに、たけのこ、そしてミモザの花。
家でのんびりしていても、ぼんやりはしていられないのは相変わらずの、時間貧乏性。
焼津の母に、「時には何にもしないで、ぼんやりしていないさい。」、とはよく言われたもの。
そんな母の言葉も、なかなか直に聞けず。


DSC_2337.jpg


DSC_2340.jpg


DSC_2339.jpg


新年のオーブン初め。
昨年の1,2月レッスンでは何度焼いたことか。
新年にぴったりのお菓子、ガレット・デ・ロワをさっそく焼き。
冷凍パイシートを使えば、とっても手軽にできてしまうのが魅力。


DSC_2251.jpg


DSC_2255.jpg


IMG_9659.jpg


丸くカットしたパイシートに、たっぷりのアーモンドクリームをのせて。
市販のガレット・デ・ロワよりもかなりたっぷりのアーモンドクリームを入れるのが、我が家流。
そしてアーモンドを1粒忍ばせて。
もう1枚のパイシートをかぶせて。


DSC_2259.jpg


DSC_2260.jpg


それから薄く卵液を塗ってから、ペティナイフで模様を描き。
今回は葉の模様。
オーブンで焼い上げたら、ジャムをうっすらとぬって、できあがり!
丑のフェーブを添えて。


DSC_2266.jpg


当たりは、長男。
まったく欲のない長男に、ご利益があるのだろうか。
アーモンドクリームたっぷりの、ガレット・デ・ロワ。


DSC_2274.jpg


DSC_2276.jpg


DSC_2267.jpg




1月3日 あけましておめでとうございます

DSC_2221.jpg


遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
本年も心よりよろしくお願いいたします。
みなさまにとって、心穏やかな日々となりますように。

年末のおせち作りから新年のみなさんの投稿やご報告などなどにて、私のおせちが、そして私のおせちレシピが多くにみなさまの新年のお手伝いをさせていただいていることを、新年早々からたくさん実感できる年明け。

昨年は、例年以上に、「食」のちからを感じた1年。
美味しいものを囲むこと、美味しいものをいただくこと、美味しいものを丁寧に作ることが、落ち着かない日々の中、どれほど優しい助けとなってくれたことか。
新年も心新たに、「食」を通して、みなさんのお役に立つことができれは、そんな想いを胸に抱きながら。


元旦には重箱におせちを詰めて。


DSC_2196.jpg


DSC_2197.jpg


2日目は、おせちの残りを、おひとり様ずつ盛り合わせて。
ゆったり詰めても絵になる、重箱の包容力。
丹波の黒豆・飛切に、ナッツごまめ、彩りなます、ピスタチオのテリーヌ、そしてきんかんのシロップ煮。


DSC_2221.jpg


DSC_2231.jpg


DSC_2223.jpg


毎年お雑煮は、実家でいただくもの、だったのだが、今年は、我が家で家族5人で。
さっそくは、昨年のレッスンに登場した「島根風五色雑煮」。
お餅の上には、五色の具材。
薄焼き玉子に、手綱かまぼこ、三つ葉に、かつおぶしに、のり。
最後にゆずの千切りをあしらって。


DSC_2235.jpg


DSC_2234.jpg


紀文さんの、「紀文のおせち料理2021」に、お雑煮レシピもご紹介しています。
まだまだお正月気分を満喫すべく、お雑煮レシピのご参考になれば幸いです!


img02_main01.png


新年のご挨拶には、ここ数年恒例の、ガレット・デ・ロワ。
本来は1月6日にいただくお菓子なのだが、新年にぴったりなので、喜ばれることが多く。
今年もまずは、レ・アントルメ国立のガレット・デ・ロワから。


IMG_4108.jpg


人数分にカットして、1カットずつ選び。
アーモンドが入っていたら大当たり!
陶器の人形、フェーヴと王冠をゲット。
すてきに1年になりますように。
みんなが笑顔になる瞬間。


IMG_9618.jpg


IMG_9620.jpg


宿題の書き初めを子どもたち3人が広げ。
さっさと硬筆を書き終えた娘が、長男の筆を狙い。


IMG_9622.jpg


うれしいお正月、のはずが、字が入りきらず。
うれしいな。
今年も、うれしいな、がいっぱいの1年となりますように。


DSC_2217.jpg

12月31日 おせちお渡し2日目と仕事納め

DSC_2199.jpg


31日分おせちのお渡しを無事終え、仕事納めとなり。
今日も、おせちお渡しをしながら、いらしてくださるみなさんと束の間の会話など。
お預かりした重箱にはご注文のおせちを詰めて。
そしてすべてのお渡しを済ませて、心からほっと。
すべての数がぴったり合って、ほっと、ほっと。

最後に我が家の重箱におせちを詰めて。


DSC_2185.jpg


DSC_2193.jpg


DSC_2194.jpg


DSC_2180.jpg


いろいろなことが起こった1年。
そしていろいろなことを考えさせられた1年。
このような中、レッスンにお越しくださったみなさま、関わりを持ってくださったみなさまに心から感謝して。
来年には心穏やかな日々を過ごすことができると信じて。
みなさまがまずは心落ち着く新年を迎えられますように。


DSC_2205.jpg


DSC_2212.jpg


DSC_2217.jpg


プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR