fc2ブログ

11月26日 シュトーレンレッスン キャンセルご案内と、2022年おせちご案内

DSC_1331.jpg


*おしらせ① キャンセルご案内*
12月11日土曜日のシュトーレンレッスンに1名キャンセル出ました。
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ!


DSC_1211.jpg


*おしらせ②*
2022年おせちのご案内です。


2001e01L.jpg


*2022年のおせち*
1.丹波の黒豆 飛切 1200円・・・特上の「飛切」を甘さ控えめにしっとり、ふっくらと炊き上げた、「くにたちの食卓 いづい」のおせち1番の自信作。

2. 栗きんとん 1100円・・・なると金時を使った、優しい甘さの栗きんとん。さつまいもの風味を生かすべく、優しい甘さに。

3.なます2種食べ比べ 900円・・・定番の甘酢に漬け込んだ「彩りなます」と、彩り鮮やかでコクのある「炒めなます」の2種盛り。

4.ピスタチオのテリーヌ ハーフ 1200円、1本 2300円・・・我がおせち定番。鶏ひき肉と豚ひき肉ベースの生地にピスタチオがふんだんに。

5.薬味とチーズの和テリーヌ ハーフ 1200円、1本 2300円・・・鶏ひき肉と豚ひき肉ベースの生地に薬味とチーズを加えた、和を感じるテリーヌ。

6.ナッツ松風 900円・・・鶏ひき肉の生地にナッツをトッピングし、蒸し焼きに。ふわりと山椒が香る一品。

7.海老と帆立のマヨネーズ炒め 花椒の香り 1300円・・・チャイニーズ風味。男性陣からリクエスト多い一品。ふわり香る花椒がアクセント。

8.ケーク・サレ ハーフ 900円、1本 1600円・・・お食事用塩味のケーキ。塩味のきいた生地にドライトマト、ベーコン、チーズなどアクセントになるフィリング。

今回も昨年に引き続き、この8品を丁寧に作らせていただくことに。おせち全品でのご用意ではないご案内に心苦しさを感じつつも、みなさまのお正月のテーブルに添えていただく形で喜んでいただけたら幸いです。分量の目安としては、それぞれ、3、4人で軽くつまんでいただくイメージです。テリーヌ、ケーク・サレはすべて18㎝のパウンド型でのご用意となります。テリーヌハーフサイズで6カットほどのスライス分となります。ナッツ松風は7カットでのご用意となります。

お渡しについては、12月30日午後と31日午前、「くにたちの食卓 いづい」でのお渡しを予定しております。発送につきましては、以前にご注文いただいている方のみに限定させていただきます。ご了承くださいませ。1人仕事のため、ご用意できる量に限りがあります。ありがたくも注文ご検討の折、お早めにお気軽にお声がけいただけると幸いです。ホームページの「お問い合わせ」、またはメールにてお申し込みくださいませ。
kunitachinoshokutaku_izui@ybb.ne.jp

201811151001553e8[1]


毎年ながら、おせちのご案内をするときの、なんとも背筋が伸びる感覚。
この新年も、お家でゆったり過ごす、そんな方々も多いのでしょうか。
新年を迎えるテーブルのおいしいお手伝いとなれば幸いです。


2001e06L.jpg


2001e11L.jpg


クリスマス&おせちレッスンの日々。
重箱にはクリスマスにぴったりの前菜や、定番おせちなど小さなお料理の詰め合わせ。
その中の1つは、リクエストいだだいた、牛肉の八幡巻き。
八幡巻きとは、ごぼうやにんじんなどの野菜を、牛肉や豚肉、鰻や穴子で巻き、焼いたり煮たりする料理のこと。
京都にある八幡町の郷土料理が発展したもの、というのがその名の由来。


DSC_1193.jpg


いつもレッスン中にたくさんの画像を取ってくださり、送ってくださる生徒さんから、貴重な画像をたくさんいただいたのでご紹介しつつ。


2.jpg


4.jpg


1.jpg


切り口には、市松模様の大根とにんじん。
まさに和食ならではの、仕事ぶりが発揮させる、そんな一品。
コツは、下準備に使う片栗粉。
お肉全体が白っぽくなるくらいにまぶして、下茹でして、しょうゆを少々まぶした野菜をのせて、くるりくるり。
片栗粉がのり代わりになって、全体がしっとりと落ち着き。
最後に甘じょっぱいたれを絡めれば、みんなが大好きな、牛肉の八幡巻きのできあがり。


DSC_0254.jpg


DSC_0266.jpg


3.jpg


さあ11月ジュニアおりょうり教室も全日無事終了し。
あとは、来週の園児さん向けキッズレッスンを残すのみ。
クリームチーズにお好みのフィリングを混ぜて混ぜて。
ビスケットにたっぷりのせて、ナイフでかたちをととのえて。


DSC_1062.jpg


DSC_1113.jpg


冷蔵庫でしっかり冷やして召し上がれ!
待てない子は冷凍庫に5分でもいいから、冷やしてから召し上がるのが断然おすすめ。


DSC_1180.jpg


DSC_1052.jpg


DSC_1185.jpg


DSC_1184.jpg


クリスマスに向けて、そしてお正月に向けて、そして新年1.2月レッスンに向けて。
心はすっかり台湾モードの日々。
リクエストもあれこれいただきつつ、美味しいメニューが山ほどあるので、セレクトにも悩みつつ、の日々。
リクエストいただいている1つが、台湾風おこわ。
我がモチベーションを一層上げるべく、今日は気まぐれに家にあるもので手軽に。
湯気上がる、ほかほかのおこわがぴったりの季節に。向かう頃。
台湾ごはんレッスンに向けて、まだまだリクエスト募集中です!


DSC_1199.jpg


DSC_1196.jpg


11月24日 ひじきと雑穀の彩りマリネに、ロスコン・デ・レジェス、そしてほいりげ




*キャンセルご案内*
12月14日火曜日レッスンに1名キャンセルが出ました。
お子様連れの方が1名ご参加予定の日です。
クリスマス&おせちレッスン、ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ!


今週はレッスンウィーク。
珍しく祝日レッスンも。
ずらりと並んだ重箱には小さなお料理が次々に詰められていき。
この過程もなんとも楽しいもの。

高さのあるグラスに盛られているのは、ひじきと雑穀の彩りマリネ。
芽ひじきと雑穀の、私的には黄金の組み合わせに、彩り鮮やかな、紫キャベツに、にんじんに、アボカドなど。
芽ひじきの、黒が、他の食材の鮮やかな色合いをぐっと引き立てる印象。


DSC_0916.jpg


ひじき。
やわらかく、甘じょっぱくにる王道ももちろん美味なのだが。
歯ごたえのあるくらいの食感で、オリーブ油でさっとマリネする、サラダ感覚のひじきは、口に頬張った瞬間に、ヒジキの磯の香りがふわあと立ち上がり、そして心地よい食感。
そして雑穀のプチプチ、もちもちとした楽しい食感。
具材をボウルに入れて、調味料を加えて、アボカドがつぶれないようにふわっと混ぜ合わせて出来上がり。
彩りが鮮やかなので、クリスマスはもちろん、お正月のテーブルにもさりげなく華やかな一品として、おすすめ。
普段使いでも、ボウルごと独り占めしたくなるような、たくさん体に取り入れたくなるような、そんなおいしさ。


DSC_1116.jpg


DSC_1118.jpg


食後のクリスマススイーツ、ロスコン・デ・レジェス。
まずは王冠を添えて、ホールの眺めを楽しんだ後、今度は人数分に切り分けて。
中に1粒忍ばせたカシューナッツのはちみつ漬け。
どうか切り口から見えませんように。
そしてそして、どうか私に当たりませんように。
毎回、楽しい笑い声が絶えないひととき。
みんなを思わず笑顔にしてくれるお菓子の、優しいちから。


DSC_1131.jpg


レッスンにも初めて登場した、スペインのクリスマス菓子、ロスコン・デ・レジェス。
実際に作ってみて、そのおいしさはもちろん、クリスマスリースを想わせるそのかわいらしさにすっかり魅力される日々。
そうだ、今年の12月キッズ&ジュニアレッスンも、ロスコン・デ・レジェスで行こう!、と思案中。
まだまだ日本では知名度の低い、ロスコン・デ・レジェスの魅力をお伝えすべく。


DSC_1148.jpg


気まぐれに試作してみたら、きゃ~、かわいすぎ!
ミニリースにはドライベリーやオレンジピール、アーモンドスライスにピスタチオ、そして雪を思わせるポップシュガーをトッピングして。
さらにクリスマスシーズンの風物詩、ジンジャーブレッドマンや雪のクッキーも最後にアイシングでくっつけたら。
まさのクリスマスリース。
食べるのがもったいないくらいの愛らしさ。


DSC_1145.jpg


DSC_1153.jpg


DSC_1140.jpg


レッスンを終えて、心地よい秋の空気の中、お散歩しながら。
国立の老舗の酒屋さん「つぶらや」さんのガレージセールへ。
以前からつぶらやさんのお噂は兼ねがねうかがっていたのだが、訪れるには初めて。
閑静な住宅街のはずれにある、なんとも雰囲気のあるたたずまい。
どこか蔵を彷彿させるような店内にはずらりとお酒が並び。


IMG_6647.jpg


IMG_6646.jpg


ご主人に、お店の創業のお話や年に2度開催される試飲会などのなどのお話も伺いながら、ついついワインのラインナップを紹介していただき。
うかがいながら思わずセレクトしたのは、山形県 西川町、月山トラヤワイナリーの「ほいりげ」。


『ほいりげ』とはドイツ語で『今年できたブドウ酒』の意。
完熟ブドウを原料とし、低温発酵後に急速冷却、上澄みだけをボトリングしたもの。
もぎたての果実の風味がそのままで、とてもフレッシュなやや甘口の微発泡性ワイン。
しかも無補糖で酸化防止剤等も使用しないブドウ本来の自然な風味が活きている爽やかな味わい、などなど。
説明をうかがっていたら、もうさっそくひと口飲んでみたくて飲んでみたくて。


DSC_1136.jpg


DSC_1139.jpg


しっかり冷やすのがおすすめ、ということで、さらに冷蔵庫で冷やしてから。
夕方にさっそくまずは小さなグラスで試飲など。
これほどにかわいらしいワインのお味であるのだろうか、と想うほどに愛らしい風味。
もちろんぶどうの風味なのだが、りんごや洋なしを想わせるような、爽やかな愛らしい風味。
微発泡の口当たりの良さもあり、まだ7明るい夕方にあまりにも、うっとりするひととき。
時間が経つにつれ、風味がよりワインらしくなっていく、そんな過程も楽しくて。
この時期、ではなく、今限定、とおっしゃっていた「ほいりげ」。
間に合えば、ロゼも試してみたい気持ちがうずうず、うずうず。


DSC_1165.jpg


11月22日 ロスコン・デ・レジェスと、落ち葉のモビールと、いちごとブッラータチーズのサラダ

DSC_1019.jpg


*おしらせ*
2022年おせちご注文について。
ご案内は11月25日前後のブログやInstagramにてアップ予定です。
ご案内までももうしばらくお待ちください。
気づけば、そんな季節とは。


DSC_1077.jpg


週末レッスン。
今年のクリスマススイーツは、本日ご参加、スペイン好きの彼女からリクエストいただいた、スペインのクリスマス菓子、ロスコン・デ・レジェス。

ロスコン・デ・レジェス。
ロスコンは輪、レジェスは王様。
幸運のお菓子として有名な、フランスのガレット・デ・ロワと同じように、こちらもクリスマスから、特に1月6日の公現祭に食される、パン生地のクリスマススイーツ。
ガレット・デ・ロワと同じく、陶器の小さな人形フェーヴを中に入れて、人数分に切り分けて、フェーヴの入っていた人は、王冠をかぶり、幸運が約束される、という、楽しいお菓子。

バターや卵などの入った、リッチなブリオッシュ生地をrリング状に焼き、横半分にスライス。
中には、カスタードクリームやホイップクリーム、チョコレートクリームなどをサンドしたお菓子。
トッピングにはカラフルなドライフルーツの砂糖漬けやナッツやシュガーなどがふんだんにトッピングされ。

今回は、あまりカラフルすぎず、ナチュラルで優しいイメージにしたいなあ、と。
トッピングに活躍する1つは、ドライベリーの即席ラム酒付け。
今回はクランベリーなどの数種のベリーミックスを使って。
ドライフルーツのラム酒漬け。
数か月にわたって漬け込むのもちろんすてきなのだが、そこまで待てず。
手軽な、即席ラム酒漬け。
ボウルにベリーと少々の水を入れて、電子レンジへ。
ベリーがふっくらふやけた、あたたかいところへ、ラム酒と砂糖を加え。
他の材料などの準備をしているうちにラム酒漬けが落ち着いて、出番待ちに。


DSC_0787.jpg


DSC_0788.jpg


たっぷりのトッピングをのせて。
そしてフェーヴに代わりに、カシューナッツのはちみつ漬けを忍ばせて。
まるでクリスマスリースを想わせるその愛らしさ。
いつもすてきなリクエスト挙げてくださる彼女に感謝して。
またまた来年に向けての、わくわくするリクエストもいただき、ありがたい限り。


DSC_0813.jpg


お散歩にぴったりのこの季節にぴったりの、イベント、ぶんぶんウォーク
マップ片手に、お散歩しながら、国分寺市の史跡やショップなどを巡り、国分寺市の魅力を再発見する、という毎年恒例のイベント。
今年は、ぶんさんウォークと題し、「集まらなくても、つながっているよ」、と、期間が長くなり、ゆったりと楽しむことができるスタイルに。

用事前に、娘と、ぶんぶんウォークならぬ、ぶんぶんサイクリングなど。
お目当ては、おたカフェで開催された、落ち葉のモビール作りのワークショップ。
まず朝のお鷹の道を散策し、落ち葉拾い。
しっとりとした朝の空気に、すっかり色づいたもみじの鮮やかなこと、鮮やかなこと。


IMG_6574.jpg


IMG_6573.jpg


さっそく、拾いたての落ち葉を使って、モビール作り。


IMG_6575.jpg


色とりどりの落ち葉をシートの上に敷きつめて。
1枚の葉を置いた瞬間に、そこに新しい景色が生まれ。
ああ、なんて美しいんだろう。


IMG_6576.jpg


もう1枚のシートをかぶせて、その場ですぐにラミネート加工していただき。
できあがったシートを陽にかざすと、うっすらと映る葉の美しさ、そして葉脈の美しさ。


IMG_6581.jpg


今度は出来上がったシートに、動物などの型紙をあてて、なぞり、型抜きなど。
りすにうさぎに、くまにとり。
うまく重ねたら2枚の落ち葉シートに、全種類の型抜きができて。


IMG_6568.jpg


IMG_6586.jpg


はさみできれいにカットして、小さな穴をあけて。
ここまででタイムリミットだったので、仕上げは家に帰ってから。
ぶんぶんサイクリングは、ちりんちりんしながら、プレオープンしたばかりの、ocuyukiの、もんぺ展をのぞいて。


IMG_6565.jpg


IMG_6566.jpg


帰宅後に、さっそく仕上げ。


DSC_1083.jpg


DSC_1084.jpg


DSC_1086.jpg


さっそくできあがったモビールを吊るしてみることに。
光が当たり、透けるとなんともまあ、美しく。
秋をぎゅぎゅぎゅっと閉じ込めた、落ち葉のモビール。


DSC_1101.jpg


DSC_1098.jpg


DSC_1099.jpg


DSC_1100.jpg


DSC_1089.jpg


秋から冬へ。
お店にも、少しずつ並び始めた、かわいらしい姿。
いちごが並び始めると、冬のシーズンに向かう空気を感じるような。


DSC_1103.jpg


いちごとブッラータチーズのサラダ。
仕上げにバルサミコ酢クリームをたっぷりかけて。
ああ、いちごでなくてはならない、この爽やかな香りと酸味と、そして甘みがなんてよく合いのでしょう。
頬張った瞬間が、体が宙にふわあと舞いそうになるおいしさ。
今年のボジョレー・ヌーボーと合わせて。
さあ、今週もがんばれそう。


DSC_1106.jpg


DSC_1104.jpg

11月19日 ビスケットサンドレッスン始まりました&豆花&台湾茶アフタヌーンリサーチ

DSC_1052.jpg


11月ジュニアおりょうり教室がスタート。
今月はみんなで、ビスケットサンド作り。


DSC_1031.jpg


DSC_1035.jpg


DSC_1043.jpg


今回は1人2種のビスケットサンド作り。
甘栗にオレンジピール、クランベリーにチョコレートの中から2種を選び。
みんなそれぞれにボウルに中でクリームペースト作り。
フィリングによっては、ラズベリーパウダーやココアパウダーなども加えて、それぞれに色味のあるペーストに。


DSC_1046.jpg


きれいなペーストになったら、ビスケットの上にたっぷりのせて、もう1枚でそっとサンドして。
最後にナイフで表面をととのえて、飾り用に残しておいたトッピングを飾って、できあがり。
ぜひぜひ冷蔵庫で冷やして、クリームが落ち着いたところを召し上がれ。
どうしても早く食べたい子は、冷凍庫に10分ほど入れて、召し上がれ。



DSC_1049.jpg


DSC_1061.jpg


レッスンの合間に。
ここしばらくは、心はすっかりの台湾モード。
来年1.2月レッスンに向けて、台湾ごはんリサーチなど。

まずは台湾茶と豆花リサーチから。
オープンと同時にうかがったのは、台湾茶カフェ「茶語」。
白を基調とした、とっても清潔感ある店内にて、さっそく、豆花と台湾茶をいただくことに。


IMG_6438.jpg


IMG_6446.jpg


合わせるお茶は、半発酵茶、青茶の、安渓鉄観音。
福建省安渓県の銘茶。
爽やかな渋味と甘味のバランスがよく、キンモクセイのような爽やかな香り。


IMG_6445.jpg


淹れ方を教えていただきながら、ゆっくりとお茶を淹れ。
お茶と一緒にいただいた、こちらの豆花は、整った甘みがあり、豆乳とそれから恐らく生クリームも少々加えて、ゼラチンで優しく固めた、リッチで満足感のある豆花。
口の中が喜ぶ食感と、しょうが風味の優しいシロップの相性。
店内入り口には、たくさんの種類の茶葉はもちろん、茶器も並んでいて、眺めているだけで楽しいもの。


IMG_6448.jpg


IMG_6441.jpg


さて、続いては、台湾甜商店へ。
以前は、勇んで台湾カステラを買いに伺ったのだが、今回は豆花のテイクアウトに。
こちらは、台湾スイーツと、台湾ごはんのお店。
今回は、伝統豆花の中で、全部入り、総合豆花をテイクアウト。
こちらは台湾レシピに近い、なめらかながらもなめらかすぎないほどよい口当たりの、豆花自体には甘さをつけないタイプの豆花。
トッピングには、たっぷりのタピオカに、さつまいも、小豆にはとむぎ、ピーナッツに仙草ゼリー。
黒糖風味のシロップをかけて。
こちらは帰宅後に子どもたちといただいたのだが、テイクアウトはタピオカが倍量入る、とのことで、子どもたちは大喜び。


DSC_1039.jpg


DSC_1040.jpg


ついでに、久しぶりに、台湾カステラ アールグレイ風味。
ご無沙汰しておりました。
その節はたいへんお世話になりました。
頬張りながら思わず、そんな想いに。
前回の台湾カステラレシピを作り上げる際に、一番参考のさせていただいた台湾カステラ。
こちらの台湾カステラは、生地に生クリームも入っている、とのことで、リッチに進化した台湾カステラ、という印象。


DSC_1036.jpg


DSC_1038.jpg


IMG_6449.jpg


IMG_6453.jpg


さて、テイクアウトの保冷バッグ片手に、本日のお目当てのお店へ。
三軒茶屋の住宅街にある、茶藝館桜樺苑(インファエン)


IMG_6485.jpg


店内に入ると、まず目に入るのは、ポップな色合いのすてきなカウンター席には、茶缶と茶器がずらりと並び。


img1.png


そして、窓際のサロン席に案内していただき。
すてきな調度品やしつらえに囲まれて、異国情緒あふれる、思わず皇妃気分を堪能できる、それはそれはすてきな空間。


img2.png


IMG_6459.jpg


IMG_6460.jpg


まずはオーナーの方にお茶のレクチャーをしていただき。
たくさんたくさんあるお茶リストから、しばし悩みながら、今日いただくお茶をセレクトし。
友人とシェアしながら、タイプのまったく異なるお茶を2種。
1つは、お店で一番おすすめの、高山烏龍茶、冷香。
標高が2,000m程の奇莱山で育った烏龍茶。

IMG_6465.jpg


さっそく茶藝士のオーナーさんに、目の前で工夫茶スタイルで淹れていただくひととき。
まずはあたためた急須に茶葉を入れ。
その香りの香しいこと、香しいこと。
まるで夢の世界に迷い込んだような、うっとりする芳醇な香り。
そして、熱湯をそそぎ、待つこと1分。
茶海に最後の1滴までしっかりと出し切り、まずは聞香杯に茶水を注ぎ、聞香杯から品名杯(飲杯)に茶水を移して、聞香杯に残ったお茶の香りを堪能。
先ほどとはまた違った、より華やかな香りが広がり。
肉厚な茶葉はしっかりと広がり、清らかさと爽やかさがありながらも、うまみが多く余韻が存分、という印象。


IMG_6466.jpg


IMG_6467.jpg


IMG_6469.jpg


2種目は、東方美人。
茶葉の生まれた背景なども伺いながら、そのお茶をいただくと、またおいしさが相乗し。


IMG_6470.jpg


先ほどの、さわやなか冷香とはまったく異なり。
蜜のような甘みとコク。
そして深みのある風味。
その香り高さに、英国のビクトリア女王がオリエンタルビューティーと絶賛したところから、その名がついたとか。
発酵度が高いので紅茶に近い味わい。
自家製のクッキーと、なつめチップスと一緒にいただき。


IMG_6472.jpg


IMG_6474.jpg


2煎目からは、自分たちで淹れながら、さあお待ちかねの、アフタヌーンティーセット。


IMG_6476.jpg


IMG_6478.jpg


1段目には、大根餅に、台湾風おこわ、草仔粿の3種。
どれも本当に丁寧に手作りされていて、優しく実に美味。
特に印象的だったのは、草仔粿。
切り干し大根が入っている台湾風肉餡の入った草餅。
甘じょっぱさがくせになるおいしさ。
そしてふわあと香るスパイスや干し海老の風味の存在感。


IMG_6482.jpg


2段目はスイーツ。
茶葉入りチーズケーキに、お芋のお菓子。
そして、蜜香紅茶のアイスクリーム。
茶葉入りチーズケーキはチーズケーキのコクに、茶葉の、ふんだんな爽やかさ。
蜜香紅茶のアイスクリームは、キャラメルやシナモンを想わせる、こっくりとした蜜香紅茶の風味とコクがアイスクリームに絶妙に封じ込められていて。
お茶の香りと、おいしさと、その空間演出の相乗で、まるで台湾にいるような錯覚に。
久しぶりの友人とのおしゃべりのひととき。

台湾茶、以前台湾を訪れた後にはしばらくあれこれ試した時期はあったものの。
改めて、またその魅力に魅力される日々。


IMG_6483.jpg


IMG_6484.jpg

11月17日 菊花かぶにはゆずとブラックペッパー、そして秋の紅葉の高尾山ハイキング

DSC_1014.jpg


11.12月レッスンの日々。
毎年恒例クリスマス&おせちレッスン。
白木の重箱には、小さなお料理の詰め合わせ。
その中の1つは、おせち定番の、菊花かぶ。

かぶの切り口に小さな切込みをたくさん入れて、甘酢漬けにすると、切り口が少々開いて、菊花のよう。
という、いかにも和食らしい、愛らしい一品。
ひと口サイズの、かなり小ぶりの菊花かぶ。
甘酢に漬けられたかぶの、かぶならではの、歯切れよく、軽やかな食感に、改めて、かぶの魅力を感じる一品。

器に盛った菊花かぶには、ゆずと、それからブラックペッパーを散らして。
このブラックペッパーも、実にいい仕事ぶり。
優しいかぶの雰囲気を、優しさを残しつつ、そっと引き締めてくれるような。
箸休めにぴったりの、菊花かぶ。


DSC_1016.jpg


食後のクリスマススイーツ、ロスコン・デ・レジェス。
クリームの間にそっと忍ばせるのは、、フェーヴ代わりの、カシューナッツのはちみつ漬け。
毎回毎回、密かに、どうか私には当たりませんように、と願いうのだが。
今日のレッスンでは、まさに残り物に福があり、私のもとに。
おもてなし側として、ああ、ああ。
次はどうか当たりませんように、と願いを込めて。


DSC_1019.jpg


菊花かぶ。
おせちにはもちろん、日々のおかずや、おべんとうのおかずにもぴったり。
子どもたちの振替休日だった月曜日、お友達と秋の高尾山へ。
早めのお昼に、とおにぎりと玉子焼き、それから菊花かぶ。


DSC_1001.jpg


かぶと一緒に、にんじんとラディッシュも添えたら、おべんとう箱の表情が一気に明るくなり。
かぶはもちろん、大根もにんじんも、赤かぶなどでもおすすめです。


DSC_1010.jpg


DSC_1007.jpg


秋の紅葉真っ盛りの、高尾山へ。
行きは、今回は体力のあまり自信のない私に合わせてもらって、穏やかで、道が舗装されている1号路へ。


IMG_6297.jpg


IMG_6298.jpg


IMG_6303.jpg


さっそくの一面の秋の眺めを愛でながら、山道を歩き。
おしゃべりしながら、時折、ふーふーしながら。
雲一つない青空に、イチョウの黄金色とのコントラスト。


IMG_6305.jpg


IMG_6307.jpg


IMG_6332.jpg


あまりの青空に、お坊さん方の袈裟の色まで、なんとも鮮やかに映え。


IMG_6336.jpg


IMG_6339.jpg


IMG_6352.jpg


途中で寄り道しながら、おしゃべりしながら、以前登った時よりも疲労感もあまりなく、無事山頂へ。
山頂でさっそく頬張った、梅干しのおにぎりおいしかったこと、おいしかったこと。


IMG_6355.jpg


帰り道は、4号路のつり橋コースへ。
一面緑に囲まれた、細い山道を下り。


IMG_6362.jpg


IMG_6363.jpg


今回の高尾山では、きっと忘れられない想い出が1つ。
薬王院で娘が何気なしに引いたおみくじが、なんと、凶。
ひゃ~、凶だ~、と初めての凶に動揺しつつ、これはすぐに結ばなくては、と大慌てで折り畳んでいたら、なんと凶のおみくじが、真っ二つに割け。
これは縁起が悪い、とまたまた慌てて、無理して結び。

そんな帰り道、娘のお財布とスイカがなくなっていることが判明。
これが凶か。
本人はあっけらかんとしているものの、こちらはかなり気落ちしつつ。
記憶を辿り、おべんとうの時にバッグを開けた山頂か、おみくじをしたときの薬王院か。
と、帰宅後に薬王院にさっそく問い合わせてみたら、なんと落としものに届いていて。
ああ、あのとき、すぐ目の前でお参りしておいてよかった!
「お財布、あったって!」、興奮気味に娘に伝えたら、「やっぱりね。」って、その返答はないでしょ。
ともあれ、凶、はこの一連で終了、としたいところ。
そんなこんなを優しくフォローしてくれた友人たちに心から感謝して。


IMG_6384.jpg


IMG_6386.jpg


おすそ分けしてもらった、高尾山名物、天狗焼き。
高尾山には何度か登っているのだが、実は初めて。
そのフォルムも印象的ながら、中の、甘さ控えめな黒豆あんのおいしかったこと。
今度は、上で、焼き立てを頬張ってみたい!
薬王院へのお礼の参拝と合わせて、また行かなくては。


DSC_1011.jpg


IMG_6354.jpg

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR