5月15日 母の日はまな板、そして5月ジュニアレッスンはカップケーキ




「おかあさん、いつもありがとう。」、その言葉とみんなの笑顔で、母はがんばれるもの。
最近は、イベントごとに天井の梁に飾る、大きな、大きな、垂れ幕のようなメッセージポスターを作ってくれるのだが、眺めていると、突っ込みどころ満載の楽しさ。
なぜかクリスマスツリーが描かれていたり、娘が描く主人の絵が、なんとも落ち武者風だったり。
長男からはもう1枚、カーネーションの絵を受け取り。
みんなの言葉とケーキがあれば十分!


DSC_0695.jpg



といいつつ、母の日は、お母さんが行きたいところへ、と強引に。
久しぶりの奥多摩方面へ。
立ち寄ったのは奥多摩湖。
湖にかかる橋をわたり、展望塔からの眺めは圧巻。
そして、橋を渡り少し進むと、遠くの青い山々とそして満開の藤の花。
あまりに美しくて、桃源郷ならぬ、藤源郷。


IMG_6241.jpg

IMG_6249.jpg


桧原村へ。
茅葺の合掌造りの民家が現存する、東京都唯一の村。
目的地「都民の森」へ。
その名の通り、「森林セラピーロード」を辿りながら、しっとりとした新緑とそして鳥たちのさえずりを聴きながら、向かうのは森林館。
緑一面に囲まれた「木材工芸センター」へ。

IMG_6254.jpg


私のお目当ては、まな板。
教室用と、それから自分用に。
それからみんなでキーホルダー作り。
確か昨年の夏にうかがったときには、長男が初めて電動のこぎりに挑戦し。
今回は次男も初挑戦。
そしていつにまにか、スタッフにレクチャーを受け、娘も一人電動のこぎり初挑戦。
長男からは、母の日の想い出に、フォークのキーホルダーをプレゼントしてもらい。
みんなもっと作りたい!、ということで、またの再訪を。


IMG_6263.jpg


IMG_6268.jpg


IMG_6266.jpg


IMG_6271.jpg

さて、森林浴ですっかりのリフレッシュ。
今週は、小学生向けジュニアおりょうり教室。
5月は「カップケーキ」。
まずは、カップケーキ作りから。
ハンドミキサーで順番に卵と砂糖を泡立て、粉を加え、溶かしバターを加え、さっと混ぜて。
型に流して、オーブンへ。
膨らむのが見たい!、オーブンの前に座り込んで、カップケーキが膨らむのをのぞき込む子たち。
のぞき込みながら、の姿があまりにかわいらしくて。


DSC_0702.jpg


さて、カップケーキが焼き上がるまでに、みんなでクリーム作り。
前回のフルーツサンドと同じく、生クリームにマスカルポーネチーズを加えると、クリームにコシが出るので、おいしいだけでなく、子どもたちでも扱いやすいクリームに。
特に今回は絞り袋を使うので、思いっきり絞り袋を強く握る子どもたちにはおすすめ。

焼き上がったカップケーキを大急ぎで冷ましている間に、お楽しみのトッピングずらり。
みんなのテンションが一気に上がり、そして予想通りの、いやいや、予想以上のリアクション。
今回は、これから旬を迎えるさくらんぼ、それから、アニマルビスケットもトッピング。
どれにしようかな、みんなもう夢中。

DSC_0697.jpg




1人ずつクリームを絞り、そしてトッピングを飾り、カップケーキのできあがり!
ふんわり優しい生地にコクのあるクリームの相性のよさ。
そして大きな口で頬張り、クリームが口につく愛らしさ。
さあ、今月はみんなでカップケーキ、カップケーキ!


DSC_0708.jpg


DSC_0707.jpg

5月13日 日本橋散策から、ブラックアフタヌーンティーへ




アフタヌーンティーリサーチへ。
来週に控えたイベントレッスン、「箱詰めアフタヌーンティーレッスン」、そして、7.8月レッスンも、「サマーアフタヌーンティー」を検討中。
ということで、というか、レッスンに通ってくださる生徒さんからの、「アマン東京のブラックアフタヌーンティー、いいらしいですよ。」、の言葉にすっかり感化され。


せっかくなので、その前に早回しで久しぶりの日本橋散策。
実は、いまさらながら、「コレド室町」へようやく足を運び。
お目当ては、「お茶らか」。
フランス人ステファン・ダントンの、オリジナルフレーバー緑茶のショップ。
以前、お店が吉祥寺にあった頃には時々足を運んでいたのだが、こちらにオープンして、ずっと伺いたかったのだがなかなか機会がなく、ようやく。
店内の壁一面に茶箱がずらりと並ぶ眺めは壮観。
あれこれと香りをテイスティングさせていただきながら、今回選んだのは、マンゴーフレーバの緑茶といちごフレーバーなど。
想像以上に華やかで、緑茶の香りもしっかりと生かされていて。


IMG_6182.jpg


IMG_6184.jpg


「日本橋だし場」で、かつおと昆布の合わせだしをいただきながら、一休み。
それから「千年こうじや」で買った甘酒のおいしかったこと。
こちらも生徒さんから教えてもらったお店なのだが、こんなに爽やかな甘酒は初めて。
すっかりお上りさん状態で、あちらこちらを回り、最後は、富沢商店で買い出しなど。
来週からのキッズ&ジュニアレッスンで使う、お菓子のトッピングものあれこれ。
特に、男の子たちが喜びそうなのが、ストーンシュガー。
砂糖を固めて、コーティングしてあるのだが、いかにも男子好み。


IMG_6186.jpg


DSC_0688.jpg


さて、日本橋から大手町方面へ。
日本橋をよぎりながら、江戸東京博物館内の実物大の模型の記憶と重なり、ミニチュアの街並みの記憶と重なり。
以前は何も考えずに渡っていた橋も、今はまた違うものに思えて。
こんな道歩きも楽しいもの。


IMG_6220.jpg


アマン東京へ。
ビル街から一歩踏み入れると、爽やかな緑が広がり、エントランスへ。
そして33階ラウンジへ。
リクエストした窓際席にて、目の前に広がる眺望を眺めながら、友人とおしゃべりしながら、そして本気でブラックアフタヌーンティーのじかん。


IMG_6221.jpg


IMG_6222.jpg


IMG_6224.jpg


アマン東京のブラックアフタヌーンティ。
ラウンジ全体もブラックベースに整えられて、とっても落ち着く雰囲気。
そしてアフタヌンティーもすべてブラックが基調。
シックで落ち着き、そして想像以上に、どのお皿もセイボリーから始まって、スコーン、そしてプチスイーツまでのおいしさをより引き立てていて。
特にフルーツのレッドや抹茶やピスタチオのグリーンなどの鮮やかな色合いが一層ビビットに際立ち。


IMG_6225.jpg


IMG_6230.jpg


IMG_6231.jpg

アミューズ的な、「キウイフルーツのジュレ」には、愛らしいチョコレートハット。
セイボリーで印象的だったのは、竹炭の黒いバンズにローストビーフがサンドされたプチサンドイッチ。
それからラップサンドにカナッペなど。
黒いかごに入った抹茶生地のスコーンには大納言小豆がトッピングされていて。
プチスイーツのシフォンケーキには、コクのある黒ごまたっぷりのクリームがアクセント。
食材にも、黒、そして和のテイストが生かされていて。
最後にいただいたチョコレートの数々。
ダイアモンドのかたちをしたチョコレートの中にはいちご。チョコレートバッグの中にもベリーがふんだんに。
そしてハイヒール型のボンボンショコラ。

最後は、淹れたての川根茶で〆めて。

来週の重箱アフタヌーンティーレッスンでは、白木の重箱メインで、とも考えていたのだが、シックな重箱での楽しみ方も一気に想い巡り。
そしてブラックの魅力、和の魅力もしみじみ、しみじみ。
さあ、来週に向けて。


IMG_6232.jpg


IMG_6234.jpg


IMG_6233.jpg

5月11日 5.6月「初夏のアジアン」レッスン、スタートしました




*おしらせ*
ホームページ、「キッチンの風景」、アップしました。真冬のあったか洋食、箱詰め春和食、そしてキッズ&ジュニアの、お寿司のカップケーキやフルーツサンドレッスンなどなど。よろしければ、ご覧くださいませ。


5.6月「初夏のアジアン」レッスン、スタート!
ずっと長く通ってくださる生徒さんが来てくれる日は、思わずなんだかほっとしてみたり。
それから、いつもお庭のお花やハーブを摘んできてくださる生徒さんからは、あまりに今回のレッスンにぴったりのハーブをプレゼントしていただき、さっそくテーブルセンターへ。


「初夏のアジアン」。
この時期になると、想像しただけで食欲が増すアジアン料理。
ナンプラーの香りに、ココナッツの風味、そしてマンゴーなど。
アジアンな食材や調味料に、初夏野菜、ハーブをふんだんに取り入れて。
それから前菜のかご盛り合わせには、アジアンながらも、オリーブ油と合わせたり、クリームチーズと合わせたりしながら、バターが登場したり。
ついついがっつりアジアンテイストになりがちなところ、爽やかな印象にまとめ。


DSC_0682.jpg


白いごはんに、ぱらぱらっとココナッツファインを散らして。
添えるのは、タイ料理定番の「ガパオ」をイメージして。
「ガパオ」は、タイのホーリーバジルのことで、本来はホーリーバジルと鶏肉の炒めもの、がポピュラー。
カフェでも最近はすっかりの定番メニューとなりつつ。
お店では手に入りやすいバジルを合わせていることも多く。


今回は、「しっとりガパオ風」。
ホーリーバジルはなかなか手に入りにくいので、これからの季節にぴったりのバジルを合わせて。
フレーク状にきゅーっと固まった感じではなく、しっとりほろほろとした仕上がりに。
ここで登場するのが、以前の「ナッツそぼろちらしずし」でも使った、「お鍋」と「泡立て器」。
鍋にひき肉を入れて、泡立て器で押しつぶし混ぜながら、火を通し、最後にオイスターソースとナンプラーで味をととのえ。
今回の具材は、新玉ねぎ、なす、そしてパプリカなど。
具材は別で下処理して、しっとり仕上がったそぼろに加えて、できあがり。

お皿には、ごはんとしっとりガパオ風、そしてフレッシュハーブ、バジルに大葉、それからミントにお好みで香菜。
ハーブをちぎりながら混ぜながら、口へ運ぶと、なんともいえない爽やかでくせになるおいしさ。
思い出すとまた食べたくなる、そんな一皿に。


DSC_0668.jpg


DSC_0673.jpg


試作では何度もそれぞれの料理はみているのが、テーブルにずらりとみなさん分の全品が並ぶ瞬間は、特に初回については、私自身もとっても楽しみで。
自分の想像以上のテーブルに仕上がった瞬間には、密かに小躍りしたい心持ちで、思わずにんまり。
「初夏のアジアン」レッスン、これからご参加のみなさま、お待ちしております!



DSC_0675.jpg

5月9日 「箱詰め春和食」レッスン終了、そして今週からは「初夏のアジアン」

DSC_0658.jpg


連休明け、月をまたいでの、3.4月「箱詰め春和食」、子連れレッスン。
初めまして、の方々と、それから初めまして、の元気いっぱいのお子様たち。
ちょっとずつのつながりを経て、楽しみににきてくださるありがたさ。
0歳、1歳、2歳。
最初はだいぶ緊張気味ながら、帰り際にはすっかりのいたずら顔も。
もう、なんていうか、すっかりのおばあちゃんの気持ち。
うちの子たちもこんなだったかなあ、とか、ああ、こういう動き、たまらなく懐かしいわあ、などなど。
食後スイーツのフルーツサンド。
予想通りにそれはそれはうれしそうに頬張る子どもたち。
お子様連れだからこそ、の今の時期の、大切なひとときを過ごしていただけたら幸い。
さあ、これで「箱詰め春和食」レッスンがすべて終了。


DSC_0608.jpg


DSC_0592.jpg


DSC_0580.jpg


今週からスタートする「初夏のアジアン」に向けて。
そして再来週に控えた「箱詰めアフタヌーンティーレッスン」に向けて。
詰め合わせに使う小さな器を探しに。
箱詰めには、より小さな器が使いやすく、今回は日本酒の冷酒用グラスやショットグラスなどを新調。
今週からのレッスンでは、前菜のかご盛り合わせにエスニック風マリネを盛ってみようかと思案中。
アフタヌーンティーレッスンでも、重箱盛り合わせに登場予定。
などなど、盛り合わせのイメージを膨らませるだけでわくわくするもの。





DSC_0652.jpg


DSC_0656.jpg


さあ、いつの間にかすっかりの初夏に向かって。
学童帰りの次男のお迎えついでに、「marca」さんに立ち寄って、ドライフラワーを買い。
玄関先に飾るスワッグに仕立ててみたり。
こんなちょっとした手仕事は本当に楽しいもの。



DSC_0666.jpg

5月7日 柏餅と新茶、そして谷保散歩




1日遅れの、子どもの日のお祝い。
毎年恒例、柏餅を作り、新茶を淹れて。
小豆が苦手な娘がせっせと作ったのは、なんとマンゴージャムの柏餅。
私的には、・・・、なのだが、子どもたちは大喜びなので、まあよしとして。
伊豆で買ってきたぐり茶の新茶はほっくり、こっくり、そして青々しい香り。
我が子たちの健やかなる成長を願って。


DSC_0646.jpg


DSC_0643.jpg


IMG_6083.jpg


連休最後は、みんなで城址公園へ行ったり、それから娘と、気になるお店のオープンに合わせて谷保散歩など。
庭先の木々を通り抜けると、小さな小さな天然酵母のパン屋さん「パンディアン」。
久しぶりに、しっかりと酸味の効いた天然酵母パン。

IMG_6107.jpg


すぐそばにオープンしたばかりの農家レストラン「千丑茶屋」へ。
谷保に代々続く農家だったお家をリノベーションして作られたイタリアンレストラン。
裏には立派な蔵、庭先には大きな鬼瓦。
店内にも、当時の梁や柱、欄間などが生かされて。
今回は、ティータイムにうかがったのだが、今度はピザを食べに来なくては。

IMG_6121.jpg

IMG_6117.jpg

IMG_6115.jpg

IMG_6119.jpg

IMG_6112.jpg


帰り道、久しぶりに立ち寄った国立古民家と城山公園でのんびり過ごし。
頭を空っぽにして、しっかり遊んだでリフレッシュしたGW。
さあ、明日のレッスンからの活力に!

5月26.27日のイベントレッスン&マルシェに向けて、準備も進めつつ。
箱詰めアフタヌーンティーレッスンは両日満席となっております。
マルシェにご参加くださるみなさんのご紹介は、今度のブログで少しずつアップさせていただきますね。

IMG_6164.jpg

IMG_6160.jpg

IMG_6167.jpg
プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR