FC2ブログ

2月10日 バレンタインココアマフィン、トッピングの楽しさ

DSC_4610.jpg


1.2月レッスンもすっかり終盤の、週末レッスン。
3.4月レッスンは、春和食です!
近日中に、平日レッスンご参加のみなさまにはご案内メールを送付予定です。


DSC_4543.jpg


DSC_4057.jpg


DSC_4064.jpg


レッスンを終えたキッチンで。
バレンタイン前の、バレンタインココアマフィン。
生地にはシナモンもたっぷり効かせて。
アイシングのトッピングには、ナッツ、チョコレート、ピスタチオ、オレンジピール、それからフランボワーズにアラザンなど。


DSC_4614.jpg


DSC_4603.jpg


キュート!
ただただのせるだけ、なのだが、トッピングの楽しさ。
バレンタインは過ぎてしまうものの、今月のキッズ&ジュニアレッスン、アイスキャンディー仕立てのブラウニーは、子どもたちにトッピングの楽しさを存分に満喫していただく予定。
気づけばそんな時期。


DSC_4611.jpg


DSC_4615.jpg


次男のサッカー試合に、朝早く飛び出し、本当に久しぶりにiPhoneを忘れた日曜日。
そわそわしたのはほんの一瞬。
あとは不思議となんだかどこか諦めがつくというか、なんだか気が楽になるような。
たまにはそんな日もあったもいいようだ。

夕方、作りたい図案が沸いてしまい、ついつい、あと1つだけ、とチクチク、チクチク。
春のブローチ、たんぽぽのわたぼうし。
ここでしばし打ち止め。
きちんと優先順位をつけましょう、私。


DSC_4633.jpg

2月8日 ゆず皮をちらし、ゆずを絞って

DSC_4537.jpg


いただきものの姫ゆずたち。
見事に重箱にぴったり!
すっかり後半戦の、1.2月レッスンでもゆずが大活躍。


DSC_4535.jpg


DSC_4541.jpg


早春を感じる、前菜盛り合わせのプレート。
冷酒のグラスに盛られているのは、いちごと季節野菜の前菜 ゆずの香り。
さっと湯通ししたカリフラワーに、さっと湯通しした菜の花、そしていちご。
仕上げにゆず皮を散らし、その後、果汁もぎゅぎゅぎゅっと。
最後にEXVオリーブ油を回して。

上からかける、だけの手順ながらも、とっても澄んだおいしさの一品。
そしていちごとゆずの取り合わせが、なんとも今の時期ならではの雰囲気に。
さりげなく、ながらもなくてはならない存在感。


DSC_4543.jpg


レッスンの日々の合間に、さあ、今日はそろそろリミット、1日朝からみっちり事務仕事、そんな日も。
といいつつ、う~ん、やっぱり、途中で気分転換にキッチンへ。
せっせと試作をしたり。
すぐにスイッチが切り替わる、リフレッシュの醍醐味。


DSC_4565.jpg


まさに、まな板の上に春が来たような。
手まりずし、もうそのネーミングからの愛らしさ。


DSC_4547.jpg


DSC_4564.jpg


そしてもう1つ。
やや気まぐれに作ってみたのは、フライパン松風。
完全に遊びモード。
さあ、そろそろ事務作業の続きへ!、私が私を呼び。


DSC_4591.jpg


DSC_4573.jpg

2月5日 キャンセルご案内と、立春

DSC_4443.jpg


*キャンセルご案内*

2月13日木曜日レッスンに1名キャンセル出ました。
真冬のあったか洋食レッスンです。
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

30分でできるのに、じっくり時間をかけて煮込んだようなおいしさにご好評いただいている欧風チキンカレーに添えるのは、アーモンドとクミンのごはん。
ホクホクとしたアーモンドスライスとクミンの香りがなんとも食欲をかきたててくれるような。
カレーはもちろん、シチューやトマト煮込みなど、洋風のおかずとの相性抜群。


DSC_4513.jpg


DSC_4320.jpg


節分を終えて、立春。
ここしばらく、すっかり春を感じる空気もちらほら、ながらも、時節も共に春に向かう頃。

節分の恵方巻き。
食べやすいように、ほぼカットしつつも、数本は長いまま盛り付けて。
今年は西南西の方向を向きながら。
食べながら、何か足りないなあ、と思いつつ。
後から、いくらののせ忘れに気づく、の巻。

節分の日に、飯台で酢めしを作っていると、ふと春の気配を感じ。
今年は特に暖かい日だったので、より一層、これからの春の気配。
そして、春になると、おすしを体が欲するような。
3.4月春和食レッスンでも、おすしが登場予定です。


DSC_4502.jpg


DSC_4507.jpg


さあ、豆まき、豆まき。
豆を入れたお椀をもって、目をギラギラさせている子どもたち。
次男が保育園のときに作ってきた鬼のお面がわが家ではまだまだ現役。
2袋分の豆があっという間に巻かれ。
さあ、片付け、片付け。
まだこうやって豆まきを楽しめることを喜ぼう、床中の豆をかき集めながら。
鬼は外、福は内。
みなさんにもたくさんの福が届きますように。


DSC_4511.jpg


DSC_4465.jpg


相変わらずのチクチクモードは続いており。
ちょこっとの合間じかんに、チクチク、チクチク。
春のブローチ2つ。
いちごとお豆。
立春。
春に向かう季節。


DSC_4519.jpg


DSC_4485.jpg



2月3日 キャンセルご案内と、節分マフィンに自家製カッテージチーズ

DSC_4466.jpg


*キャンセルご案内*
2月14日金曜日レッスンに1名キャンセル出ました。
真冬のあったか洋食レッスンです。
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

1.2月レッスンも後半戦へ、の週末レッスン。
ますます前菜盛り合わせのプレートに早春を感じる頃。


DSC_4457.jpg


DSC_4460.jpg


節分を前に。
節分マフィン作り。
いつもの菜種油を使ったマフィン生地に、こがしきなこをたっぷり加えて。
それからシナモンも加えて。
トッピングには、クルミにカシューナッツにマロングラッセ、それからごまなど。


DSC_4477.jpg


節分の豆、節分それからここ数年恒例の、鬼の足キャンディ、それから柊など。
節分準備万端。
あとは当日の恵方巻き。


DSC_4472.jpg


DSC_4468.jpg


DSC_4465.jpg


IMG_4491.jpg


週末に、次男が参加している市のスクーリングでレポート提出があり。
大急ぎで一緒に取り組んだのは、カッテージチーズ作り。
実は私自身も初めて。
テキストをみつつ、検索しつつ。


IMG_4466.jpg


まずは牛乳を温めて、そこへ酢を加え、混ぜるとポロポロとしたかたまりができてきて。
今度はそれを濾して、チーズの成分と乳清に分け。
そしてさらしの包んだチーズの水分を絞り、水洗いして。


IMG_4472.jpg


水洗い後はこんな感じ。
なんだか想像以上においしそう!
最後に生クリームと塩を少々加えて、混ぜて。


IMG_4473.jpg


できたてをさっそくクラッカーにのせて、EXVオリーブ油を回して、パクリ。
うわあ、驚くほどに美味!
なんちゃって、な感じではなく、きちんとカッテージチーズ。
こんなに簡単にできてしまうなんて。
大急ぎのレポートもなんとか無事に完成し、夜の1品もできあがり。


DSC_4450.jpg


DSC_4451.jpg

1月31日 キャンセルご案内と、しっとりもっちり魅惑のわらびもち

DSC_4356.jpg


*キャンセルご案内*
2月12日水曜日レッスンに1名キャンセル出ました。
真冬のあったか洋食レッスンです。
ご興味ある方はお気軽にお問合せ下さいませ。
食後のスイーツは、新年のお菓子、ガレット・デ・ロワです。


DSC_4384.jpg


真冬のあったか洋食レッスン、ながらも、ここ数日はすっかり春を感じるような陽気。
というか、ガレット・デ・ロワに、ゆりねのグラタン、オーブンからの熱もあり、毎回いただきます、の頃にはカーディガンを脱ぐことも多い私。
そうそう、今日調理道具の買い出しへ行ったら、通り道にある早咲きの桜の花がすっかりピンク色に膨らんでいてびっくり。

さて、真冬にぴったりのあったかメニューが並ぶ中、前菜盛り合わせは、早春を感じるプレートに。
みなさんで料理を作り、そろそろ盛り付けのタイミング。
作業台にずらりと並んだ白皿に、1つずつ小さな料理が並んでいき、春色が増していき。
プレートが出来上がるころには、そこはすっかりの春の眺め。


DSC_4344.jpg


DSC_4346.jpg


ピックを添えて、ますますの春を演出してくれるのは、いちごとクリームチーズのミニサンド。
玉子サンドで使うサンドイッチ用食パンで、手軽なもう1品。
仕上げの隠し味で、ただかわいらしい1品が、ぐぐぐっと昇格し、なんとも気の利いた前菜に。
想像以上においしい1品。


DSC_4203.jpg


DSC_4354.jpg


さて、あっという間に「いってしまう1月」から、もうすぐの「逃げてしまう2月」へ。
調理道具や器の買い足しへ。
器を選ぶことしばし、しばし。
続いて、来月のキッズレッスンの粉ものやナッツ類、そしてトッピングものあれこれを選ぶことしばし、しばし。
それから、わらびもちの粉も。
わらびもちの粉だけでも、4種類ほど並んでいて、選ぶことしばし、しばし。
続いて、キッズレッスンに使うリボンを買いに、という名目で、移転リニューアルしたユザワヤへ。
ここはユザワヤなの?、と思うほどに、すてきな店作りに。
そしてあっちのコーナーに目をやれば、あれも作りたい、こっちのコーナーに目をやれば、ああ、これも欲しい!、購買意欲、創作意欲を実に掻き立てられ、危険、危険。
まずはリボンを選び、そして今日はここだけ、と刺繍糸の引き出しを開け。
ずらりと並んだ刺繍糸のかわいらしさ。


slide1[1]



選ぶもの続きで、少々エネルギーを使ったので、一休みに入ったのは、「甘味茶屋 七葉」。
お目当ては、わらび餅パフェ。
こちらのわらびもちは、本わらび粉とタピオカでん粉を使っている、ということで、優しい風味と口の中が喜ぶもっちりとした食感。
黒蜜きなこをかけながら。
煎茶と迷ったのだが、深煎りのコロンビアコーヒーとも相性よく。


IMG_4447.jpg


IMG_4449.jpg


あのもっちりとした食感を求めて。
さっそく2種類のわらびもち粉で試作。
色味はもちろん、口当たりの違いも歴然。
そして、作り立てならではの、しっとりもっちり、魅惑のおいしさ!
3.4月春和食レッスンに登場予定です。


DSC_4409.jpg


DSC_4413.jpg


DSC_4414.jpg


DSC_4418.jpg


プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR