秋風としぎ焼き


 コツコツとファイル作業。ああ、今後はきちんとこういう時間をコンスタントに作らなくては、としみじみ反省。途中からは1階キッチンに場所を変え、デッキプールに夢中のゆふきの様子をうかがいつつ。夏休み中、もれなくご一緒のあてはがいつも使っていたホースを今日はうれしそうに我が物顔に。それも、いつものあてはがするように。今日は心地よい風が吹き。
 レシピ作りと合わせての試作。行楽弁当リクエストに向けて、の一品。「鶏肉と秋野菜のしぎ焼き」。お弁当にはもちろん、日々のメイン料理にもぴったりの一品。しぎ焼きのしぎとは、鴨のこと。「なすのしぎ焼き」が定番なのだが、油を上手に使って、味噌仕立てに仕上げる料理。精進でなすを鴨肉のように仕上げた、という説やヘタ付きなすの形が鴨に似ている、という説など。鶏肉を焼き、鶏肉からのうまみある脂で秋野菜も焼き、焼き上がりに味噌ベースの調味料でからめ。ポイントは鶏肉の焼き方。グリル(強火でささっと)ではなく、ポアレ(蒸し焼き)で皮はパリパリ、身はしっとりと。皮を下にして、弱火でじっくり、じっくり、というか放置。ついでに鍋の底や平らな蓋などを鶏肉の上に置き、皮目が平らになるように。仕上がりを器に盛りつける。今日は、まさに優しい秋風が吹くような、「吹き寄せ」をイメージして。こういう、和食ならではの料理の、食材だけでなく、その料理自体から伝わる季節感、ああ、趣あり。
 スイミングに行くはずのあてはが、いつのまにかソファですやすや。あまりに珍しいこと。新学期が始まり、うれしさ有り余ってのフル稼動、なのかもしれない。本人の意向で、今日はのんびり過ごすことに。
 夏休みが終わったら、ファイル作業と同様、じっくり長期戦でやっていきたい、と思っていたこと、大掃除。家のあちらこちら、かつてないほどにすっきりしない状態がピークに。今日はようし、と重い腰を上げて、布の整理など。気づけば、段ボール2箱分。無地、大好きなチェック、その他の柄、それからはぎれ、分類し、まとめ。押し入れの片隅がちょこっとすっきりしただけで、なんともいえない爽快感。この感覚を大切に。これからの長丁場、掃除の天才の彼女に近々アドバイスを受けなくては。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/970-aeace1bb

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR