「レモンチキン」も含め、「シトラスチキン」



 いつもより少し気合を入れて、パッケージ屋さんへ。まずはいつもの定番ものの買い物を済ませ、今日のお目当て、フードパックや袋ものなどの備品などなど。慣れないものを1つずつ選ぶのにはそれなりに時間と気合が入り。今後への投資も含めて、一通りの仕入れを済ませ。
 そのまま、「ユザワヤ」へ。今日は一番下ほゆきの食事用エプロンを作る生地などを買いに。近所のソーイング好きのお友達に型紙をもらって以来、長男あてはの時から作っている、のだが。一番下のほゆき、ただいま、まったくエプロンを付けず。が、4月からの登園では毎日3枚のエプロン持参、ということで、きっと慣れていくことだろう。真っ赤な水玉の生地を選び。
 時間も押していたので、粉ものなどの買い出しはちょっときついかも、とひとまず向かってみると、デパートの臨時休業日。ありがたくも諦めもつくもの。帰りの電車に乗り。
 来週のイベントに向けて。メインの料理の1つに思案中。秋の行楽弁当、をテーマにした、9,10月教室で登場した、「レモンチキン」。しょうゆやしょうがなどを使った、チャイニーズベースのシンガポール料理。今回は、くにたち産柑橘を使って、作ってみることに。イメージとしては、ゆずを使って、「ゆずチキン」との心積もりだったのだが。「しゅんかしゅんか」にも、この時期、ゆずはそろそろ終わりつつ。が、夏みかんなどなにかしらの柑橘は並ぶ。ということで、ちょっと括りを大きくして、「柑橘チキン」だと、ネーミングが重いような気がしなくもないので、「シトラス香るチキン」、「シトラスチキン」としてみることに。本来は油で揚げることも多いのだが、多めに片栗粉をまぶしてから、フライパンで皮目も下にして、ゆっくり、ゆっくり焼いていく。鍋などで重石をすると、皮目がぴんとまっすぐに、そしてパリッパリに仕上がる、ちょっとしたコツ。
 「シトラスチキン」を焼き上げてから。今日は一番下ほゆきの保育園面接へ。4月からお世話になる園、どちらも我が家から徒歩10分圏内。と、考えると、2か所になった、とは言えどもやっぱりこれば恵まれた環境なのだろう。無事、面接も終え、まだまだわからないことだらけ、ではあるものの、春からここへ通うことのなるのだなあ、という実感も。面接を終え、門のあたりで待ち合わせをしているはずのあてはが、う~ん、いない。道のだいぶ先の方に、それらしき姿が。追いかけると、待ち合わせをすっかり忘れていた、とのこと。ほゆきが通う園のすぐ先にあてはの通う小学校があり、その坂の下に、真ん中ゆふきの通う保育園があり。4月からは、家族5人中、4人が徒歩10分圏内に見事に点在する生活が始まる予定。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/97-291e66cd

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR