月見団子作り 



 教室の買い出しへ。すっかり秋の食材。レシピはレモンでいくつもりだったが、あっ、すだちにしてみよう(って、ギリシャ料理では本来は使わないのだが、ここは四季豊かな日本なので)、など、実際に売場にて思いつくこともあったりする。「shunka shunka」にて国立産のはちみつを買う。「初夏の百花蜜」、この夏に採れたもの。冬のものとは色もまったく違い。ほどよい甘さながら、なんとも爽やかな味わい。教室では、こちらのはちみつをデザートにて楽しんでいただく予定。
 買い出しの最後、近所のお店にて、いつものようにご機嫌に歌を歌っているゆふき。レジに並んでいると、「うちの息子はもう40になるんですけどね、これぐらいの頃、ほんと、そっくり!」、とそれはそれはいとおしそうに。きっと、私もいつか、そんな風に思うときが来るのだろうなあ、と。その時には子供たちのどんな表情が思い浮かぶんだろう。
 まさに先週、ご近所に引っ越してきたばかりのお友達がふらり遊びに来てくれて。「まだまだ箱ができあがったばかり、中は本当にこれからなの。」と。ひとまず引越は終えたものの、棚から壁から、これから時間をかけて、自分たちで作り上げていく、という。改めて、またこうやってすてきなご近所さんが増えたことがうれしくて。
 今日は1日遅れながら、子供たちの「月見団子」作りなど。楽しみながら、手軽にできるように、と今回は白玉粉を使ったへそもちを作る。粉に水を加え、混ぜ、ああ、これだけで楽しいのよね、そんな時間。そしてみんなで生地を丸め。衝撃的、あまりに大胆な大きさのもの(もちろん、あては作)は手直ししたものの、ほどなく愛らしいへそもちが並び。ゆでて、冷やして、お皿に盛り、今日は砂糖30%で炊いた小豆をのせて、みんなでいただきます!あっという間に完食。もっとないの~、飾り用にお敷きに並べたお団子もつまみ食いなど。そんな声に、お見送りがてら、駅前のお友達のお店にてお団子を買い、の夕方。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/963-fea5c358

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR