バレンタインスティック


 平日クラス。「お久しぶり~!」の生徒さんあれば、「初めまして。」の生徒さんあれば、「始まる時間間違えちゃった!」の大ベテラン生徒さんあり。
 今回のスイーツは毎年2月恒例、チョコレートを使った、その名も「バレンタインスティック」。我が家でも日々のおやつによく焼いている、菜種油を使ったクッキーにチョコレートをコーティングしたもの。たかがクッキー、されどクッキー。おいしく作るには、おいしく作るコツがあれこれ。と、どの料理についてもそうなのだが。
 菜種油を使ったお菓子、その利点については、まずはバターよりも少量で作ることができること、それから計量がしやすいこと、そして日持ちもよいこと、その上、植物性オイルだからこその優しいおいしさ。ということで、私自身もここ数年はかなりのペースで焼いているので、その分、想い入れも強く。生地のポイントはとにかく練らないこと。手先を使って、やさしく生地をまとめていく、というか。今回はまとまった生地を麺棒で伸ばし、包丁でカットし、スティック状にしていくのだが、このときにもついつい力を入れて伸ばしがちなところ、イメージとしては空気を抱き込んだ生地を優しい力で伸ばしていく。生地をまとめていくときも然り。力を加えれば加えるほど、固い、引き締まった生地になり、より力を加えずに仕上げれば、さくさくっとした軽い食感に。
 今回はオーブンで焼き上げた生地にブラックチョコレートとホワイトチョコレートをそれぞれにコーティング。ここで出てくるのが、チョコレートの「テンパリング」。なんだが難しそうなイメージ。なにかといえば、コーティングした後のチョコレートが再び溶けるのを防ぐためのちょっとした温度管理。本来お店では温度計片手にする作業、なのだが、今回はより手軽にできるように。まずは湯煎でチョコレートをしっかりとあたためる。手を入れたときにお風呂よりもしっかり熱いくらいに。これを氷水でしっかりと冷ますとすぐに表面が固まってくる。これをもう1度湯煎であたためて、いざコーティング。この行程を踏むことで再び溶けることのない、扱いやすいチョコレートに。いつもよりビターで渋みの効いたコーヒーとも相性もよく。
 コーヒーといえば、夕方、国立ロースターさんのバレンタインセットを買いに。もちろんのバレンタインブレンドに、フルタヨウコさんのチョコレートスイーツ。チョコジンジャーは甘みと一緒に辛さもしっかりと効いたジンジャーとビターなチョコレートとの相性が、なんとも大人スイーツ。1人占め、の気配。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/821-af9c515a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR