房総の旅 2日目



 朝食を済ませ、まずは日本三大朝市の1つ、勝浦の朝市へ。わらびもちを頬張りながら、ひじきなどの乾物や野菜などを買い。以前来たときには目にしなかった天然酵母のパン屋さんでも調達し。
 気まぐれに勝浦灯台を眺め、さて、これまた気まぐれに、御宿を目指す。童謡「月の砂漠」の発祥の地、ということで、美しい砂浜にはらくだの像など。そして、今日も海にまっしぐらのあては。ゆふきは、といえば、海にたどり着くことなく、一心不乱にそれはそれは広大な砂場遊びにもう夢中。ということで、私も砂浜に腰掛けて、のんびり、のんびり。と、お昼の時報とともに、「月の砂漠」が流れ。
 再び、鴨川を目指し、「磯の宿そとぼう」にあるお食事処「磯料理 吉村」へ。まさに海の上にいるようなロケーション、房総の海を眺めながら、新鮮な魚料理をいただく。特に、注文してから炊いていただく「金目鯛の煮付け」は実に身がふっくらとして、美味。小鉢に入ったひじきのサラダ。ひじきがなんとも香りよく。
 早めのホテルに戻り、心地よいのか、いつもよりだいぶ長めのゆふきの昼寝の傍ら、私も広々としたソファにてありがたきシエスタ。普段は昼寝が苦手なのだが、こういうときは別。昼寝から覚めたら、あれをしなくちゃ、これをしなくちゃ、そんなことを考えなくてよいありがたさ。
 夕食でいただいた筍のサラダがおいしかった。ひじきにしろ、筍にしろ、鮮度よく、質よいものは、ただシンプルにいただくのが一番なのだだろう。今夜は子どもたちが寝た後に鑑賞しよう、と企んでいた小津作品だったが、まんまと寝過ごしてしまった。まあ、それもよし。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/741-040e8147

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR