房総の旅 3日目



 房総の旅最終日。朝早起きしてゆっくりお風呂に入り、いつものように早起きの子どもたちと散策へ。なんとまだ6時台!この、非日常の心地よさ。「昨日、お父さんに教えてもらったんだよ。」と得意げにアスレチックにて歩行披露するあては。小川沿い、あてはが移動すると、ゆふきがその横にちょこん、またあてはが移動するとゆふきがちょこん。
 朝食を済ませ、敷地内に咲くラベンダー摘みをし、のんびりのチェックアウトをし。まさに、のんびり、ゆったり過ごすことができてなにより。
 房総フラワーラインを走りながら、「今、○○って看板あったよ!」など。それは昔むかし、もう15年以上前、もちろん結婚前、はじめての2人旅行で訪れた房総。懐かしい想い出があれこれ蘇り。
道の駅「三芳村 鄙の里」を目指す。以前働いていたオーガニックレストランでは野菜はほとんど三芳村から取り寄せていた。野菜だけでなく、乳製品作りも盛んな地域。館内にある農村レストラン「カントリーマム」にてお昼ごはん。季節の天ぷらは、たらの芽やのびるなどの山菜をはじめ、彩りよい野菜がからりと揚がり。お昼ごはんを食べてから、野菜などの調達、とのんびりしていたら、なんとお目当ての筍が今さっき完売、ああ残念。
 帰り道、スヤスヤと眠りに落ちる子どもたち。君津の天然酵母パン「かさりんご」、粉の質の良さが店内に入った瞬間の香りから伝わってくる。レーズン酵母のほどよい酸味の効いたカンパーニュなどを買い、一路国立を目指し、房総を後にする。 
 いつになくのんびり、ゆったりできた旅だったのでは、と改めて。そして、いつになくありがたいエネルギーチャージ。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/740-2aa2bca7

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR