カレー、ココアパウンド、またカレーの日



 今日も2人ともの泣き声を背にし。その後、ほどなくケロリと泣き止むとはわかっていても、やっぱり、「おかあさんと一緒にいたい~!」、そんなフレーズはしばらく耳元に残り。
 もう1セットずつのシーツ作り、それから作り足したいものがもう少々、足りないものを買い足しに長男あてはと電車で一駅。来週から小学2年生、だいぶ頼もしくもなってきたものの。雨の中、いつものスキップ足、転ぶからやめなさいとさんざん言ったのだが、案の定、思いっきりつるり、ズボンのお尻はびっちゃりと濡れ。昨日はさんざん言ったのだが、炭酸を何度もふり、キャップを開けた瞬間に本人も驚くほどに溢れ出て。傘を持たせれば、いつもの通学路での帰り道、こんな風にしているのだろう、とんでもない向きに持ったまま、駅のエレベーターに乗り込もうとしていたり。まだまだ手がかかる、といえば、かかるのだ。デパ地下にて、いつもの粉ものなどの調達。ベビーカー持参感覚で買い込んだら、重い、重い。これからは要キャリアバッグ、となりそう。そうそう、今月から、お友達のご親戚のインド料理屋さん「スパイスマジック」が出店、ということで、さっそく。うれしいサービスをしていただいて。手元、キーマカレーのスパイスの香りに魅惑されながら、の帰り道。荷物が多くなってしまったので、あてはにカレーなどの入った袋を託したのが間違いだった。ふと、手元を眺めると、パックがまったくの横向きに。添えられたライスにしっかりとカレーがまみれていた。ああ、「重い、重い!」の声を聞きつつも、粉もの袋を託すべきだった、と反省。
 帰宅後、さっそくランチにいただいくことに。カレーにも、それからサブジにもクミンにコリアンダー、ホールスパイスのおいしさ。そして添えられた窯焼き卵、だったかな、スモークされたような風味がついていて。デザートナン、さっと温めていただくと、表面のにぬられたギー(もしくはバター)の風味とフィリングになつめらしきフルーツの甘みとフェンネルの香りが口の中にふわあと広がり、初めての味わい。
 今日はお昼寝時間までの慣らし保育。ということで、帰宅後のおやつに、ココアパウンドを焼く。オーブン焼き上がりの途中で、表面にいちごのジャムを少々。迎えに行くと、寝起きでやけにぼんやり、ながらも、お絵かき帳に描いた絵をうれしそうに見せてくれて。
 お昼のカレーの余韻、続けてカレーが食べたくなり、夕ご飯も今夜はキーマカレーに。おやつを食べ終えて、キッチンへやってきたゆふきに、ふと、「今日のお昼ごはん、何食べたの?」と聞くと、「カレーだよ。」と。今日の我が家、5人中3人は、昼夜ともにカレー、となり。これからは、子どもたち3人ともの給食メニューチェック、しなくては。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/61-801da9f7

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR