秋野菜のテリーヌ



  「もうすぐ、みっちゃんが来るよ!」の声に、玄関に座り込み、待つことしばし、の、ゆふき。いつもはゆふきがショートステイでお邪魔してばかり、今日は近所のお友達みちこちゃんを我が家で数時間預かることに。
   さっそくうれしそうに遊び出す2人。これは喜びそう、ととっておいた段ボールに予想通りむりやり2人で入り込みちょこんと並ぶ姿など。
  予想以上にこちらの手もさほどかからず。ということで子どもたちの様子をみつつ、キッチン仕事など。明後日のあては運動会に向けて。当日の朝はとにかくばたばた、みんなを連れ出すだけで手一杯になりそう。ということで、基本的に事前に用意できるものを、と。そこで思い浮かんだのが、私のおせちレシピあれこれ。今回は我が復習も兼ねて、私の定番おせちレシピからも何品か。
   今日は「秋野菜のテリーヌ」と「ナッツ松風」を仕込む。今回はメニュー全体、子どもたちの大好きなひき肉料理尽くしにしてみようかと。
   さて、「秋野菜のテリーヌ」。テリーヌ、と聞くと、その響きだけでやや敷居が高い印象かも。が、実はハンバーグ生地を作るような感覚で、なんとも華やかさもある一品。今晩の夕ごはんも合わせ、今日は2本分。まずは生地の準備。今回は豚ひき肉と鶏ひき肉を合わせ。今日は1cm角くらいにカットしたかぼちゃ、さつまいも、しめじをフィリングに加え。ひき肉料理のポイントは、しつこいくらいにいつもお伝えしているのだが、生地をしっかり混ぜること。なるべく大きめのボウルに材料を合わせ、混ぜる。手先でクシャクシャと、ではなく、手先をハンドミキサーの先のようにちょっと丸め、「攪拌」するようなイメージ。目安としては、生地全体が白っぽくなり、ボウルの周りに白く脂がつくくらいまで混ぜること。少々の油を塗った形に生地を詰め、湯煎したオーブン160度で40分ほど。焼き上がり、周りに出てきた水分は外し、熱いうちになにか重石をし、形を整えながら冷ます。冷めたら型から外し、ラップかアルミホイルで包み、冷蔵庫へ。あとは当日の朝、切り分けるだけでよし、の心強さ。
   余ったフィリングを使って、お昼ごはんはナポリタンに。ケチャップだけでの味付けだと、どうしてもケチャップが強すぎて、ベタな印象。少々の牛乳を加えるだけでぐっと雰囲気がかわる。みっちゃんとゆふき、2人並んで、口の周りを赤くしながらナポリタンを頬張る光景、あまりにかわいらしくて、思わず眺めることしばし。
追記。テリーヌ指南、参考になりますように。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/591-c0e6fa73

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR