シュー生地に思い巡らせ、パリブレスト                               



 買い物帰りに、今年最後のお花見になるか、公園へ。こちら、咲き始めの、白っぽい八重桜がなんとも可憐で大好き。雨が降り出すまで、のタイムリミットに向けて、せっせと遊び、せっせと体を動かし、あっという間に雲行きが怪しくなり、「車まで急げー!」、の帰り道。家に着いた頃にはあっという間にすっかりの青空。
 明日からは小学校新学期も始まる。ということで、3人分の準備などをしつつ。下2人の保育園入園のお祝いに、初めての「パリブレスト」を焼いてみることに。ここしばらく、シュー生地についてあれこれ考えているところもあり、そんな流れから。
 シュークリームについては何度となく作ったことがあるのだが、パリブレストは初めて。「パリブレスト」とは、パリからブレスト間で行われた自転車レースを記念して、自転車の車輪をイメージして作られた、シュー菓子。仕込んだシュー生地を絞り袋で円状に絞り、アーモンドスライスを散らし、オーブンへ。その間に、久しぶりにカスタードクリームを炊く。いわゆるカスタードクリーム、実はあまり好きではないのだが、仕上げにラム酒をきかせ、緩めに泡立てた生クリームを合わせた感じのカスタードクリームは、一気に雰囲気が変わり、こういう感じは大好き。出来立ての、またふわあと、落ち着く前のカスタードクリームのおいしさ。焼き上がって、落ち着いたシュー生地を横半分に切り分けて、カスタードクリームと今日はいちごをふんだんに。実は、今日、シュー生地に少々の敗北感。焼きが少し甘くて、焼き上がりよりややしぼんでしまったのだ。頭の中ではわかっていたはずなのだが・・・。小柄なシュークリーム皮との違いをしみじみ。それでも、初めてのものを作るときの、この高揚感は、いつもながらなんともいえない。世界中にはまだまだ私の作ったとこのない料理やお菓子が山ほど。きっと、一生かかっても作りきることはないだろう。そんな意味では、私の人生、安泰か。
 「入園おめでとう!」、そんな余韻に浸る間もなく、あっという間にお皿の上は空っぽに。そして、みんなでお皿に残ったカスタードを手につけ。作るのにかかる時間と、食べるのにかかる時間、このアンバランスさ。
 さて、そろそろ3.4月教室後半戦に向けて、ご案内の準備など。、お子様の入学、進級のこの時期、まだまだなかなかスケジュールが立てにくい方も多いはず。なるべく、参加希望の皆さんのご意向に合うように、設定していくことができたら、と。ゆくゆくは、教室スケジュールについても、もっともっとクリアにわかりやすくしていきたいと思いつつ、今は来てくださるみなさんとのよりよい折り合いをつけながら、そんな方向に向かっていくことができたらなあ、と。エッグベネディクトにパンケーキ、まだまだ作りますよ~!
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/58-669b4af2

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR