今年もキウイ狩りへ



 入園手続きで園お休みのあては。お友達と待ち合わせをして、今日は毎年この時期恒例のキウイ狩りへ。
 国立の閑静な住宅街の中に突然広がるキウイ畑。今年も、それはそれはたわわに実る光景。そして、ふと、ここへ来た1年前、2年前、3年前、が瞬間にフラッシュバックするおもしろさ。昨年はなんとなく、だったゆふきも今年はもちろん参戦。そして、すっかり知った顔のあては、ものすごいスピードでキウイをもぎ始め。気づけばかごにかなりの数、あっ、もうそれで十分、と諭し。キウイジャムののったクラッカーとお茶をいただき。この、ふらり歩いてきたのに、どこかとっても遠くへ来たような錯覚がなんとも。キウイ狩りの唯一の難点、採ったキウイはすぐには食べられないこと。10日ほどの追熟を要す。キウイ大好きの我が子たち、しばしのお預けに。
 お散歩しながら、一橋へ向かい、グランド脇にてみんなで早めのお昼ごはん。そして、すぐに駆けていく子どもたち。ふと、何してるのかな、と覗きに行くと、池の脇にて、棒を両手ですり回し、「火おこし」風。そのあとは飛行機作り、などなど、とにかく楽しそうに過ごしている姿。明日からの一橋祭に向けて、学生さんたちがあっちでもこっちでも楽しそうに準備している姿。図書館近くの池はいつもと違った風景。そう、この数日間限定、水が抜かれ。いつもの池の底を探険する子どもたち。私が大学生の頃、一橋のサークルに入っていた友人に連れられて、この池の脇のベンチで「レ・アントルメ国立」のシュークリームを頬張りながら。一橋祭の時には毎年、この池に飛び込む人が続出するので、前もって、水を抜くのだ、と教えてもらった記憶。いつも思うのだが、あの時には自分がその後、ここが何度となく訪れる場所になるなんて、夢にも思わなかったなあ、と。
 ベンチにてひなたぼっこしながら、いつのまにか楽しい、そして有意義な打ち合わせとなり。うわあ、楽しそう!、おもしろそう!、あまりにぼんやりの興奮から少しずつ、少しずつ、具体化していく過程のおもしろさ。
 最近はなかなか本屋さんでじっくり選ぶこともできないので、アマゾンでぽちっと買い、心待ちにしていたレシピ本が届き。今年も残り2ヶ月。心地よい気合が入る11月初日となり。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/570-2ab47817

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR