fc2ブログ

5月15日 fふらり麻布台へ、中南米レッスンに向けて、リサーチウォーキング




レッスンの合間に、7.8月メニューのアイデアを求めるべく、中南米リサーチへふらり麻布台方面へ。
まずは、五反田からのスタート。
中南米の食材マーケット「KYODAI MARKET 」へ。
以前からずっと足を運んでみたかったので、わくわくしながら。


IMG_2099.jpg


圧巻の品揃え。
まずは豆、豆、豆、なんとも種類豊富。
そして中南米といえば、雑穀などの乾物類。
キヌア1つみても、何種類もずらりずらり。
お菓子のコーナーも大充実。
大好きなアルファフォールも何種類も。


IMG_2101.jpg


IMG_2104.jpg


コーヒーやお茶ももちろん。
南米といえばのマテ茶。
実はそのままだとちょっと苦手なのだが、ハーブや柑橘とブレンドしたマテ茶があれこれ。
なるほど!

そして、魅惑の調味料タヒンもずらり。
気になるものあれこれを調達し。
デザートのコーナーに並んでいたペルーのプリンなども調達し。
と、ブラジルのプリン「プヂン」のレシピが掲載されたPOPなど。ありがたし!
と、予定よりもついついの長居に。


IMG_2111.jpg


DSC_2498.jpg


はりきってウォーキングしながら小一時間。
麻布台方面へ。
道にはほころび始めたあじさいや、すっかり色づいたあじさいも。
そしてすてきなお花屋さんにも,すっかりのあじさいの眺め。


IMG_2169.jpg


IMG_2112.jpg


IMG_2115.jpg


IMG_2112.jpg


麻布台ヒルズへ。
先日立ち寄ったときには時間が取れず、お目当てのお店のはしごのみ、だったので、リベンジ。
まずは、麻布台ヒルズマーケットへ。


IMG_2128.jpg


IMG_2120.jpg


どこをのぞいても、それはそれは品揃えが魅惑的過ぎて、まるで夢の中にいるような。
京都 八百一
国立店にはほぼ毎日お世話になっているのだが、いやはやディスプレイもすばらしく、そしてっ品揃えも別格。
普通のキャベツまでもどこかよそ行き風に見えるから不思議。


IMG_2123.jpg


こちらの野菜デリもショーケースも必見。
マッシュポテトはもちろん、彩鮮やかな、おいしそうな野菜ピュレに、心すくぐられる食材の取り合わせの、野菜のかき揚げが何種類も、などなど。


IMG_2122.jpg


IMG_2125.jpg


すてきに空間づくりされたイートインスペースがマーケット内のあちらこちらに合って、どれもこれも魅惑的。
イートインメニューがあまりにおいしそうで思わず見入っていたら。
ポップアップストアで出店していたのは、いつもすじあおのりをおいしく愛用させていただいている、「seavegetable」。
試食させていただいた青のりのバターが感動的においしくて。


IMG_2127.jpg


DSC_2500.jpg


家でもさっそく。
発酵バターに、ほぐしたすじおあおのりを加えて。


DSC_2555.jpg


DSC_2558.jpg


カットしたバゲットにふわっと塗れば、うっとりする風味の前菜のできあがり。
これはリピート間違いなし!


DSC_2560.jpg


夢中になっていたら、予約の時間に。
改めてマーケットには再来しよう。
ペルー料理「ALDO」。
オープンキッチンのカウンター席にて。
席に着いた瞬間から、食欲そそる香りが広がり。


IMG_2135.jpg


美食の国、ペルー。
先住民の食文化にヨーロッパ、アフリカ、アジアからの移民が持ち込んだ食文化が融合して生まれたのがペルー料理。
しょうゆはペルーでは日常的な調味料で、しょうゆを生かしたメニューもあれこれ。
今回はそんなペルーメニューもぜひy堪能してみたい、そんな想いから。

まずの前菜は、ペルーといえば、の、セビーチェ。
大ぶりにカットした真鯛に、とうもろこしに、紫玉ねぎがアクセント。
ライムの風味で爽やかな1皿。
そして続いても、ペルー定番、カウサレジェーナ。
世界一おいしいポテトサラダ、ともいわれる、ポテトの前菜。
しっとりとし、シンプルに味付されたマッシュポテトの間にはこちらも優しい味付けの鶏のひき肉。
トッピングされたハーブのソースと、そしてお皿に添えられたピメントソースが絶対的な演出役に。


IMG_2134.jpg


そして主菜。
オーダーしたのは、ロサ・サルタード。
牛肉を玉ねぎ、トマト、ポテトと炒め、醤油ベースの味付けをした、ペルーの国民的メニュー。
中華鍋をふるいながらの調理シーンもカウンター越し、じっくり拝見など。

と、オーダーしつつ、お隣の方のお皿から、あまりにもおいしそうな香り。
アヒ・デ・ガジーナ、チキンの黄唐辛子クリーム煮込み 。
無理を承知で相談させていただいたところ、カウンター越し、オーナーシェフのアルド氏から2種盛り合わせをOKいただき!


IMG_2139.jpg


IMG_2143.jpg


ピラミッド型の抜型で盛られたごはんに2種盛り合わせ。
ロサ・サルタードは、甘めのしょうゆでこっくりとした味わい、これは日本人好み、間違いなし!のおいしさ。
そしてアヒ・デ・ガジーナ、こちらも感動。
大ぶりに割いた、しっとりとした鶏むね肉にまとわる、心地よい辛みとマイルドに香るスパイスのクリームソース。
ほどよい辛みとクリームのコクのバランス。
トッピングにパルメザンチーズのコク。
どちらもぜひぜひ再現してみたいおいしさ。
シェフはもちろん、スタッフの方々の心温まる対応に、おいしさの相乗を感じるひととき。


IMG_2145.jpg


IMG_2146.jpg


後半はプリンリサーチへ。
新宿方面へ。
まずは、「Salut」。
プリンが有名なレストランカフェ。
定番の、サリューのプリンと、もう1つ、キュマンのプリンをテイクアウトして。


IMG_2154.jpg


IMG_2154.jpg


IMG_2155.jpg


そのまま新宿御苑沿いを歩きながら。
カフェ&バー「CONTAINER」。
ビルの3階にある、隠れ家風のお店。


IMG_2158.jpg


お目当ては、季節のフルーツを合わせたプヂン。
マンダリンプジン。
濃い目にお願いしたコーヒーと合わせて。


IMG_2161.jpg


IMG_2159.jpg


ブラジルプジン、ココアスポンジに練乳入りのプリンが乗ったもの。
スポンジ生地にふわりとにマーマレードの風味が絶妙。
そしてトッピングには緩めのホイップクリームと甘夏のコンポート。
爽やかな酸味が心地よく、飽きがまったく来ない魅惑。
そしてやわらかすぎず、ほどよいコシのあるプリン生地。
初めまして、のプヂンに、じんわりと感激。


IMG_2163.jpg


IMG_2166.jpg


帰宅後さっそく、子どもたちと一緒に、プリンでおやつ時間。


DSC_2502.jpg


DSC_2506.jpg


3種食べ比べ。
キョウダイマーケットの、ペルー風プリンは、ふわりとココナッツ香り、コクのあるプリン。
オーブンで蒸し焼きタイプ。
サリューの2種。
ブラジルプヂン風の、サリューのプリン。
しっとりとしたココア生地に、コクのある、そしてコシもあるプリン生地に、しっかりとビターなカラメル。
もう1つの、キュマンのプリン。
ほろ苦さもマイルドで、ほっとするおいしさ。
こちらはおそらくどちらも、蒸しプリンかと。
なるほど!、ありがたいヒントをかみしめて、プリンの優しさに包まれるおやつのじかん。
ふらり麻布台へ、中南米レッスンに向けて、リサーチウォーキング。


DSC_2515.jpg


DSC_2510.jpg
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/4761-7586f04a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR