雪日の前、春野菜のスイス料理



 明日は大雪予報。明日に控えてきた、大磯試作を急遽今日の2時半からのスケジュールに変更することに。大急ぎでシッターさんへの明日のキャンセルの連絡をし。
 ということで、早送りにことを進めなくては。が、そんな気持ちはありつつも。なによりも、どんなときにも心に余裕も持つこと、母業も同時進行の今のこんな想いや経験は、間違いなく、私にとっての修行なのだ!、もうそう思うしかない。買い出しを済ませ、柳田さん到着までに10品以上をほぼ仕上げ直前まで、そして1つ1つ納得できる状態で仕上げること。
 今月のテーマは、「春のスイス料理」。明日の雪景色を想いながら、菜の花、アスパラガス、スナックエンドウ、新じゃがに新玉ねぎなど、春色を感じる。
 おすすめメイン料理の1つ、「牛肉と春野菜のクリーム煮」。いわゆるストロガノフにも近いのだが。薄切りにした玉ねぎを炒め、小麦粉少々を加える。そこへ牛肉、マッシュルーム、春野菜、白ワインを加え、さっと炒める。そこへ本来は生クリーム、なのだが、ややコクが強い印象。なので、マイレシピでは生クリームと牛乳を半々。そしてそして、最後の仕上げに、かんきつを絞る。こちらも本来はレモンなのだが、今日は夏みかんを。クリーム煮はそのコクについつい、食べ進めるうちにちょっと飽きてくることも。そんなとき、この酸味が絶妙なのだ。風味と香りを生かすために、ここでは生クリーム、夏みかんを加える前まで。あとは、柳田さんへのレクチャー中の仕上げとすることに。この料理、牛肉はもちろん、鶏肉や豚肉、ひき肉でもおいしくできるので、日々の食卓にもおすすめ。普段使いには生クリームなし、牛乳だけでもよし。
 さて、柳田さんの到着、1階キッチンにて一気に仕上げる。出来上がり次第1品1品テーブルに並べ、レシピと照らし合わせながら、試食していただき。そして、最後にオーブンからは「スイスフルーツロール」、ラム酒とバターの極上の香り。一通り終えて、焼き立てを頬張ったときのえもいえぬおいしさ。
 2階ではあてはとゆふきが2人で遊んでくれていて。最近はすっかり2人遊びが上手になって。途中、調味料を取りに上がると、やけに静か。覗いてみれば、ソファですやすや眠るゆふきと絵本作りに夢中のあては。そのときそのときにちょうどよい家族パターンがあり、今はこの戦略が実はかなり有効なのかも。逆に思いつかなかったのが不思議なくらい。明日の雪予報での急遽変更、こんなことでもなければ、思いつかなかった。久しぶりに、「盲点」を感じた日。
 
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/476-c748515a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR