fc2ブログ

12月1日 今年のご当地雑煮が山形風、黄金色の金柑醤




11.12月レッスンも気づけば後半戦。
毎年恒例の、ご当地雑煮は、山形風雑煮。


DSC_8922.jpg


DSC_8946.jpg


山形風雑煮。
今回は、一番だしをひき方からじっくりとお伝えしつつ。
ひきたての一番だしを使って、吸い地を作り。

今回の山形風雑煮の特徴は、くるみペースト。
すりつぶしたくるみに塩と水を少々。
毎年恒例、焼き網にて、遠火の弱火でじっくり焼いた焼き餅の上にちょこんとのせて。
この、くるみペーストのおいしさ。

毎年、手を変え、品を変え、ご提案し続けている、ご当地雑煮。
改めて、和食で一番のごちそうといわれる、椀物の美学を感じる日々。


DSC_8955.jpg


DSC_8940.jpg


レッスン後の買い出し帰りに。
西日を浴びる、大学通りのいちょう並木があまりに美しくて、ついついの遠回りなど。


IMG_8032.jpg


IMG_8039.jpg


IMG_8041.jpg


まさに黄金色に輝く、紅葉したいちょうの木々。
思わず何度も声がこぼれるほど。
いつの間にか、すっかりの秋深まる眺め。
時間を見つけて、大学通りの歩道橋まで、紅葉を眺めに行きたいなあ、と。


IMG_8037.jpg


IMG_8033.jpg


IMG_8035.jpg


大学通りのベンチでちょっと一休みなど。
その間もはらりばらりと舞い散る落ち葉。
帰宅後、買い物かごの中に、すっかり色づいた、大きな大きないちょうの葉が1枚。


DSC_8980.jpg


こちらも黄金色のソース。
秋から冬に向かう季節。
あっ、金柑が並び始めるころ。
見かけるとついつい買い物かごへ。


DSC_8932.jpg


DSC_8934.jpg


DSC_8933.jpg


新年1.2月レッスンに向けて。
台湾でもこれからの季節にたくさん収穫される、きんかん。
リクエストいただいた台湾ソースの1つ、金柑醤。


DSC_8972.jpg


DSC_8974.jpg


今回は台湾レシピに基づいて作ってみたもの。
蒸した鶏肉に合わせることも多い、金柑醤。
アレンジ次第で、実に色々楽しめそうな、魅惑のソース!

本日は気まぐれに、ほたてと冬野菜と合わせて。
ほたてとかぶ、カリフラワーの台湾風カルパッチョ、とでもいうべく。


DSC_8981.jpg


仕上げにごま油をたらり。
金柑のコクのある甘みと、そして爽やかな香りを存分に堪能。
ソースといろいろな取り合わせの妄想が広がり。


DSC_8982.jpg


DSC_8984.jpg


ああああっという間に、12月スタート。
信じられず、信じたくない一心ながらも、暦は進み。
ここからは一気に年末に向かう季節。


DSC_8962.jpg


DSC_8966.jpg


先日リサーチした、漢方も取り入れた台湾茶をヒントにして。
今日の束の間のお茶じかんには、鉄観音茶をベースにブレンドして。
菊花茶になつめに、そしてシナモン。
お味は、淹れてみてからのお楽しみ。

湯を注いだ瞬間から、香りの相乗。
そしてさっそく1煎。
上々!
鉄観音ベースなので、安定感あるコクに、シナモンの香りがこっくり。
そこへ、なつめの甘みとコク、そして菊花のやわらかい香り。
これは楽しいお茶に。

合わせたのは、いただきものの、La vitaさんの焼き菓子と合わせて。
真っ白なスノーボールはお口に入れた瞬間にほろほろっ、ほろほろっ、優しい甘みが広がり。
真っ白なスノーボールに、シナモンの香り、クリスマスに向かう季節を感じる瞬間。


DSC_8969.jpg


DSC_8967.jpg
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/4683-0a01361e

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR