fc2ブログ

11月27日 掲載のおしらせ、おせちご案内のおしらせ、台湾カステラサンド




*おしらせ①*
自由に生きる“マチュア(成熟した、大人の)”世代が主役の雑誌『クウネル』。
その公式ウェブサイトクウネル・サロン、住まいと暮らしのリレー連載にて、インテリアやごはん、お気に入りの道具などをご紹介させていただきました。

改めて、以前からの自分の好みを再確認しつつ、少しずつの変化や、そしてさらに年を重ねていきつつ、の未来像もほんの少しもう少し妄想しつつ。
よろしければ、ちらりとご覧くださいませ!
1つ前、バトンを託し、ご紹介くださった、近所の、kb's bakeさんの記事も、彼女の優しさが満ち溢れていて、ぜひぜひご一読いただきたく。
そして、私からバトンを託した、バスク風チーズケーキの火付け役、チーズ研究家のかのうかおりさんの記事、今から私も楽しみ、楽しみ。


IMG_7106.jpg


IMG_7094.jpg


*おしらせ②*
2024年おせちご注文、さっそくたくさんのご注文をいただき、ありがとうございます!!!
毎年ながら、背筋がピンと伸びる感覚。
週末がばたばたしており、明日からご返信させていただきます。
しばしお待ちくださいませ。
もう少しごご注文承ることができそうです。ご検討の方など、お早めにお問い合わせいただけるとありがたいです。


2001e11L.jpg


週末レッスン。
重箱前菜盛り合わせの1品は、リクエストいただいた、パンデピス。
これがこれが、魅惑の1品。
パンデピス、または、パン・ド・エピス、つまり、スパイスのパン。


DSC_5507.jpg


パテやチーズなどをのせて前菜として楽しんだり、クリスマスの焼き菓子として、紅茶やコーヒーと合わせたり。
そんな万能選手ぶりも大いに魅力。

見た目はパウンドケーキ風な柄、レシピはなかなか個性的なお菓子。
調べれば、その起源は古く、10世紀ごろの中国の宋から、十字軍を通してヨーロッパに伝わったとされているとか。
そもそもは兵士のための保存食だったとのこと。
レシピからもその名残を感じるもの。
カロリーに見合った栄養が含まれ、体を温める香辛料も多用され。
そんな実用から生まれたバックグラウンドを感じながら、現代のおいしさのエッセンスも取り入れるべく。


DSC_5511.jpg


DSC_5453.jpg


DSC_5512.jpg


昔ながらの技法レシピなので、焼いたその日はカッチカチの仕上がりに。
ということで、レッスンでは焼き上がりを見ていただきつつ、お食事の際には、前回、または前々回に焼いたものを召し上がっていただく流れ。
生地の色合いとそしてスパイスの香り、そしてしっとりとした甘い生地とクリスマストッピングの相性。
改めて、すてきなリクエストに感謝、感謝!
みなさまに支えられている実感。


DSC_5186.jpg


休日のおべんとう。
娘がそれはそれは楽しみにしていたスイーツ工場見学などのバス遠足。


DSC_5516.jpg


たまにはピックもいいよね、と。
こちらも、おいしいおみやげを楽しみにしながら送り出し。

*とある日のおべんとう*
・高菜とツナの和えもの
・青のりの入った玉子焼き
・チキンソテー など

すっかり暗くなってからの帰宅。
スイーツ工場からのおみやげの1つは、いちじくのパウンドケーキ。上々。


DSC_5517.jpg


娘の送り出し、ほかの家族の朝食をテーブルに並べて。
今日は行けそう!、と鼻息をふんふんさせて。
近所の、Maikaさんで月に1日かな?、のモーニングカフェへ。
予報通り、「冬」を感じつる空気に包まれて向かうひとときもなんだか心地よく。


IMG_7976.jpg


IMG_7979.jpg


淹れたてのコーヒーにまずは心緩む瞬間。
ベーコンとチーズのマフィン。
こちらのマフィン・サレはあれこれの塩梅が極上。
ホロホロホロっとした食感に、優しい甘みとそして塩気。
もう1皿。ざっくざくの香ばしいグラノーラとヨーグルトに合わせた2種のりんご。
薄い薄いスライスのりんごとグラノーラとヨーグルトが口の中で相乗するおいしさ。
お店のお2人とおしゃべりしながら、束の間の朝じかんのありがたさ。


IMG_7977.jpg


IMG_7978.jpg


買い出しついでのお散歩帰りに、一息。
コーヒーチャイなるものが気になって。


IMG_7482.jpg


IMG_7478.jpg


さっそくベンチにて。
うわあ、思わずにんまり。
コーヒーのほろ苦いコクと、チャイのスパイスの風味がこんなに合うなんて、感動。
甘さもとっても控えめでほどよく、心も体も温まるコーヒーチャイ。
寒~い日にまた飲みに行こう。


IMG_7477.jpg


IMG_7487.jpg


久しぶりに焼いたのは、台湾カステラ。
湯煎で焼くので、焼きながら教室キッチンが保湿され、窓が白~くくもる眺めがなんだか久しぶりで。
昨年の発酵レッスンの時にも1度登場しているのだが、次回のレッスンに向けて、リクエストをいただき。
私自身も、先日いただいた春水堂の台湾茶アフタヌーンティーで、スイーツの1品に台湾カステラサンドがあり、久々に頬張って魅了されたばかりのタイミング。
という流れで。


DSC_5523.jpg


今日は気まぐれに茶葉を加えて、鉄観音茶風味の台湾カステラにしてみたのだが、大正解!
ふわあとコクのある香りが広がり、そしてこっくりと心地よいほろ苦み。
次回はもう少し茶葉の分量を増やしてみよう。
さっそくの台湾カステラサンドに。
包丁を入れる瞬間の、そして頬張る瞬間の、しゅわしゅわしゅわっ、の音がたまらなく。
ああ、久々のわがレシピの台湾カステラも、上々。
ということで、新年1.2月台湾茶アフタヌーンティーレッスンの、スイーツの1品に登場予定。


DSC_5530.jpg


DSC_5526.jpg


台湾カステラが焼けるのを待ちながら。
ここしばらくちびちび、ちびちび、隙間じかんに手を動かしているのは、切り紙。
以前は、台湾風に、赤のみで作っていたのだが、今回は白壁などにも合いそうな、淡いグレーカラーで。


DSC_5535.jpg


左右不対象もご愛敬、それも味、ということで。
以前作った赤い切り紙と並べても、落ち着いたいい眺め。
1つ出来上がると、またもう1つ。
ついついいつもの癖が。
もう少し作り足して、台湾茶アフタヌーンティーレッスンの演出役に。


DSC_5537.jpg


DSC_5534.jpg

スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/4681-49099ecc

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR