FC2ブログ

12月6日 シュトーレンのじかん、全日終了しました

DSC_1331.jpg


12月イベントレッスン「シュトーレンのじかん」が全レッスン終了しました。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!

初めてご参加の方、2度目、3度目とご参加の方などなど。
今回は、生地のフレーバーも選んでいただき、まさに一期一会のシュトーレンとなったのでは。


DSC_1190.jpg


今年の、ずらりと並ぶフィリングは全部で12種。
ナッツ類から、くるみに、カシューナッツ、そしてピスタチオ。
アーモンドスライスにひまわりの種、ココナッツファイン。
甘いフィリングが、ラムレーズン、クランベリーの即席ラム酒漬け、そして甘栗の即席ラム酒漬け。
オレンジピールに、チョコレート、ホワイトチョコレート。

この中から4種をセレクト。
毎年ながらずらりと並ぶフィリングを目の前にして、どれにしようかな、悩んでいるみなさんのお姿などなど。
全レッスンを通して、今年人気だったフィリングは、クランベリー、オレンジピール、甘栗、そしてピスタチオ。
切り口の色合いをイメージして、そして改めて、栗好きの方の多さをしみじみと。


さて、今回は、通年よりもご案内人数を少なくして、その分、ゆったりと楽しんでいただくスタイルに。
生地にもお好みでフレーバーを加えて。
ベーシック生地に、アールグレイー風味、抹茶風味、そしてココア風味。
全レッスンを通して、特に選ばれた方が多かったのは、アールグレイ風味、続いて、抹茶風味。
成型する前の、色とりどりの、ぽってりとしたシュトーレン生地の眺めは、なんともなんとも愛らしく、癒し系。


DSC_1303.jpg


そして、いざ成型。
まずはデモンストレーションでご覧いただき、さあ、みなさんで一斉に。
今年は窓際席も設けて、みなさん、ゆったりとしたスペースで作業していただくことができ。
おかげで私も、みなさんのもとをぐるりぐるりと回り、フォローはもちろん、みなさんの、それぞれ一期一会のシュトーレン生地をじっくり拝見させていただくことができ。
NGな組み合わせはなく、どれを組み合わせても、相乗のおいしさが生まれる、魅惑のシュトーレン。
今回、生地のバリエーションも合わせたら、その展開パターンは数知れず。


DSC_0498.jpg


DSC_1219.jpg


DSC_1278.jpg


DSC_1261.jpg


1本のシュトーレンに、100g、とたっぷりの、驚くほどにたっぷりのフィリング。
フィリングの詰め方のコツをお伝えしつつ、ご参加のみなさん全員のシュトーレンが無事に成型され、いざオーブンへ。


DSC_1310.jpg


ほどなく、オーブンからは、スパイスの香り。
おいしい、冬の香りに包まれながら、シュトーレンのご試食タイム。
通年は、大皿や重箱に数名分のシュトーレンを盛り合わせているのだが、今年はやはりおひとり様ずつ。
ということで、曲げわっぱにおひとり様ずつ。
これが、盛り付ける前の想像以上に、すてきで。
そしてご参加のみなさんにもご好評いただき。
こんなときだからこそ、できること、こんなときだからこそ、うまれてくるものもある、と。


DSC_1211.jpg


シュトーレン2種食べ比べスタイルに。
ベーシックシュトーレンには、ベーシック生地に、定番の、ラムレーズン、オレンジピール、そしてくるみ、アーモンドスライス。
ココア風味のシュトーレンには、ココア生地に、クランベリー、ホワイトチョコレート、ピスタチオに、ココナッツファイン。
同じシュトーレン、ながらも、まったく違った表情と、そしてまったく違った味わい。

多くの方から、「今までに食べたシュトーレンの中で一番おいしい!」とか、「こちらのシュトーレンんをいただいてからは、これがベストワンです。」、などなど飛び上がるほどにうれしいお言葉を数々いただき、にんまり。
特にココア風味は、ココアも甘さも控えめで、生地にしっかりとスパイスが効いているので、甘ったるいココアのイメージではなく、実に大人っぽい印象。
ココアで全体にコクが増す、そんなイメージも、みなさんに想いが伝わって、うれしい限り。

シュトーレンを頬張りながら、シュトーレン話や、クリスマスにまつわるお話などなど。
こんなゆったりとしたクリスマスのひとときもなんともよいもの。


DSC_1206.jpg


と、ほどなく、シュトーレンが焼き上がり。
焼き上がりにさっそくバターを塗りこんで。
最後に粉糖、またはきび砂糖をかけて、シュトーレンのできあがり。


DSC_1312.jpg


DSC_1242.jpg


IMG_9077 (1) - コピー


袋に詰めて、お好きな毛糸を飾り、お好きなグリーンや実ものを飾り、できあがり!
窓際のかごの中には、シュトーレンがずらり。
うっとりするほどの、クリスマスの眺め。


DSC_1221.jpg


わたし自身も存分にクリスマス気分を満喫させていただいた数日間。
季節のお菓子を作ること。
材料を選ぶひととき、お菓子を作るひととき、そしてできあがったお菓子をラッピングするひととき。
そして最後に、お菓子と一緒においしいお茶じかん。

日々の料理は、また違う、お菓子を作るひとときの魅力を改めてしみじみ。
そして、シュトーレンの魅力も、改めてしみじみ、しみじみ。
フィリングを変えれば、また生地のフレーバーを変えれば、がらりと印象が変わり。
クリスマスのお菓子ながらも、クリスマスだけでは本当にもったいないくらい。
生地のフレーバーを変えて、フィリングを変えれば、1年中、季節を感じるシュトーレンを楽しんことができるはず。
わたしの、密かに熱い、シュトーレン愛。


DSC_1331.jpg


DSC_1327.jpg


ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!
クリスマスのすてきなひとときとなれば幸いです。
さあ、今度は、シュトーレン食べ比べセットの仕込みがスタート。
まだまだ教室キッチンには、シュトーレンのスパイスの香りは続く、続く。
動画レシピ付き、シュトレーン食べ比べセットご注文くださったみなさま、楽しみにお待ちくださいませ!


DSC_1340.jpg
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/4184-7e2f4bbf

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR