FC2ブログ

10月23日 キャンセルご案内と、白みそホワイトソースに魅力される日々




*キャンセルご案内*
11月5日木曜日レッスンに1名キャンセル出ました。
11月からスタートする、クリスマス&おせちレッスンです。
食後のクリスマススイーツは、シュトーレン風クグロフです。
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。


DSC_0253.jpg


今週は、白みその魅力をしみじみ感じる日々。
秋の発酵料理の旅レッスンでは、サーモンの白みそホワイトソースがけ。

一言でみそ、といっても種類も様々。
まずは味噌を大きく分類すると、米みそ、麦みそ、豆味噌、その3種または2種を調合した調合みそ、の4種に分類されます。
そして、現在生産されている8割が米みそ。
味で分類すると、甘みそ、甘口みそ、辛口味噌と、食塩の量によって区分されます。

それからできあがりの色で分類すると、赤みそ、淡色みそ、そして白みそ、と別れます。
これは、原料の種類(米か麦か豆か)によって、また大豆を煮るか蒸すかによって、また麹の量によって、それから発酵期間によって(短いと白い仕上がりで、長いと化学反応を起こし赤みを増す)など、さまざまな条件によって違ってきます。

白みそ、特にレッスンで使用している西京みそは、麹の量が多く、発酵期間が短く、甘みとマイルドなコクが特徴。


DSC_0303.jpg


ボウルに白みそと薄力粉を入れて混ぜ合わせ、牛乳とひとつまみの塩を加えて、電子レンジへ。
ほどなく、とってもクリーミーなホワイトソースが、実に手間いらずにできあがり。
それもバターいらず、かつ、だま知らず、まったく遜色ないコクと風味!
あまりに味が整っているので、ついつい何度もお伝えしたくなってしまうほど。


DSC_0292.jpg


DSC_0296.jpg


DSC_0294.jpg


今週のジュニアレッスンでもみんなで、白みそホワイトソースを囲んで。
最初は、「え~、みそが入るの~?」、そんな声も聞こえつつ、出来上がりに、「おいしそう~、いいにおい!」。
せっせとグラタンを詰める頃には、すっかりみその存在を忘れているはず。


DSC_0263.jpg


具材と白みそホワイトソースを混ぜて、お持ち帰り用のカップに詰めて。


DSC_0300.jpg


DSC_0304.jpg


最後にお好きなマスキングテープでハロウィン仕上げにして、できあがり!
ずらりと並ぶハロウィングラタン。

ジュニアレッスンのあと、残った白みそホワイトソースと具材で、我が家の夕ごはん用のグラタンも。
もちろん争奪戦、あっという間になくなり。
空っぽになったグラタン皿のふちについたカリカリをつまんでみると、なんとも香ばしい焼きみその風味。
こんな、最後のお楽しみも魅力の、白みそホワイトソース。
白みそホワイトソースにすっかり魅了される日々。


DSC_0259.jpg


DSC_0306.jpg


DSC_0309.jpg
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/4163-30a0a7d1

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR