FC2ブログ

7月3日 箱詰め撮影1日目

DSC_7792.jpg


箱詰め撮影1日目。
お世話になっている、中野の「モノ・モノ」さんで扱いのある、黒木クラフト工房の重箱。
以前開催した重箱ワークショップで使わせていただいて以来、私自身もすっかり愛用している、杉の重箱。
今回は、モノ・モノさんのオンラインショップにて重箱やお弁当箱、全アイテムが販売スタートする、ということで、その盛り付けイメージの撮影。


DSC_7793.jpg


撮影前日、仕込みのめどがちょうど立った頃合いに、たくさんの重箱たちが届き。
箱を開けた瞬間に、木の香りが一面に広がり、うっとり。
そして、まるでパズルのように、盛り付けイメージを膨らませ、膨らませ。


DSC_7798.jpg


仕込んだ料理の1つは、6.7.8月夏和食レッスンでも好評いただいている、松風。
レッスンでは普段使いにと、フライパンで蒸し焼きにして、三角型にカットしたものをみなさんと作っているが、今回は型に詰めて、オーブンで蒸し焼きに。
四角くカットすれば、まるで焼き菓子のような愛らしさ。
そして扇型にカットして串打ちすれば、おせちなどでも定番の、扇面松風に。


DSC_7785.jpg


DSC_7777.jpg


冷蔵庫には明日の出番も待ちわびる料理たちが勢ぞろい、ずらり、ずらり。


DSC_7786.jpg


DSC_7772.jpg


当日朝、キッチンからは、酢めしの香り、焼きものの香りが広がり、一気に美味しい活気が広がる感覚。
そして撮影スタート。
事前イメージをもとに、1つ1つの重箱に詰めていき。
重箱と合わせて今回詰めさせていただくのが、折箱。
こちらもうっとりするほどすてきな長方形の木箱。
和食屋さんで、折詰料理として、仕出しなどに使われることもある折箱。
今回、折箱にはちらしずしなどを詰めさせていただいたのだが、長方形だからこそ、の魅力をしみじみ。


DSC_7795.jpg

DSC_7824.jpg


DSC_7820.jpg


サイズ違いの重箱や折箱の撮影が一通り終わり、最後に重箱、折箱たち大集合。
ずっとずっと眺めていたくなるような光景。
そして改めて、箱の魅力をしみじみ、箱詰めあそびの魅力をしみじみ。
料理に寄り添うように、料理を包み込むように、そして料理が一層華やぐように、優しく支えてくれる存在。


DSC_7856.jpg


DSC_7852.jpg


DSC_7849.jpg


オンランショップでの公開は7月中旬くらい、とのことです。
追って、料理画像などと合わせて、ご紹介させていただきますね。


DSC_7835.jpg


こちらもまた眺めているだけで胸がきゅんとするかわいらしい干菓子。
3寸、約10㎝の小さな小さな重箱には、銀座菊廼舎の吹き寄せを詰めて。
箱の中に小さなものが詰まっている眺めにはなぜか本当に魅力されるもの。
箱の魅力、箱詰めの魅力を再認識する1日。


DSC_7871.jpg


DSC_7881.jpg


DSC_7878.jpg

スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/4113-1d690a10

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR