FC2ブログ

5月4日 ケサランパサランに、ビビンバにたけのこの天ぷら

DSC_6585.jpg


お菓子ご注文ありがとうございます!
5月8日金曜日からのお渡し分はご予約分でいっぱいになりましたので締め切らせていただいております。
次回は5月13日水曜日以降でのお渡しでご予約承らせていただきます。
季節のお菓子詰め合わせは2000円から承っております。(送料別)
お申し込み、お問い合わせなどは、ホームページ「お問い合わせ」にて、承っております。
束の間の、ほっとするひとときのお手伝いとなれば幸いです!

なかなか会いたい人に会えないながらも、お菓子を通して、人とのつながりのありがたさをしみじみと感じることができる日々に心から感謝して。
いただくありがたい言葉の数々はこれからの私の力となるはず。


DSC_6580.jpg


ついついチクチク、チクチク。
私好みの図案を見つけたら、たいへん、手が止まりません!
刺繍糸の色を変えて、同じ図案を。これは危険。


それから先日、お友達のSNSを拝見して。
綿毛好きの娘と、ケサランパサランを作ったり。
ふわふわして、なんとも癒され。


DSC_6523.jpg


DSC_6528.jpg


DSC_6524.jpg


そしてせっせとごはん作り。
外食もなかなかできず。おうちごはんに、ちょっと飽きた日には、デッキと玄関先にて、七輪バーベキューなど。
ただシンプルに焼くだけ、ながらも炭火焼きのおいしさはもちろん、ロケーションが変わるだけでみんなの気分も変わるもの。


DSC_6365.jpg


DSC_6351.jpg


DSC_6349.jpg


IMG_5778.jpg


とある日の夕ごはんは、わが家定番のビビンバ。
そぼろとナムルさえ作ってしまえば、あとはごはんにのせるだけで、またはのせて焼くだけでできたてのおいしさ。
ビビンバ大好きな長男、材料をさりげなく用意しておくと、まんまとキッチンに。
そぼろは、行平鍋と泡立て器がおすすめです。
石鍋がなくても、厚手の鍋やフライパン、ホットプレートでも熱々を楽しむことができます。


DSC_6488.jpg


<ビビンバ>
*材料*
肉そぼろ
 合いびき肉・・・200g
 しょうゆ、酒、砂糖・・各大さじ1
ナムル
 もやし
 にんじん
 赤ピーマン
 ほうれん草
 塩、ごま油、ごま
ごはん

コチュジャン
味噌

*作り方*
①肉そぼろを作る。鍋に材料をすべて入れ、木べらなどで軽く混ぜてから、中火にかける。泡立て器でたたくように混ぜて火を通し、取り出す。

DSC_6479.jpg


DSC_6483.jpg


DSC_6484.jpg


②ナムルを作る。もやし、千切りにしたにんじん、千切りにした赤ピーマンはそれぞれ耐熱容器に入れ、電子レンジ(600W)に2~3分ほどかけ、熱いうちに少々の塩とごま油、ごまを加え、混ぜる。ほうれん草はゆでてから食べやすい大きさに切り、同じように混ぜる。

DSC_6486.jpg


③石鍋や器にごはんを盛り、①と②を彩りよく並べる。中央にコチュジャンと味噌をのせる。
④石鍋の場合は火にかけ、おこげができるまであたためて、仕上げにお好みで卵を割り入れて、できあがり。


DSC_6510.jpg


DSC_6481.jpg


まさにたけのこの春。
またまたたくさんの、土付き、掘りたてのたけのこが到来!
この春は、我が家で一番大きな寸胴鍋も何度となくの大活躍となり。


DSC_6587.jpg


DSC_6589.jpg


せっせと、せっせとたけのこを楽しむ毎日。
今日は近くで摘んできたよもぎと一緒に天ぷらに。
春はほろ苦く、解毒作用のある山菜などを体が欲する時期。
ここまでたくさんのたけのこを食す春、きっと体中の毒が吐き出され、澄み切るはず。


DSC_6499.jpg


スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/4085-4ee77e80

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR