FC2ブログ

1月6日 やいづの冬休み、そしてガレット・デ・ロワに餅花作り

DSC_3933.jpg


年明けからは、やいづの実家におせちを持って。
毎年ながら、静岡はあたたかくて、時の流れがびっくりするほどにゆったりとして。
毎日目覚まし時計もかけずに、寝だめかと思うほどよく寝て、よく食べ、よく笑い、のんびり読書をして。

父のお墓参りに行ったり、焼津神社に初詣に行ったり。
ふと梅の花に花びらが色づき始め。


IMG_4128.jpg


IMG_4124.jpg


IMG_4129.jpg


帰省中には、中高時代のプチ同窓会も。
会った瞬間からあの頃に戻ってしまう感覚。
卒業以来に友人にあって、懐かしい記憶があれこれあれこれ蘇ったり。
余りの楽しさに新年からの飲みすぎ、なんてこともありつつ、それでもそんなときに無防備に帰ることのできる実家、という存在のありがたさ。


IMG_4119.jpg


IMG_4122.jpg


子どもたちと散歩しながら、すぐそばの河原へ。
私が子どもの頃からのお散歩コース。
そして今もその眺めは変わらず。
持ってきたパンをちぎって、まくと、カモメが1羽、2羽、気づけば10羽ほど。


IMG_4181.jpg


IMG_4182.jpg


IMG_4174.jpg



やいづでの、のんびり生活に根っこが生えかかりそうな頃に、そろそろのタイムリミット。
空っぽになった重箱には、母が毎年お正月に作ってくれるおでんを詰めてもらい、いざ国立へ。
やいづの冬休みも終了。
子どもたちがだんだん大きくなり、以前のように長い帰省、は難しくなったものの、帰る場所があるありがたさは年を重ねるごとにより一層。
そして帰るといつも、体の一部が緑茶になっているのではないか、というくらいによくお茶を飲み。
こちらも年を重ねるごとにおいしさをしみじみと感じるように。


DSC_3906.jpg


もう少しだけお正月気分を満喫する日々。
新年のオーブン初めは、今週からの1.2月レッスンに登場する新年のお菓子、カレット・デ・ロワ。
模様の書き方と仕上げにぬるジャムの分量確認も合わせて。
フランスではもともとは公現祭(1月6日)のお祝いで、新年には欠かせない焼き菓子。
ガレット・デ・ロワ、とっても難易度の高いお菓子に見えるのだが、パイシートを使えばぐんとぐんと手軽に。
フィリングのアーモンドクリームも、アーモンドプードル、砂糖、バター、卵、すべて同量を混ぜ合わせるだけ。
最後に包丁で模様を入れて、オーブンへ。
フェーブの代わりの、当たりのアーモンド、願いを込めて(というか、けんかにならないように)、今年も3粒に!
ちょこっと裏技もありつつ、無事子どもたちの口に運ばれ、なにより。


DSC_3948.jpg


今日はやけに威勢の良い焼き上がり、思わず今年の運気を願うような。
松を添えたら、案外しっくりと新年のまとまりに。
新年からのレッスンで大活躍の、王冠もずらり。


DSC_3942.jpg


DSC_3917.jpg

DSC_3943.jpg


ガレット・デ・ロワを焼いている間に今度は。
こちらもここ数年すっかり恒例となりつつ、の餅花作り。
細くカットした餅に少々の水を加えて、電子レンジに軽くかけ。
半分には食紅を加えれば、鮮やかなピンク色に。


DSC_3934.jpg


DSC_3938.jpg


餅がやわらかいうちに、金柳につけて。
ほどなく餅が乾けば、できあがり。
この時期の教室キッチンの風物詩となりつつ。
いつもの日々に戻しつつも、もう少しだけお正月気分を満喫したい、そんな頃。


DSC_3933.jpg


DSC_3920.jpg


DSC_3928.jpg
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/4032-bd2b343b

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR