小豆の皮がはじけるとき



 1階の教室、狭いスペースながらも、ついついものが増え、片づけたいものあれこれ。今日はその中の1つ、格子戸の入り口を入って正面、小さな食器棚上に、無駄にスペースを占領してしまっていた果実酒の整理など。梅酒など、気づけば何年ものか、などなど。お出しできそうなもの、そうでないものの分別、という名目のもと、少々お味見など。なんだか楽しくなってきたぞ。年数の経ったブルーベリー酒、こっくりと豊潤で。スペースがだいぶすっきりし、入口からの眺めもだいぶ変わるはず。こうやって、6月までに少しずつ片づけをしていこう。
 片づけをしつつ、今日は小豆を炊く。お天気の悪い日には、しばし家に篭る心積もりと一緒に、なんとなくこんなキッチン仕事が合うような。今日の豆はだいぶ旧豆だったので、火にかけて皮がはじけてくるまでに相当時間がかかった。時計を見ていなかったが、たぶん1時間弱ぐらい。新豆なら20分くらいでやわらかくなることもある小豆。小豆の炊き時間、一概に何分、とは決していえない。他の食材も然り。その日その時の食材。ふと、こんな話を数日前でどこかでしたような記憶。4月、なんとなくばたばたとざわざわとしがちなところ、こんな風にふとじっくりと鍋の中の小豆を見ていると、すっと元に戻るような、やけに落ち着くような。
 この4月、子どもたちの入学や新しい習い事の送迎、などなど、まだまだペース作りの日々。特にあてはだけでなく、ゆふきの習い事も加わってきたので、なんだかばたばたと。ようやく今日でスイミング体験レッスン4回目のゆふき。やっぱり予想通り、レッスン始まる直前まで、「やらない~!」と。結局は4回とも、ぎりぎりのぎりぎりで、「やる。」と言い、大急ぎで着替え、送り込むのだが。そんなやりとりにどこか我が身を消耗してしまう自分がいて。たぶん、数年前のあてはの時にも同じようなやりとりがあったはず。が、そのときにはあては1人、あてはだけに集中できた、というか。そして、私も数歳若かった。プールへ送り込んだ後、久々めげそうになる。が、水の中でパシャパシャ楽しそうな姿、そしてゴーグルがおかしな位置にかけられ、目がつぶれているあまりにもぶさいくな表情、そんなこんなを眺めていると、そんな気持ちが流れていくような。きっと、次回も同じような気持ちになるのだろう。継続は力なり、我が子だけでなく、私への訓なのかも。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/398-d1f7df3b

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR