初夏のちらしずしに柏餅



 端午の節句。あてはが生まれてからというもの、毎年この日に柏餅を作っている。スイミング特訓へ向かう我が子たちを見送り、拍子抜けするほどに静かなキッチンにて。
 1年に1度の柏餅作り。さすがに毎年の反省点の数々を経験し、その反省点についてはクリアするようになったものの。皮については、今のところ、上新粉のみのシンプルなレシピに落ち着き。蒸したもちに昨日炊いたあずきを包み、柏の葉でくるみ、もう1度蒸し器へ。火を止め、余熱を取りながら、しばしそのまま。さて、今日の夜のお祝いに向けて、かつおなどの調達へ。
 結論。成型はもう一歩ながら、生地の具合、小豆の具合はほどよかったのでは。夜、一緒に食べてくれたお友達たちにも喜んでいただけたようで一安心。が、やっぱりの、今年の反省点、たぶん、蒸し器に入れておく時間が長かったせいか、もちが柏の葉にくっつき、はがしにくかったこと。やぶけてしまったものもあり。来年の私へのメッセージとして。
 さて、端午の節句準備の合間、今日は足を運びたかった場所へ。レットエムインさんのギャラリー「room103」での、イベント「すみや週末食堂」へ。丁寧なお仕事をされている方という噂はかねがね、かねがね。ようやくいただくチャンスに巡り合い。ランチプレート、しみじみとおいしくいただいたのがいなりずし。優しい味付けながら、きゅきゅっと味が詰まっている、というか。どの料理をいただいても、味がピンとしていて。野菜の下処理をきちんとされているのがよくわかる。そして、友人たちとシェアしていただいたのが、レバーペースト。ふわあとクリーミーなペースト、さりげなく添えられたからしマヨネーズとの相性、そしてレッドペッパーが絶妙なアクセント。最後に、丁寧に淹れられた国立ロースターさんのコーヒーをいただきながら、思わず友人と話し込むことしばし。いつもいつも顔を合わせているのだが、そして、今夜も我が家で再び一緒にテーブルを囲むことになっているのだが、ここしばらくはなかなか落ち着いて話をすることができず。帰り道、すみやさんのきちんとしたお料理と彼女からのたくさんの励ましのおかげで、なんとも澄んだ心持ちとなり。
 さて、節句のお祝いに向けて、せっせと仕込み。いい感じに背筋が伸び。昨日いただいたばかりの山菜を使って。山うどのささっときんぴら、そしてこごみをさっとゆがき、カレーパウダー少々添えたマヨネーズと一緒に。そして、この時期はなんといっても、のかつお。まずはカルパッチョに。そして、メインは「初夏のちらしずし」。「ちらしずし」というと、なんとなく「春」のイメージが強いかもしれないが、とんでもない!それぞれに季節を堪能することのできる料理。今日は、もちろん、かつおメインで。薬味には。みょうが、新しょうが、そして大葉、万能ねぎなど。
 夜は、お友達ファミリーと節句のお祝いのテーブルを囲み。食後は、彼女作フルーツふんだんのゼリーはあっという間に子どもたちがペロリ。そして、柏餅とこいのぼりクッキーをみんなで頬張り。いつもよりだいぶ遅い時間にしょうぶ湯へ。改めて、我が子たちの健やかな成長を心から願って。そして健やかな成長を目の当たりにできる日々に心から感謝して。
 
 
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/388-ded6d6b5

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR