FC2ブログ

5月2日 続けられるおべんとう、手早く、おいしく、おべんとうだからこそのちょっとしたコツ






続けられるおべんとう」が、ようやくAmazonに再入荷しました。
おべんとう生活のちょっとした励みとなりますように。

たとえば、から揚げをするときにしょうゆ、酒、みりんの下味の前に塩を少々。
塩は食材の中にスーッと入っていくので、漬け時間がぐんと短くなり、また時間が経っても味付けがぼんやりとせず。
おかずの下味や仕上げに、少々のカレー粉。
こちらも時間が経つとどこかぼんやりしがちなお弁当のぐっとくるアクセント。

手早く、そしてなによりおいしく作る、おべんとうだからこそのちょっとしたコツ。
おべんとう作り、そして日々の料理のお手伝いとなれば幸いです。



72-73 - コピー



5月が始まり。
5月25.26日の「初夏のおべんとうレッスン&2日間のマルシェ」に向けて、準備を少しずつ。
マルシェご参加の方々と打ち合わせをしたり、それから、そうそう、マルシェに並ぶかごも無事届き。
マルシェご参加の方々については、追ってご紹介させていただきますね。



DSC_5243.jpg


DSC_5186.jpg


1つ1つていねいに作られたものをいただく日。
まずは、目白から以前ゼルコバがあった場所に移転した「かいじゅう屋」へ。
カラフルサンドイッチを買いに。
ラインナップは4種類。
それぞれに、地場の野菜がふんだんに使われていて、そしてネーミング通り、フィリングの野菜が本当にカラフル。
長ねぎたっぷりの鶏むね肉の中華風バーガーは、しっとりとした鶏むね肉と、小松菜とケールのナムル、それからカラフルにんじんのラぺがサンド。
ひと口頬張ると、サラダとバーガーを一緒に頬張っている楽しい感覚。

農園野菜とサバのドライカレーホットサンドには、ヤーコン、にんじん、長ねぎそしてさばの入ったドライカレー。
ヤーコンのシャキシャキとした食感。

それもこれも、野菜がふんだんに使われていて、そして野菜使いのおもしろさ。
作る方が、あれこれ思案される姿が思わず目に浮かぶような。


IMG_0800.jpg


IMG_0794.jpg


IMG_0799.jpg


DSC_5294.jpg



そして、念願の、「BORTON」さんのグラスデザートをいただきに。
5月は柑橘のグラスデザート。
まずはその愛らしさを眺め。
そしていただきます!

食べ切るのに大きいかな、と思っていたのだが、まさに杞憂。
全体的に甘さが優しく、軽やか、そして小さなお楽しみがたくさん詰まっているので、あれこれ混ぜたり、食感を楽しみながら、いつの間にまグラスは空っぽに。
柑橘とカシスの相性のよさ。
サブレだったり、チュイールだったり、食感の楽しさがなんとも。
ジャスミン茶やアールグレイ紅茶などの、茶葉の香り使い。
そして印象的だったのが、酸味のアクセント。
1つのグラスの中に小さな世界が閉じ込められていて。
箱詰め、に近いものを感じつつ、の余韻のひととき。

作り手と対話しているような感覚になるものをいただく日。



IMG_0802.jpg


IMG_0806.jpg


IMG_0807.jpg


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3750-98afc584

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR