FC2ブログ

12月29日 おせち仕事4日目 おせちの準備が無事整いました




おせち仕込み4日目。

仕込み最終日。
まずは、「ケーク・サレ」を焼く。
優しい塩味の効いた、お食事用のパウンドケーキ。
大きなボウルに1回にパウンド型4台分の生地を混ぜながら。
ベースに生地に、フィリングのチーズ、ベーコン、ドライトマト、イタリアンパセリを入れた瞬間、午前中の明るい光の中、その色合いがなんとも美しくて。
型に流して、トッピングにたっぷりのコーングリッツと中央部分にはブラックペッパー。
中央のみにかけるので、切り分けた時に、ブラックペッパーがかかっているところとまったくかかっていないところがあるように。
お子様やお好みでのお取り分けを意識して。
オーブンからケーク・サレを焼ける香りが広がり。


DSC_3636.jpg

DSC_3664.jpg


さて、続いては、「海老と帆立のマヨネーズ炒め」。
前日にせっせと下処理をした海老たち。
片栗粉をまぶして洗い、立て塩で洗い、水気をしっかりとり、さらに酒洗い。
海老の下処理には念を入れて。
楊枝をさして、くるりと丸め、蒸し焼きに。
海老が一気に赤く色づく瞬間。
そして余熱が少し落ち着いたところで、楊枝を抜き。
いつもはついつい他の作業に追われて、海老がすっかり冷めてから楊枝を抜いていたのだが、まだ冷め切る前の方が身がほんの少しふわりとしていて、圧倒的に楊枝が抜きやすく、作業効率も上々。
おせち仕事を始めて、早20年弱、ながらも、まだまだこんな気づきがあるもの、あるもの。

でき上ったマヨネーズ炒めは一気に扇風機で冷まし。
昨年から登場した扇風機。
登場、というか、12月のシュトーレンレッスン、12月キッズ&ジュニアレッスンの時に一気に冷やすのに使っていて、あえて置きっぱなしにしておき。
こちらもすっかりのおせち戦線武器となり。


DSC_3639.jpg


そしてお渡しのおせち、最後の一品、「炒めなます」。
大根、京にんじん、赤大根をせっせと拍子木切りし。
フライパンに何回かに分けて、まずは拍子木切りの野菜にさっと火を入れ、そこへ同じくらいの大きさにした油揚げとしいたけを加え、さっと火を通し、最後に酢、砂糖、酒を加え、味をととのえ。
仕上げにごま油を回し。
酸味と甘みが整い、ごま油の風味で、とっても食べやすい「炒めなます」。
できあがったら味がなじむように、大きなバットに広げ、時々転地しながら。
余熱が落ち着いたところで、三つ葉を加え、ごまを回し。

今回は丁寧な仕事はもちろん、今まで以上に効率を意識して仕事を進めてきたところ。
今年はなんだか余裕をもっておせち仕事が進んだ実感!、なんて自負していたところ。
最後の最後、「炒めなます」でどうやら気が抜けたよう。
すっかり冷めたところで、味を確認したところ、あれ?、ぼんやりぼんやり。
いつもよりきりっと仕上げたい、そんな想いが裏返り、調味料を加えた時の火加減が強かったようで、酢などの調味料を野菜に絡む前に一気に飛ばしてしまった感。
再度、火入れをし、調味料でととのえて。

まだまだだなあ、毎年のおせちのたびに実感すること。
いつかなんの杞憂もなく、心穏やかにおせち仕事を終える年が来ることを願って。
それでも、年を重ねるごとに、見えることが増えてくること、感じられることが増えてくること、1年前の自分からの小さな小さな成長を感じることができること。


DSC_3671.jpg

DSC_3641.jpg


そして最後に、家族用の、「ナッツごまめ」。
すっかりの定番。
それまでのご注文おせちは、キッチンの一番大きな鍋、一番大きなボウル、一番大きな泡立て器を使って、仕込んでいたので、2家族分のナッツごまめの分量があまりにかわいらしく感じられて。
1つ1つのごまめの様子、ナッツの様子、そんなものを見ながら、感じながら作るって、ある意味、贅沢なのかも。
そして、少量を作ることと、大量を作ることの違いをしみじみ、しみじみ。
ゆっくりとごまめやナッツを乾煎りし。最後に調味料とからめるところは一気に。

ひとまずは全品の仕込みが終了。
昨日は、テリーヌや松風など色合いの落ち着いた料理が多かったのに対し、仕込み最終日のテーブルはなんとも彩り鮮やかで。
さて、ここからは無事できあがったおせちをせっせとパック詰めや袋詰めに。
せっせと、せっせと、ひたすらせっせと。
毎年パック詰め作業をする頃にはすっかり暗くなり、そして夜までその作業は続いていたのだが、今年はまだ明るいうちに作業を終えることができ、見事に追われる感なく、心穏やかなキッチン時間を過ごすことでき。


DSC_3648.jpg

DSC_3652.jpg

DSC_3650.jpg

DSC_3666.jpg


無事おせちの準備がととのいました。
30日、31日お渡しのみなさま、心よりお待ちしております。
発送のみなさま、30日発送、31日午前着の予定です。
毎年のことですが、運送屋さんに念を押されます。
1年で最も繁忙期、午前着で発送をお願いしていますが、到着が遅れる可能性があります。
(例年、予定通り、もしくは昼過ぎ到着と、みなさまからがご連絡いただいています。)

どうかおせち仕事が、無事最後まで事運びますように。
そして、みなさまの新年のテーブルのお手伝いとなりますように、願いを込めて。

*おせち日記*
ケーク・サレ、海老と帆立のマヨネーズ炒め、炒めなます、ナッツごまめ
おせちのパック詰め、袋詰め


DSC_3672.jpg

スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3689-62fae13c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR