10月6日 秋野菜のスープカレーと私の砥石ご紹介




今週はレッスン、打ち合わせが続き、いつも以上にあっという間の1週間。
レッスンでみなさんに、「同じレシピでもレッスンによって仕上がりや味が違ったりしますか?」、という質問をときどきいただくのだが。
違ったり、します、します!
特に煮込みものやスープものは毎回少しずつ違っていて。
今回のレッスンでは、「スープカレー」。
毎日口にしていると、その違いも実ははっきりしていて。
もちろんみなさんにご満足いただけるように、おいしいところには必ず達するレシピにしている(はず!)なのだが、たとえば玉ねぎの炒め具合、鶏のスープの濃厚さ、調味料の匙加減、そして火加減とそれから作る方のキャラクターなどなど。
いろいろな要素が相まって、その日その時の一皿に。


DSC_2596.jpg



「秋野菜のスープカレー」。
リクエストいただいたのは、北海道「奥芝商店」のスープカレー。
もちろん北海道までなかなか食べに行くことはできないところ、うれしいことに八王子に支店があり、さっそく足を運んでみたり。
チキンスープベースに海老のだしがしっかりと効いた、コクのあるスープカレー。
そんなテイストをイメージして。
カレーに大切な「炒め玉ねぎ」。
今回は手軽にフードプロセッサーでみじん切りにした玉ねぎを使って、まずは時短。
炒め玉ねぎ、フライパンにつきっきりでじっくりじっくり炒めれば確実においしさにつながる、のだが、なかなか普段の日々、玉ねぎだけに10分も15分もつきっきりにはなれず。
ということで、玉ねぎ全体にオリーブ油をうまくなじませて。
フードプロセッサーでみじん切りにすると、包丁でのみじん切りよりもどうしても若干水分が出てくるもの。
が、この水分が実はありがたく。
オリーブ油と水分が玉ねぎにうまくなじむので、ふたをして弱火にすれば急に焦げ付くことなく、蒸し焼き、風に玉ねぎを炒めることができ。
他の作業をしながら、時々フライパンをゆすりながらいつの間にか炒め玉ねぎのできあがり!

カレーパウダーや薄力粉を入れ、トマトジュースやスープを加え、仕上げに生クリームとちょっと秘策の1つ、2つ。
思いのほか手間いらずで、あれ?、ちょっと驚くようなコクのあるスープカレーに仕上がり。
今回のレッスン、復習はカルボナーラかスープカレー、どちらにしようかな、そんな方が多いご様子。


DSC_2600.jpg


DSC_2623.jpg



さて、レッスンで初めて参加される方がみなさん驚かれるのが、包丁の切れ味。
そう、包丁研ぎは私の趣味ですから。
以前は、何度か包丁研ぎレッスンを開催し、みなさんにせっせと包丁を研いでいただきながら、包丁研ぎをお伝えしたり。
またどこかで開催したいなあ、と思いつつ。
先日のレッスンで、砥石についてご質問があったので、私に使用している砥石をご紹介。
ずっと愛用し、今の砥石で2代目、「シャプトン社の中仕上げ砥 2000番」。
砥石は、粒子の大きさで荒砥、中砥、仕上げ砥、と分けれているのだが、こちらはその中砥と仕上げ砥の両面砥石。
中砥で研いで、最後に仕上げ砥をかけると、キラキラの美しさに。
それからこちらはすべりどめ付きのケース付きで、このケースが砥石台になるのが魅力。

もちろんこちらのものでなくても、やはり中砥あたりがおすすめ。
それから台がないととても汚れやすいので、砥石台付きがおすすめです。

根津の懐石料理のお店で働いていた頃に、先生から研ぎ方をみっちり教えていただき。
当時はなかなかうまく研げず、先生が研がれた刺身包丁が店内の照明の真下で、本当にキラキラと美しかったこと。
今でも包丁を研ぎ終わるときにふとその記憶がよみがえることが多く。

包丁研ぎ、なかなか文字ではお伝えしづらいことが多いので、ご不明ある方はお声がけくださいね。
その際には熱く語らせていただきます!


DSC_3867[1]


DSC_3291[1]
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3650-71340998

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR