ワッフル・サレ、焼き立てをそのまま



 明日の包丁研ぎ教室に向けて、キッチン準備をしつつ、明日のサブレを焼きつつ。特に湿気の多いこの時期、焼き上がりの余熱がとれたら、なるべく早くタッパーなど詰め、乾燥材を入れすぐ蓋を。できれば、ほんのもう少ししてから、1度詰めたサブレをもう1度並べ直し、出発間際ぎりぎりに、と心していたものの、ああ、見事に忘れ、帰宅後、慌ててタッパーへ。我ながら、呆れることの多い日々。
 ゆふきの体操教室後、木陰でお昼ごはん。あまりに心地よい風が吹き、いつになく落ち着いておしゃべりができ。日なたの日差しとは裏腹に木陰はなんとも爽やかで、過ごしやすく、ついつい腰を上げるのに時間がかかってしまうほど。
 昨日に引き続き、レシピ書きと追い込み試作をせっせと、せっせと。ベルギーのお菓子と言えば、の1つ、「ワッフル」。今日はスイーツ、というよりも、軽食や前菜イメージで、「ワッフル・サレ」。以前の教室レシピを眺めつつ、通常のワッフルより甘さを半分以下に抑え、塩を少々。この時期のイースト発酵の速さには改めて驚かされる。ほどなく、生地がいい具合に発酵され。小さく丸めた生地を、ワッフルメーカーに、斜めに2つずつ置き、片面1分ずつくらいで焼き上がる。サレ、とはいっても、味をととのえるべく、ほんのりの甘さ、そしてバターの風味があるので、そのままでももちろん手が止まらなくなりそうなおいしさ!焼き立て、ばんざい。来週のレシピでは、このワッフル・サレに小海老のタルタルを合わせる、など。そんな前菜使い、そのまま軽食やおやつ使いはもちろん、メープルシロップなどを添えて、しっかりスイーツとしても。
 庭のブラックベリーの葉っぱを添えて。目ざるの穴の影が葉っぱに透けて、なんとも初夏らしい印象。梅雨の合間の貴重な晴れ間。明日から6月。
 
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/363-ccc0842c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR