薬味野菜のテリーヌ 10度の違い



 午前中はあてはの学校公開へ。1時間目の国語の教室。2時間目の体育の授業の備えて、体操着姿の子どもたち。と、なんだか変、あてはの体操着がうらおもて。終わり際、お友達ママが声をかけてくれて。さて、2時間目。校庭での体育の授業。鉄棒前に並ぶ子どもたち。と、なんだか変、あてはの体操着がまえうしろ逆。もう、お任せで。日々、こんな感じなのだろう。
 20分休み時間、お友達とつるんで、校庭のあっちへ走り、こっちでなにやら。すっかり、すっかり小学校生活になじんだ姿を垣間見ることができてなにより。
 さて、気づけば、教室再開まであとちょうど1週間。きゃっ、大丈夫?なんだかいろいろなことが正直手つかずの感。なにはともあれ、1番の優先事はレシピをきちんと仕上げること、そして教室でおいしい料理をみなさんと作ること。あとは、以前、「アグレアブルミュゼ」のオーナーさんもおっしゃっていたように、いつの日かの完成に向けて、再開しながら、少しずつ、マイペースに手を入れていくことができたら、と開き直り、いい意味で。
 ということで、レシピ仕上げに向けて。今日は、「薬味野菜のテリーヌ」を焼く。リクエストが一番多かった一品、「テリーヌ」。以前、教室でも何度か作ったことがあるのだが、テリーヌの課題は、その焼き時間と冷まし時間。教室中に焼き上げ、余熱をとり、スライスし、おいしく口へ運ぶ段取り。通常、焼き時間だけで45分~1時間。それをなるべく早く冷ます。今日は、焼き時間短縮を狙って、いつもより10度、オーブン温度を上げてみる。結論。この「10度」の違いは大きく。そして、温度は上げるべきではない。テリーヌの、湯煎での蒸し焼き、ならではの優しい火入り、そして色味、そしてなによりのおいしさを求めて。冷ましも重要で、本来は半日ほど置かないと、生地が落ち着かない。なので、教室では、半分はその場でいただき、もう半分はもう少々冷まし、落ち着かせ、保冷剤と一緒にお持ち帰り、そんなイメージ中。それぞれの違いも実感していただきたいので。
 夕方、世界のかごカゴアミドリ」へ。今月から土曜日だけでなく、週3日のショップ営業になった、とのことでさっそく。入荷待ちだった、手頃なモロッコかご、作りのいいものがちょこんと並んでいたので、思わず即決。上2人、それぞれの習い事中、母はリフレッシュするのだ。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/357-f9a8a49d

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR