FC2ブログ

12月27日 おせち仕込み2日目 彩りなますにピスタチオテリーヌ




*お知らせ*
リクルートが発信する情報サイトマガジン「ポンパレモール、やってます」にて、重箱についてご紹介させていただきました。


もうすぐのお正月を前に、カジュアルな重箱使いのご提案です。
今月のレッスンでも登場したスタッフドバゲットやなますのアレンジ、彩りラぺ、そして彩り鮮やかな手まりずしなど。
どちらもおせちの一品としておすすめはかり。
よろしければちらっとご覧くださいませ。

DSC_8628.jpg

DSC_8604.jpg


彩りラぺと同じ野菜を使って。
おせち仕込み2日目。
定番の、「彩りなます」。

なますといえば、の大根、京にんじんに加えて、赤大根、きゅうり、そしてりんごなど。
今年は特になますの注文を多くいただいたので、ひたすたの千切り、千切り、千切り。
さすがに一休み、二休みなど。
それでも、ボウルに放たれた彩り鮮やかな千切りに野菜たち。
仕上げには、いくらの醤油づけとゆずをあしらって。
買い出しの時の買い物かごの中でも、野菜たちの彩りの鮮やかさには、毎年ながらはっとするもの。

DSC_9232.jpg

DSC_9242.jpg

それからオーブンでは、「ピスタチオのテリーヌ」。
豚ひき肉と鶏ひき肉ベースの生地に、色鮮やかなピスタチオがふんだんに。
我がテリーヌの原点ともいうべく。

こちらも以前は手がすっかりの筋肉痛になるまで、せっせと大きなボウルで手混ぜしていたのだが、ここ数年はすっかりのフードプロセッサー頼み。
効率のよさはもちろん、うまく回せば、生地にいい具合に空気が抱き込まれ、水分が中に閉じ込められやすくなり、しっとり感が増す印象。
ただかけすぎは要注意。
ひき肉がペースト状になりすぎてしまうので、かなり手加減しながら。
ピスタチオについても、昨年までは殻つきをせっせと割っていたのだが、さすがに間に合わず、今回からはむきみを使用。
ピスタチオを割るひとときも、おせち仕込みの始まりとしては悪くはないのだが、時間短縮とそれからあまりに大量のピスタチオの殻割りをすると、ピスタチオの殻の堅さで指先に支障が出るので。
効率と丁寧さとのバランスを自分なりに吟味ながら。

本日の仕込みにめどが立った頃、最後の買い出しへ。
ついでにお花屋さんで、飾り葉なども調達し。
街も一気に年末の雰囲気に。

*おせち日記*
彩りなます、ピスタチオのテリーヌ、黒豆の火入れ、明日のテリーヌ下準備
伝票書き(こういう作業はなんともしんどいもの)など


DSC_9239.jpg

DSC_9236.jpg



スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3497-ef6a3792

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR