FC2ブログ

10月9日 魅惑の焼きプリンタルトとハロウィンレッスンに向けて。



平日レッスンそして週末レッスンが続き。

今回みなさんからご好評いただいている一品が、食後のスイーツ、「焼きプリンタルト」。
だいぶ以前からリクエストいただいていたスイーツで、とある○○屋キッチンで売られているものをイメージしつつ。

伸ばして型を詰めたパイ生地の上に、カラメルソースをひき、そしてコクのあるプリン生地を流し、オーブンへ。
レッスンではそれぞれの下準備までしておき、食後のデザートタイムに合わせて、オーブンで焼き、焼き立ての熱々を楽しんでいただくスタイルに。
口に頬張ると、「熱っ!」、と思わず声が出つつも、まずはパイ生地のサクサク感、そしてかなりビターなカラメルソースがとろりと、そしてコクのあるプリン生地がふわっと口の中に広がり。
それぞれが口の中で1つになって、なんとも豊潤なおいしさに。
一見、エッグタルトにも似ているのだが、ほろ苦いカラメルソースがなんともいえず、全体のまとめ役に。

カラメルソース。
なんとなく苦手意識のある方も多いのでは。
が、コツをつかめば実にシンプルに、そして大人っぽいビターなカラメルソースができあがり。

厚手の小鍋にまずは砂糖だけを入れ、火にかけ。
ほどなく砂糖が溶けだして、思わず鍋を火から外したくなるのだが、ここは勇気を出して。
レッスンでは毎回、やはり気になる方が多いので、カラメルソースを作るタイミングではご参加の皆さんがコンロの周りに大集合。
時には、動画を撮りつつ、ナレーションをいれつつ、など。
しっかり溶けた砂糖が今度は沸々、細かい泡となって湧きあがり。
ここでも勇気を出して、もう一息。
泡の色がだいぶ濃くなったところで水を加え。

かなりビターで水分の少ないカラメルソースなので、型に流して、ほどなく、指をあててもしっかりとした固さにまで固まり。
その上に、プリン生地が流れ、オーブンで再び温められ、口に運ばれるときには、トロリ。
ふわりとしたプリン生地とサクサクのパイ生地に絶妙にまとわり。
上々なスイーツ。

熱々はもちろん、冷やすと今度はプリン生地がしっとり落ち着いて、より一層コクのある仕上がりに。
実は個人的には冷やした焼きプリンタルトの方が好みだったり。
復習される際には、ぜひ半分は熱々を、残りは冷やして、などがおすすめ。
とはいえ、あまりのおいしさに一気に熱々を食べきってしまう、もちろんそれもあり。

DSC_7878.jpg

DSC_8301.jpg

さて、今週からのキッズ&ジュニアレッスンに向けて。
10月はみんなでハロウィンクッキー作り。
分量確認と娘にお手伝いしてもらい、作業シュミレーション。
9人近い子どもたちが一斉に作業するので、子どもたちがより作業しやすい方法を模索しながら。
そうそう、大急ぎで教室キッチンにもハロウィン飾りをしなくては。
Treak or Treat!!!

DSC_8329.jpg

PA098585.jpg

スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3457-68097478

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR