FC2ブログ

9月6日 残暑には「カチュンバル」、そしてハーブのスワッグ

DSC_7920.jpg

吉祥寺へ。
秋に向けての買い出しなどを済ませ、待ち合わせのイタリアン「リストランテイマイ」へ。

久しぶりにうかがったのだが、改めて、心あるサービスの心地よさ、そしてその中でいただくと、おいしさががさらに広がる実感。
印象的だったのは、「アカモクとさざえの手打ちパスタ」。
アカモクという海藻の風味の良さ。
磯の香りふんだんなアカモクが、食べごたえのある手打ちパスタと絶妙にバランスをとっていて、そしてアカモクの優しいぬめりもまたほどよく。

私のお話がいったいお役に立てたのかどうかはわからないけれど、こんな私のお話で何か励みになることがあれば、と。
ふと10年以上前の自分の姿に少し重ねてみたり。

買い出しでの調達品の1つ。
ハロウィンかぼちゃとおばけのクッキー型の買い足しなど。
吉祥寺の町もあちらこちらがすっかりのハロウィンモード。

IMG_6376.jpg

IMG_6377.jpg

    DSC_7914.jpg


さて、今日も「夏の名残のインド料理」。
そういえば、保育園のお迎え時、今日は34度だったとか、そんな話もちらほら聞こえ。
まだまだありがたいことか、インド料理にもぴったりの暑い日々。

レッスン最後には、毎回みなさんでレシピを一通り見直しする時間を作っているのだが。
「バターチキンカレーと一緒に、どれか一品作るとしたら、どれがいいですか?」、
とびっきりの笑顔で、キュートなご質問など。

とすると、のおすすめは、やはり前菜の「夏野菜のカチュンバル」。
カチュンバル、酸味の効いた前菜のことで、今回は、ミニトマト、なす、とうもろこし、アボカドなどを塩とレモンとEXVオリーブ油でさっと和える、まだまだ暑すぎる残暑にも実にぴったりな一品。
インド料理らしさの演出で、みじん切りにした香菜もそうなのだが、さりげなく、なくてはならない存在がしょうが。
みじん切りにしたしょうがが主張しすぎずとも、実に爽やかな取りまとめ役となり。

DSC_7923.jpg


それからみなさん驚かれるのが、なす。
皮をピーラーでむいたなすを小さくカットして、生で和えて。
こちらも他の具材と一緒になると主張はしすぎないものの、さりげない演出役。
なすだけを口にすると、なんというかなしのような、フルーツの雰囲気を感じるおもしろさ。

今回のバターチキンカレーはもちろん、コクのあるお料理と合わせると、爽やかなお口直しになる「カチュンバル」。
これからの秋本番、きのこなど秋野菜を加えて、レモンの代わりに、秋ならではのすだちやかぼすをきゅきゅっと、もおすすめ。

今日のレッスン、テーブルにはそれはそれはすてきなハーブのブーケ。
ゼラニウムにミントにレモングラス、ティーツリーにバジルなどなど。
すてきなハーブブーケをプレゼントしていただいて。
花器に移し替えるだけで、ハーブの香りがいっぱいに広がり。
帰り際には、ブーケを組み直してくださって、麻ひもをさささっとかけていただいて、今度はつるして楽しむスワッグに。
美しいプロフェッショナルなお姿。
レッスン後さっそく壁にかけて、思わず何度も眺めつつ。

DSC_7935.jpg

DSC_7928.jpg
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3441-10ccb91f

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR