FC2ブログ

6月10日 梅干し、今年もジップロック漬けと、搾菜クリームチーズ



梅がすっかり追熟したので、今年も梅干し漬け。
毎年恒例の、お手軽ジップロック漬け。

一晩水につけた梅のヘタを外し、ジップロックに詰め、我が家は大抵15%の塩を加え、以上。
あとは、バットに、ジップロックに入った梅を、上の画像のように重ね、その上から重石をして。
その日のうちに、梅酢が上がり始めてきて、2,3日もずれば、梅もすっかりしっとりといい感じに。

ポイントといえば、ジップロックを2重にすること。
口をしっかり閉じても、どうしても梅酢が出てきてしまうことが。
なので、しっかり閉じつつ、2重にして。
それから、特に漬け始めは、気まぐれに、重ねたジップロックを天地してみながら、全体に同じくらいにプレスされるように、多少調整しつつ。
梅酢が全体にしっかり上がれば、もう安心。

P6087980.jpg

P6087981.jpg

「初夏のチャイニーズ」、平日レッスン。
チャイニーズ、というと、なんとなく全体的にしょうゆ味だったり、甘辛い味だったり、になりがち。
ということで、前菜盛り合わせでは、ピータンに搾菜、それからスパイスの五香粉など、これぞチャイニーズ、といった食材を使いながらも、クリームチーズやマヨネーズ、アボカドなどを合わせて、アレンジした盛り合わせに。

その中の1つ、「搾菜クリームチーズ」。
その名の通り、搾菜とクリームチーズを混ぜるだけ。
搾菜、お好きな方は、瓶詰めやパック詰めにされたものを手にすることが多いのでは。
もともとは、搾菜1株分が塩漬けにされているもの。
そのままではしょっぱくて、とても食べられるものではなく。
なので、薄くスライスして15分以上水につけて、塩抜きをする。
塩抜きしたものをみじん切りにして、クリームチーズに混ぜて、以上。
今回は、クラッカーにディップして。

搾菜と言われずに頬張ると、ピクルスかしら、と思うような、ちょっと爽やかな酸味酸味と搾菜ならではのコリコリ感。
前菜盛り合わせの1品として。

DSC_7082.jpg

DSC_7205.jpg

今日は、娘の保育園の保育参観へ。
昨年までは、まだ小さいので、教室の窓からこっそりのぞきながら、子どもの様子を眺めるスタイルなのだが、
3歳児さんからは一緒に過ごすことができ。
園庭遊びをし、ホールで鉄棒や巧技台を使って、思いっきり体を動かし。
「お昼寝前にちゃんとバイバイできるなら、おひるごはんも一緒に食べられるんだけどなあ。」、の言葉に一応納得し。

子どもたちのテーブルに一緒に交じって、おしゃべりしながら。
いただきます、の瞬間から一気に教室が静かになり。
一同に、示し合わせたかのように、まずはパンを頬張り。
一生懸命に食べている姿は本当に愛らしくて。

夕方、先生からの報告では、お昼寝直後、布団の中でしくしく、しくしく。
そのあと、トイレに行き、大泣きだった、とか。

日々のばたばたに追われつつも、こういう想い出は心に留めておかなくては。
と思いつつ、忘れるので、ここに備忘録として。

先日のパレスホテル、アフタヌーンティーの余韻。
いつものスコーン生地に、ココナッツファインをトッピングして。

DSC_7213.jpg
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3400-9b722d39

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR