6月4日 豆花には緑豆をのせて、そして革と帆布のバッグ作り



平日レッスンの風景。
食後のデザートは、「豆花」。
「豆花」、または「豆腐花」、トウファとは、豆乳を使った、台湾、香港の伝統的スイーツ。
生地に砂糖を使わず、つるん、ぷるんとしたなめらかな食感が魅力的な、ヘルシースイーツ。
だいぶ以前には、青山の「糖朝」の木桶入り、できたて豆花にすっかりはまり、時々足を運んでいたもの。

いたってシンプルなレシピ。
豆乳にゼラチンを加え、固めるだけ。
お店によっては、にがりなどを使うこともあるのだが、今回はより、つるん、ぷるんの食感を求めて。
生地自体には甘みをつけずに、トッピングで甘さを調整するのも魅力。

今回は、アジアンスイーツ定番の緑豆を煮て、緑豆あんを作り、そこにすいかと、松の実、くこの実、そして最後に黒蜜をたっぷりかけて。
優しい甘さと、とにかくなめらかな口当たりが癖になるおいしさ。
生地自体に甘さがないので、デザートだけでなく、しょうゆをたらり、冷たい前菜としてもぴったり。

ここしばらくは、ゼラチンやそれから寒天を使う機会が多く、その違いと、そしてそれぞれの魅力をしみじみ。
どちらも今では、パウダー状の粉ゼラチン、粉寒天が売られているので、実に扱いやすく。

そもそもの違いは、ゼラチンは動物性、動物の髄などから抽出したもの、そして寒天は天草やおごのり、とい海藻から作られた植物性のもの。
食感については、ゼラチンはやわらかく、口どけがよく、弾力と粘りがあり、寒天は弾力はなく、ほろっと崩れる性質があり。
扱い方としては、ゼラチンは60度くらい(手を入れていられるくらいの温度)ぐらいにあたたあればよく、熱くしずぎると固まらないことも。
寒天は、逆にしっかりと一度沸くぐらいまであたためるのがポイント。
固まり方については、常温でも固まる寒天に対して、ゼラチンは低い温度で固まるので冷やすことが大切。

今まではゼラチン派一辺倒だったのだが、ここしばらくは寒天の魅力にもかなり魅惑されつつ。

DSC_7088.jpg

レッスンを終え、お渡し分のお料理を詰めて。
定番のナッツ松風、ずらり。

DSC_7131.jpg

DSC_7132.jpg

楽しみにしていた、くらしのどうぐの店 musubiさんでのワークショップへ。
開催中、「モリサキ靴工房展」の、革と帆布で作るバッグのワークショップ。
事前に選んだ色の革を目の前に、糸の色選び、そんなちょっとしたひとときがなんとも楽しいもの。

コツをうかがいながら、さっそく作業に取り掛かり。
今週の仕事を終え、すっかり金曜日の夕方モード、かつ、一緒にご参加されていた方々もお顔見知り、ということで。
完全に気が緩んでいた私。
持ち手の付け位置を間違える、というミスなど。

ひゃーと叫びつつ、さすがです、そこからのフォロー術のアドバイスなど。
ひとまずは、刺繍風に同色の糸を通し、無事の完成にほっと。
我がレッスンでも同じ。
何かしらのミスにも、そこからのフォローや、手立てが必ずあるもの。
そして、そこから感じたり、学んだりすることがたくさん。
だからみなさん、失敗があっても大丈夫です!、そんなお話をまさに当日のレッスン中にもお伝えしたばかりだった記憶。
わが身をもって、その心を体感する、そんな貴重なひとときでもあり。
さあ、出来上がったバッグには何を入れようかな。

IMG_5885.jpg


DSC_7152.jpg

DSC_7158.jpg

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3397-c70d78fa

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR