FC2ブログ

米粉入り給食パン



 ゆふきのお友達ミチコちゃんのショートステイ。2人が時に取り合いなどしながらも、基本、仲よく遊んでいる様子を見つつ。
 先日の、小学校給食試食会でいただいた、「米粉入りパン」がとても興味深かったので焼いてみることに。いただいたレシピには、「上新粉」と書かれているのだが、実は上新粉=米粉。正確には米粉の中の1つ。本来、「米粉」とは「米」から作った粉の総称なので、うるち米を乾燥させて粉にした「上新粉」、もち米を水挽きして、乾燥させた「白玉粉」、もち米を乾燥させて粉にした「もち粉」、上新粉ともち粉をブレンドした「だんご粉」あたりが、一般的なもの。が、通常、いわゆる「米粉」として販売されているものはうるち米を粉にした「上新粉」。
 なので、今日は「製菓用米粉」を生地に練り込んで。強力粉150gに米粉100g、かなりの割合の米粉が入る。そこに卵、水、少々の砂糖と塩、そしてドライイーストを加え。予想以上に扱いやすい、そして通常の強力粉のみの生地に近い弾力。一次発酵もいつものパン生地のような過程。今日は、山食型にしよう、と成型し、型に置き、ほんの少し二次発酵。そしてオーブンへ。想像以上に生地が膨らみ、かなり型から大きく盛り上がり。盛り上がりすぎて、型から外すときに山部分だけがまずは外れしまう、など。写真は、なんとか山部分をのせ、澄ました表情をさせているが、実はそんなこと。
 焼き上がり、なかなか魅力的なパン。冷めても生地がぱさつきにくいし、米粉の優しい風味、そしてなによりも、同じ量で明らかに違う腹持ちのよさ。しいて言えば、小学校でいただいた時には、もう少し焼きを抑え、よりしっとりもっちりとした食感が魅力的だった印象。レシピを見れば、特にいわゆる二次発酵はせず、たくさんのトッピングをのせるので、火の入り方も優しく、よりしっとり、もっちりの仕上がりになるのだろう。米粉入り給食パン、また改めて、作ってみなくては。
 夕方の買い物。しゅんかしゅんかにて、この夏に採れたて、夏のはちみつが入荷。クローバーに夏野菜など。お店の方のコメント通り、春の優しい味わいとはまったく違った、コクといい意味でのクセがなんともいえず。身近な食材のまだまだ知らない一面をのぞく日。
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/338-358c9f72

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR