FC2ブログ

3月8日 ふわふわの手まりずしずらり

DSC_6386.jpg


箱詰めもてなしレシピ」、3月10日発売に向けて。

書店さんでのディスプレイになにかいいものは、と思う浮かんだのが羊毛フェルト。
さっそく、いつも仲よくしていただいていて、ハンドメイド教室を主宰されている「atelier★lunaluna」さんにご相談させていただき。
さっそく、すてきな試作をしてくださり、昨日、ご一緒にちくちく、ちくちく。
小ぶりな枡重に羊毛フェルトのふわふわ手まりずしがずらり!
イメージ以上に愛らしいものができ上がり、ありがたい限り。
ちなみにネタは、まぐろのづけ手まりずし、鯛の昆布締め手まりずし 木の芽のせ、薬味といくら手まりずし、アスパラ手まりずし、そして優しいピンク色は桜塩手まりずし。

彼女のさすがの腕前のもと、2時間ほどでほぼ仕上がり。
実は羊毛フェルトは初めてのちくちくだったのが、イメージ次第でスマートな仕上がりにも、ふんわりの仕上がりにも融通がきくおもしろさを実感。イメージしながら、ちくちく、ちくちく、途中でそのイメージが変わっていったり、そんな過程も楽しくて。
手仕事のおもしろさ。

ということで、でき上がった羊毛フェルトのちらしずし。
書店さんで、さりげない演出家のお役目を果たせますように。

DSC_6388.jpg

DSC_6391.jpg

さて、今日は、大磯のカフェ「APICCRIOUS」への大磯出張試作。

今月のテーマは、「春のアジア料理」、とかなりざっくりと。
春の和食あり、チャイニーズあり、アジアンあり。
春は野菜の力を特に感じる季節。ということで、春野菜をふんだんに。

P3087495.jpg

P3087496.jpg

特にチャイニーズ系は印象的なレシピあれこれ。
まずは、「春野菜の春雨炒め」、料理名「木の登るあり」!
春雨を木に見立て、そこにひき肉がからまる様子をあり、と見立てるとは。そのネーミングはおいしそうか、と問うと、???、なのだが、印象的、ということで。
あっ、これ、とってもおいしいのでご安心を。
しょうがと豆板醤を炒めたところに、春野菜とひき肉をさっと炒め、水で戻した春雨、水、しょうゆ、砂糖を加え、さっと炒めにすれば、そのまま頬張ってももちろん、白いごはんにもぴったりの一皿に。
それから、春野菜のピーナッツバター炒め、こちらもこっくりとしたおいしさが魅力的。

それにしても、暑さを感じるくらいに暖かかった今日。
とはいえ、明日からはまた寒くなるとの予報はまさに三寒四温。

春の到来までをゆっくりと楽しみながら。

DSC_6392.jpg
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3352-e7265330

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR