FC2ブログ

2月4日 恵方巻きと 「バレンタインのじかん」に向けて



月をまたいでの、1月キッズ&ジュニアレッスン最終日。
みんなで野菜の型抜きをして、みんなで目の前で膨らんでいくお餅を焼いて。
お椀には、やわらかめにゆでた菜の花も添えて。

さて、2月は子どもたちと、バレンタイントリュフ作り!
せっせと丸める姿を妄想中。

DSC_6012.jpg

DSC_6014.jpg


DSC_6023.jpg

さて、昨日は節分。
教室がを終わってから、大急ぎで恵方巻き作り。
子どもたちの食べる分が増えてきたので、大人向けの大葉やねぎ、アボカド入りの本数が一気に減り、薬味は別添え、口に一緒に運ぶスタイルになりつつ。

さあ、そろそろ豆まきでも、と私が鬼のお面をつけると。
本気で豆を投げつける上2人。
そして、私とわかっていても、怖くなり、途中からは、「もうやめようよ~!」と泣き出す娘。
そして、床中に散乱した豆と落花生の殻。
恵方巻きを作りながら、そしてその後も、お皿を眺めながら、何か忘れてるような、という気がしてたのだが。
今朝になって、いくらをのせ忘れたことに気づき。誰もなにも言わなかったので、よし、とすることに。

DSC_6044.jpg

DSC_6036.jpg

さて、明日から始まる、2月のイベントレッスン「バレンタインのじかん」に向けて。

今年は、「フォンダンショコラ」。
オーブンに入れて、まずは焼き上がりの熱々を召し上がっていただきつつ、もう1つはお持ち帰り用にラッピングをし。
熱々のフォンダンショコラ、そのまま召し上がっていただいてももちろん美味なのだが、今回はたくさんのトッピングをずらり。
さんざん迷って、あれこれ試しながら、楽しんでいただけたら、と。

準備の後半はひたすらの計量。
チョコレートを計量し、バターを計量し、砂糖にココア。
小さなグラスに入れたり、ラップにふわりと包んだり。
そんな作業をしていたら、ふと、某クッキングスタジオのインストラクター時代を想い出し。
もっともっとたくさ~んの食材やら調味料やらを1つ1つラップに包みながら、計量していた記憶。

ラッピングに使う毛糸やマスキングテープなども用意して。

明日明後日ご参加のみなさま、心よりお待ちしております。
ご本人がお風邪を召されてしまった、とか、お子様がようやくお風邪が治った、とか、そんなご連絡もちらほら。
まさに明日は我が身。この時期は毎年、本当に毎日毎日、冷や冷やと、「乗り切る」という言葉があまりにぴったりの、なんとも辛き時期。
どうか、みなさま、ご無理のないように。何かありましたら、ご遠慮なくお伝えくださいませ。

DSC_6061.jpg

DSC_6066.jpg

DSC_6069.jpg


スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3336-c8b6cd42

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR