FC2ブログ

1月31日 2月に向けて、フォンダンショコラにバレンタイントリュフ



さて、あっという間に1月が終わり。
2月、といえば、の1つ。まずは節分。
そして、バレンタイン、などなど。

今週に控えた、2月のイベントレッスン「バレンタインのじかん」に向けて。
最終の試作やパッケージものなどの準備、それから器の買い足しなど。
今回は、みなさんで「フォンダンショコラ」を作って、まず1つは出来たての熱々に、お好みのトッピングをあれこれのせながら楽しんでいただき、もう1つは、バレンタインプレゼント風にラッピングしてのお持ち帰り、そんなイメージ。

出来たての熱々、スプーンを入れれば、中はとろり!
そこへ、あれこれトッピングをのせながら頬張れば、1つのフォンダンショコラでもそれぞれにまったく違う印象に。
改めて、チョコレートとは本当にさまざまなもとの相性がよく、その包容力には驚かされるほど。
そして、当日、みなさんが次はどれをのせてみようか、あれこれうれしそうに悩まれる姿を想像しながら。

DSC_5958.jpg

バレンタインに向けて、もう1つ。
2月のキッズおやつ教室&ジュニアおりょうり教室も、やはりチョコレートモードで。

今年は、子どもたちでも簡単にできる「トリュフ」にしてみようかと。
いわゆる生チョコレート、ではなく、中に砕いたビスケットやナッツにドライフルーツ、そしてチョコレートを加え、丸くまとめたもの。
子どもならではの、ちょっと不格好なかたちがこれまたトリュフならではの愛らしさとなるので、なんとももってこい、なのでは。

さっそく、下2人での試作など。
1人にブラックチョコレート、1人にホワイトチョコレートで試作してもらったのだが、もれなくそれぞれの口の周りが、黒と白に。まだでき上がっていない段階で。
このトリュフ、とっても手軽な材料ながら、冷蔵庫で冷やしておくと、大人も満足できる、なかなかリッチなおいしさに。

DSC_5973.jpg

P1317376.jpg

長男が今年度参加した市主催の科学教室。
閉校式で1人ずつ発表するレポートのことを、親子共々すっかり忘れていて、大慌てでの作成となり。
テーマは、「植物の香り」。
大慌て、冷蔵庫の中にあるものを引っぱり出して、の実験ながらも、私自身、おもしろい気づきあれこれ。
当日の朝、出発前に発表の練習をさせてみたものの、ぼぞぼぞ、ぼぞぼそ。
帰宅後の一言、「上出来だった!」、はどの程度のものだったのだろう。

キッチンの風景を久~しぶりに更新しました。2014年7月キッズ&ジュニアから2014年11.12月のクリスマス&おせちまで。


DSC_5941.jpg

DSC_5951.jpg
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3334-d8d90ce9

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR