12月4日 重箱の盛り付け方



昨日は、楽しみにしていた、ものづくり教室「みずたま」のクリスマスリース教室へ。
昨年はだいぶ大ぶりなリースを作ったので、今年は、やや小ぶりなサイズを作ることに。
目の前のテーブルにずらりと並ぶ材料に思いっきり目移りしつつ、ああでもない、こうでもない、とイメージを妄想し。
そして、そこからはもう夢中。
最初のイメージはもちつつも、その場の直感で重ねていく、一期一会の感覚がなんとも。
ほどなく、クリスマスリースができ上がり。大満足。

大急ぎで帰宅して、さあ打ち合わせ。
来春に向けて。一通り書き上げたレシピなどを、みっちり添削していただき。
いやあ、本当に勉強になることだらけで。
もう10年以上、自分なりのレシピの書き方をそのまま続けてきたのだが、もちろんその積み重ねたものがあるからこそ、の今なのだが、改めて、的確に伝えること、明確に伝えること、そしてそのための言葉の数々。
それから、今のレシピトレンドなどなど。
「火の通り具合の目安はありますか?」、「どのくらいまで混ぜますか?」、私の言葉を、その場でそのニュアンスがきちんと残るように、的確な表現に書き重ねてくださるプロフェッショナルなお仕事には思わず、脱帽。
すっかり支えていただきながら、少しずつ前に進んでいることを実感できるありがたさ。

DSC_5264.jpg

さて、今日の平日レッスン。
11・12月のレッスンではほぼ毎回登場する「重箱」。
棚に積まれた重箱から、お好きなものを選んでいただき。
今回は、前菜3品盛り合わせ。
重箱、というと、いわゆるおせち料理のように、びっちりと並べて、きちんと詰めなくてはいけない、そんな先入意識をお持ちの方も多いはず。「ちょっと難しそう。」、と憧れはありつつも、敬遠してしまうところも。
今回のレッスンでの盛り付けもそうなのだが、重箱の魅力は、なんといっても、びっちり詰めても美しく、余白がたくさんあっても美しい、ということ。
特に、小皿や小物を使うと、とってもまとまりやすく。

DSC_5241.jpg


おせち前菜3品。
1つは、「花大根 甘酢漬け」。花型などに型抜きした大根を甘酢に漬けたもの。今回は、パイレックスの小さな耐熱ガラスに盛り付けて。
1つは、「さばのリエット」。さばの水煮にクリームチーズを混ぜたもの。こちらは、お猪口にリエットを詰めて、クラッカーをのせて。
そして、もう1品は、「彩りだし巻き玉子」。彩りよい具材をたっぷり入れて焼いた、だしたっぷりのだし巻き玉子。食べやすい大きさに切り分け、小皿に盛って。

重箱盛り付けの手順としては。
まずは、料理を見つつ、中に入れる器などを決める。わざわざ新たに調達しなくても、案外お家にあるものが活躍することも多いはず。お猪口は本当に使いやすく、重箱使いにはおすすめアイテム。
しょうゆ皿や豆皿、耐熱ガラスやお椀などの蓋、煮沸した貝の蓋などなど。
それから、使い捨てのプラスチック容器やプリンカップ。お菓子についていた型や容器なども活躍したり。
あとは、全品を器に盛る必要はまったくないので、何品かはそのまま盛る、もよし。下に紙一枚、葉っぱ一枚ひくだけでも、印象が変わる。

器が決まったら、それぞれに料理を詰めて、盛り付ける。
そして、あれば、飾りの葉などを添えると、重箱の中が一気に整う印象。まるで絵を描くような。

ちょうど今の時期、思い切って、重箱を購入してみようかなあ、と思う方もいらっしゃるはず。
重箱は、こんな風に盛り付ければ、お正月だけでなく、家族のイベントや、ちょっとしたおもてなしなどにもとっても重宝する存在で、なんともたやすくテーブルが華やかになる演出家。
今は、クラシカルな塗りの重箱から、カジュアルなシーンにもぴったりな白木の重箱、さらにカジュアルに、そして軽さも魅力的なモダンデザインのプラスチック製など、いろいろな重箱があり。
使ってみたいなあ、と思う方には、ぜひぜひ背中をポンっと、おすすめしたいところ。

と、重箱について、語り出すとついつい止まらなくなってしまうので、この辺りで。
昨日作ったリースは、さっそく、レッスンでのデザートタイムのテーブルセンターへ。

DSC_5272.jpg

DSC_5274.jpg
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3303-374380b6

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR