FC2ブログ

10月15日 撮影1日目



来春に向けて。
撮影1日目。

1人仕事が多い日々、こうやって、ご一緒にお仕事をさせていただく価値や魅力をしみじみと感じる時間となり。
その場で仕上がった料理にプロの目線でリアクションしていただくのはもちろん、その料理が、すてきなテーブルスタイリングで演出されていき、そしてさらに自分では到底撮れないような(当たり前だが!)、すばらしい写真の1枚となり。
なんというか、私のいつもの料理が、目の前で、ほどなく昇華されていくような。まるで魔法のよう。

撮影中、日々の心持ちを保ちつつも、本当に有意義で、楽しくて。と、まだまだ先は続くので、最後の方はこんなのんきなことは言っていられなくなるかもしれないのだけれど。

DSC_4815.jpg


ふとしたところに、勉強になること、刺激になることも本当にたくさんあって。
特にクロスの使い方。クロスのある、なし、はもちろん、色つかいのおもしろさ。ちょっとした色づかいの違いで、まったく違う印象に。
それから明るさについて。料理写真は、明るいのがなにより、明るさが必須、の通り一遍等に思ってきたが。料理や器によっては、ちょっと暗めのテーブルシーンが、実にすてきで。ぐぐぐっと、雰囲気も出てきて、なんとも落ち着いた印象。が、これは、私のカメラ技術では難しいのだけれど。料理に合わせながらの、ちょっと暗めのテーブルシーンには、その場にいるような余韻が残るような。
料理を目の前に、まずはどんなテーブルシーンにするのか、イメージしてから、それからのセッティング。この辺りは、料理にも同じことが言えて。同じ材料、同じレシピでも、どんな風に仕上げたいかをイメージすると、切り方から、火の加減から、器から、まったく違うものに仕上がっていくもの。もちろん、作業を進めながら、その場その場でのインスピレーションでアレンジしていく、両方のアプローチで、より相乗していくのだろう。

DSC_4843.jpg

テーブルに使う添えの器や小物についても、私があれやこれや迷っていたところ。教室の水屋から、あれ?こんなのあったかしら?、すっかり存在を忘れていた、小さな小皿をさっと見つけてくださって、またそれが実にテーブルシーンにいい雰囲気で落ち着き。
ということで、プロフェッショナルなお仕事を目の当たりにさせていただきながら、のありがたい時間となり。
ひとまずは、撮影1日目が無事終了して、心からほっと。
ご案内はもう少し先にさせていたきますね。

DSC_4812.jpg

DSC_4836.jpg
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3279-18b13c6e

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR