7月13日 オリーブオイルテイスティング講習と沖縄風炊き込みごはんジューシー



昨日は週末レッスン。
一気なる真夏の暑さに対抗すべく、「夏の沖縄料理」。日々の食卓にもぴったりの一品、「お手軽ジューシー 薬味の香り」。ジューシーは、沖縄風炊き込みごはん。炊き込みごはん、というと通常、水分にはだしを使う。が、今回はお手軽、ということで、だしいらず!食材からのだしの力で十分にコクのある仕上がりに。食材は、ツナ缶、ちくわ、そして干ししいたけ。干ししいたけは、戻し汁は使わずにしいたけだけを加え、ふわあと優しく香る程度に。

炊き込みごはん、炊き上がりはいいのだが、余熱がとれたり、特に冷めると、ぼろりぼろりとしがち。特に具材とごはんがうまくまとまらず、食べづらいことも。それをうまくまとめるのにおすすめなのが、うるち米(通常の白米)に少々のもち米を加えること。おこわ風になるのではなく、ごはん全体がうまくまとまる、そんな印象。うるち米:もち米は5:1~4:1ほど。炊飯器にお米と具材、そして塩、香りづけに少々のしょうゆを加えて、炊飯。ほどなく炊飯器からはコクのある香りが広がり。

沖縄では、ヨモギを入れて炊いたり、仕上げに薬味を混ぜることも多い。今回は、夏らしく、大葉、みょうが、万能ねぎを細かくしたものを盛り付けたジューシーの上に天盛りに。ジューシーのコクと薬味の爽やかさのコントラストが、なんとも心地よく口の中でまとまる、そんな一品。

DSC_4038.jpg

DSC_4037.jpg

今日は、楽しみにしていた、「オリーブオイルテイスティング講座」へ。カフェ・トピナンプールにて。
オー・リーブ・ジャパン株式会社代表の工藤さんからのオリーブオイルに関するお話は本当に有意義で、興味深く。
歴史や製造過程など一通りのレクチャーを受けた後は、テーブルに並ぶ5種類のEXVオリーブ油のテイスティング。小さなカップに注がれるそれぞれのオリーブオイル、まずはそれぞれの香りを楽しむ。そして口に含み。おもしろいほどにそれぞれにそれぞれの魅力。青リンゴのような香りや、刈ったばかりの青い草のような香り。特に印象的だったのは、いちごのような香りを楽しみ、口へ運ぶと今度はアーモンドのような風味へと変化していくものなど。工藤さんの、「どんな料理と合いそうかイメージしながら」、そんなアドバイスのもと、テイスティングを楽しむ時間。

続いては、カフェ・トピナンプールのYoshiさんによるランチプレートと合わせて、先ほどの5種類のオリーブオイルを楽しむ。料理は、そのまま、焼く、蒸すなどとにかくシンプルに。そしてテーブルに置かれた、塩、しょうゆ、それからできたばかりというひよこ豆の味噌をお好みで合わせながらいただく。シンプルなバゲットにひよこ豆の味噌、そして甘い風味のあるオリーブオイルを合わせると、口の中が驚くほど豊潤なおいしさに包まれて。食材や調味料をこんな風に楽しむこともできるのだなあ、としみじみ。実に魅力的。

楽しみながら、学ぶことのありがたさ。

P7136025.jpg

P7136028.jpg

P7136031.jpg
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3233-b7df4e67

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR