11月19日 型いらず、「スモークチーズとくるみのロールテリーヌ」と2つのクリスマスリース



 昨日は、11.12月の平日クラス。
まさに「クリスマス」にも「おせち」にもぴったりの一品、型を使わない、「スモークチーズとくるみのロールテリーヌ」。教室では今までにも、「テリーヌ」はあれこれと作っている。鶏肉とジェノベーゼのテリーヌや、薬味野菜のテリーヌ、それからゼラチンを使った、それはそれは切り口の美しい、季節野菜のテリーヌなど。

 教室でテリーヌを作るときには、生地を仕上げて、オーブンへ入れること、約45分、そしてできるだけ生地を冷まし、休ませたいところ。ということで、毎回、みなさん到着早々、まずはみなさんでテリーヌを仕込み、オーブンに入れるところを見届けたところで、ようやく座っていただき、さあ、ではお茶を飲みながら、ご挨拶、といった流れ。今回も然り。

DSC_1135.jpg

 今回は、なんといっても、型いらず!クッキングシートにベーコンを並べ、そこへしっかりと練り込んだ生地をのせ、ロールケーキの要領でぐるりと巻き、クッキングシートの両端をギュギュっとキャンディーのように絞り込み、湯煎したオーブンへ。一見、かなりハードルの高そうな一品にみえるのだが、実は、想像よりはもっともっと現実的にうまく仕上がる。テリーヌ、という料理自体がそうともいえるかも。
 ポイントは。もう耳にタコができている方もいらっしゃるはず。そう、ひき肉ベースの生地をしっかりと練り混ぜること。ここしばらくは、すっかりのマルチブレンダー頼り。まずは、大きめのボウルにひき肉、塩、それから水分となるもの、卵にラム酒などを加え、ブレンダーでまさに撹拌するイメージ。と、ぼろりぽろりとしていたひき肉がほどなく白っぽくなり。粘りが出て、そして少し軽くなる印象。ここまで混ぜると、焼いたときに水分が外に出ず、中に閉じ込められ、なんともジューシーな仕上がりに。ハンバーグも然り、ミートローフも然り。あとは、玉ねぎ、パセリ、スモークチーズとくるみを加え、生地全体を混ぜ。
 想像通りの大好評。おせちの一品としてももちろん、厚めにカットして、クリスマスのメインにもぴったり。それから、ちょっとしたお持たせにもいいかも、そんな声も。ぜひぜひ、華やかな演出役として。

DSC_1173.jpg

 毎回楽しみにしている、工作教室「みずたま」へ。今回は、「クリスマスリース」。
もう何年も、クリスマスシーズンにはお花屋さんで買ってきたサンキライのリースをベースに松ぼっくりなどを飾り、お手軽なリースを作るのがすっかりの恒例となっていたのだが、今年はもう少し洗練されたものが欲しいなあ、と思っていた矢先。それならば、と、大好きなドライフラワー屋さん「Marca」のミニリースをお手本に眺めながら、のリース作り。
 ずらりと並ぶ材料からイメージを膨らませ、ああでもない、こうでもない、やっぱりあんな感じ、こんな感じ、と選び。ベースにはモミとユーカリ、そしてサンキライに松ぼっくり、唐辛子にコットンにどんぐりなどの木の実などなど。大まかなイメージを膨らませつつも、時にふとした直観に流れを任せる、そんな感覚もなんとも、なんとも楽しくて。メインのリースと一緒に、もう1つ。ユーカリをちょっとラフにまとめてサンキライや木の実をあしらったもの。2つのリース、まさにそれぞれに、それぞれの魅力。

 12月のシュトーレン教室、12日金曜日はどちらの回も満席となっております。13日はまだご案内できますでの、ご興味ある方はお問い合わせくださいませ。詳しくはおしらせまで。

DSC_1184.jpg
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3115-27a09b8a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR