11月17日 紅葉も一緒に、11月キッズおやつ教室、スタート



 秋もすっかり深まった先週末、我が家でのちょっとした出来事。近くのお友達のお家にもお泊まりできずにいた、2年生の長男が、お泊まり合宿へ。今回はいとことそれから保育士をしている東久留米の母も一緒、という設定ながらも、数日前まではそれはそれは敏感に。前日あたりにようやく心落ち着いたところもあったようで、当日は無事の出発。ということで、今頃どうしているかな?、そんなことを1日に何度となく思い描きながらの週末時間となり。

 いつもよりやけに静かでどこかゆったりペースがなんとも落ち着かないところ、週末は秋を満喫すべく、の公園時間。一面の黄金色のいちょうを眺めたり。それから、昭和記念公園みどりの文化ゾーンで開催された「東京ピクニック」へ。たくさんのテントには、子供向け工作ワークショップやクラフトマーケット、フードマーケット、そして屋台がずらり。そしてもちろんの紅葉の眺め。圧巻だったのは、タワーパーキング上階からの公園一帯の紅葉の眺め。

 日曜日の夜、無事に帰宅した長男、おこづかいで買ってきたのは、自分の分と下2人へのおみやげのキーホルダー。こんな買い物だって、初めてのこと。私たちには、富士山のおいしい水を水筒にいっぱい。

PB155001.jpg

 週末の公園から落ち葉のおすそ分けを集めて。さて、今日から、11月キッズおやつ教室がスタート。
今月は、子どもたちと握らないおにぎり、「おにぎらず」を作ることに。エプロン姿の子どもたち、まずは目の前のお皿にのりを置くと、おっと、おっと、のりをかじり始める子が続出!「ちょっと待って、まだ食べないでください!」、さあ次の作業、次の作業。まずはのりの中央に塩をぱらぱら、そこへ半量のごはんを置き、白ごま、黒ごま、ふりかけなどお好みでぱらりぱらり。今回のメインのフィリングは、「鶏そぼろ」。そぼろをごはんの上にのせ、スライスチーズを1枚、そして残り半量のごはんをのせ、もう1度塩とごまなどをぱらりぱらり。手にごはん粒をつけながら、楽しそうに重ねていく姿。そして最後に、のりを折り畳み。

DSC_1154.jpg

 この「おにぎらず」、かなり大ざっぱに作っても、最後の「ラップ包み」で、ややきつめにラップで包み、形を整えると、落ち着いて、切り分けたときには、なんとも整然とした形に整うのが魅力。今回も、「おにぎらず」そのものは年少さんから年長さんまで8人とも、基本的に子どもたちがそれぞれ自分1人で仕上げたもの。できたての「おにぎらず」はかなり切りづらいのだが、ラップに包んでおくことしばし、のりとごはんがしっとりと落ち着いて、ぐっと切りやすくなる。「おにぎらず」がお皿に盛られるのを待ちながら、今度はお手軽ピンチョス作り。今回はピックに、ソーセージとチーズ、それからやわらかくゆでた大根をさして。

 ガラスのお皿の下には、秋のおすそ分け、赤や黄色に紅葉した葉とそれから南天の葉をひき。さあ、みんなでいただきます!あっという間に食べ終わり、「もう1回食べたい!」、「もう1回作りたい!」、そんなうれしい声も。「今からお家で作りたい!」、ママをひき連れて、揚々と帰っていく後ろ姿。果たして、さっそく復習会となったことか。

DSC_1151.jpg


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/3114-575e30ad

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR