FC2ブログ

ごきけんよう


 今日は支援センターの「お茶の会」に行ってみた。午前中だというのに、かなりの人数が来ていて、靴の置き場もないくらい。それもそのはず。なんと100円でお抹茶をたててくれるのだ。ちゃんとお茶菓子までついて。しみじみ、なんていいところなんだろう、と感動していると、「あの~。」と声をかけられた。「あては君の名前を見て・・」そう、だんなさんの高校時代の同級生(私も何度か会ったことがある)が近くに住んでいて、奥さんともうすぐ1才のつむぎちゃんが時々支援センターに行っている、と聞いていたのだ。話をしていると、一緒に来ていたママ友達のミキさんが、「市の母親教室、いらしてましたよね?」つながる、つながる。最近こういうシーンがよくある。出歩く人同士が同じところに出歩き、出会うのだろう。午後、ミキさんと一緒にお昼ごはんを食べ終えた頃、近所のヤヨイさんが遊びに来てくれた。以前、1度料理教室に来てくれた2児の母。この間までは次女の小学お受験に大忙し、今度は長女の中学受験なのだ。お受験推進派のヤヨイさん。「男の子ならやっぱり御三家でしょ?」ミキさんも私も「いや~。まだ~。」といった感じ。そのうち、「そろそろ娘が帰ってくる頃かな。」見れば小さなリエちゃんが歩いてきた。一緒にお茶を飲み、あてはの相手をしてくれる。ふと、「なんで、あては君、ここに線があるの?」とぷくぷくボンレスハム状態のあてはの腕をみて一言。お酒が大好きなヤヨイさん。今日はだんなさんの帰りが遅い、とのことで外食にしょうかなあ、と。リエちゃんに「どこがいい?」と聞くと、すかさず「居酒屋がいい!」何を言い出すかわからないから、おもしろいような恐ろしいような。気が変わったらしいヤヨイさん。「今日は家で親子丼にしようか。」とたんにリエちゃんがぐずり出した。帰り際、泣きながらママの足にまとわりつき、泣きながら靴のひもを結び、泣きながら「ごきげんよう。」と帰っていった。
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/2789-408f1da0

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR