まさかの彼女のお迎え



 大学時代の友人宅へ。私以上に運転音痴だった彼女が駅まで車で迎えに来てくれて。
 会った瞬間から、懐かしい会話のトーンに包まれて、ひたすらひたすら、お互いにしゃべり続け。いつの間にか、一緒になって遊ぶ我が子たちを眺めながら、気づいたら、最初から最後までほぼずっとパンをあれこれつまみながら、コーヒを飲みながら、とにかくひたすらひたすらしゃべった。大学時代の濃密な時間があったからこそ、ちょっと言葉を並べただけで、そのニュアンスがほぼ伝わるありがたさといったら。次に会うときは、また違った、子どもたちの絡みも楽しめるのだろう。それにしても、まさか、彼女とこんな風に同級生の母同志になるとは、そしてまさかまさか、バック運転すら怪しかった彼女の運転する車に乗ることになるとは、あの頃にはもちろん想像もつかなかったこと。駅までの帰りの車、遊び疲れて、見事にほどなく子どもたち全員がスヤスヤと、初めて静かに話ができるね、という頃にはもう駅は近く。
 帰りに途中下車して、移転オープンしたパン屋さん「ユッカ屋」へ。
店内中央には香ばしい香りに包まれたパンがずらり、店内左は器の並ぶギャラリー、そして店内右はカフェスペースとなり。夜、さっそくいただいた、久々の「ユッカ屋」のパン。珈琲とホワイトチョコのパンはその相性はまさにカフェオレのイメージ。それから、栗とくるみのパンは香ばしさと栗の甘み、そして、「ユッカ屋」らしい、優しい香ばしさの皮としっとりとした生地。朝昼晩とパン三昧の日。もちろん飽きることなどなく、明日の朝ももちろんパン。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/240-a112be61

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR