FC2ブログ

雨上がり、スカーフ舞う


 今日は中学、高校時代の友人が国立の桜を見にやってきた。3才の華音子(かのこ)ちゃんも一緒に。実は彼女、私が国立という街に住むきっかけを作ってくれた人。大学時代を国立で過ごし、私に国立の街を案内してくれたのだ。懐かしい。もちろんその頃には自分がこの街に住むことになるとは夢にも思っていなかったのだが。小雨がぱらつくお昼、今日は大学通りを一歩入ったイタリアン「文流」にてランチ。地下の個室にて。久々に来たのだが、大満足。彼女が住んでいた頃には予約がなかなか取れないお店だったとか。まずは「雨の日のご来店なので」とかぶの葉とパンチェッタのクロスティーニ。心うれしいサービス。「ツナとグリンピースのクリームペンネ」は春らしい一品。メインの「サクラマスのポアレ」にはほんの少々のカレーパウダーがなんとも。しっかりしたクリームのソースにしっかりとしたキレが出る。しっかりお昼寝後のあては、いつになく、穏やかに、そしてかなりの食欲、半分ずつでは済まず、6対4(あてはが6)でシェア。お店を出る頃には私の予想と希望通りの青空。そのまま大学通りの桜を眺めながら、「レ・アントルメ国立」へ向かう。この店に最初に私を連れて行ってくれたのも彼女。現在はリトミックを子供たちに教えている彼女。国立楽器にてリトミック用のスカーフを買い、我が家へ。今日は花見に合わせたデザートを用意。桜白玉。白玉に桜の塩漬けを少々。小豆に添えて。そして彼女が大好きなアントルメのシュークリーム。この辺でプチリトミックタイム。さっきのスカーフを広げ、歌を歌いながら、ふわっと飛ばしたり、くしゅくしゅ丸めたり。現在5才の奏和くん、3才の華音子ちゃん、と2児の母の彼女。ここ1、2年から本格的にリトミック活動を進めている。サークルを作り、教室を始め、そして「視野を広げておきたいから」と月に1度自分自身もリトミックの学校に通っている。私自身も常日頃感じる。1人でやっているとどうしてもパターン化してくる。それが自分らしさでもあるのだが、時には風が欲しい。積み木で遊んだり、お絵かきをしたり、一緒に遊ぶかと思いきや、なかなかうまく遊べないかのこちゃんとあては。そして、背後から近づくあてはに「あっくん、こわい~。」何だか聞き覚えのあるセリフ。今日来るはずだったサトルくんとも以前、同じようなシーンが。帰りの駅でようやく握手を交わす2人。家に着くと彼女からのメール。かのこちゃん曰く「あっくんと遊べてよかった」とのこと。次回に思いを託して。
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/2208-d89b180d

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR