点描鑑賞とサレ入れ忘れ



 文化の日。忘れ物を取りに1度戻りつつも、ドライブしながら、国立新美術館へ。「印象派を超えて 点描の画家たち」を観に。初めて足を運んだ国立新美術館、ガラス張りの建築が印象的で、館内もシックで落ち着いた雰囲気。
 こうやって、じっくりと「点描」という表現方法を鑑賞したのは初めて。補色同士を合わせることによって生み出される力強さと、それから繊細さ。そして、間近での鑑賞と少し離れたところからの鑑賞のそれぞれのおもしろさ。ゴッホの「レストランの内部」、点描の実験的技術に基づいた上でのゴッホの表現力。後半は、ざざっと走り眺め観、くらいで、じっくりと1つ1つを鑑賞することはできなかったけれど、今の私には上々だったのでは。またもう少ししたら、ゆっくりと館内を回り、その後3階のポール・ボキューズのカフェでランチをして、ついでに六本木散策も、そんな日も来るはず。
 四谷方面に向かい。久しぶりに、「妻家房」本店へ。定番の石焼ビビンバに冷麺に。ソルロンタンのコクのあるスープにそうめんが入ったものなどなど、ベースはすべて辛くないものにお好みでコチュジャンを加え。付け合わせの小皿あれこれずらり、は韓国料理の魅力。おいしかったのが、太めの切り干し大根の和え物。歯ごたえといい、しっかりと辛く、そして甘みもあるジャンといい。それからじゃことピーマンの和え物など。帰り道、消防博物館へ立ち寄り。展示されたレトロな消防署が照明に照らされて、本当にかっこよく見える。「うわあ、ここ懐かしい!」、どこまでその記憶が定かのかはわからないが。
 明日のお天気を気にしつつ。手土産に、とやや急ぎ早に、「ケーク・サレ」を焼く。急ぐと、悲しくも半分の確率でやってしまう、あまりに初歩的なミス。「ケーク・サレ」の「サレ」は「塩」なのに、その「塩」の入れ忘れ。ドライトマトにベーコンに、オリーブにチーズに、塩気のあるフィリングが多い、とはいえども、やっぱり味がどこかぼんやり。さあどうしようか、明日の朝、お天気を見て、考えよう。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/211-13931a31

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR