クリスマスロール生地構想



 昨年に開催した、「クリスマスお菓子の家」教室。今年も、お菓子の家を作りたい、それから我が家でもお菓子の家を眺めたい、そんな想いから。教室を一緒に主宰した彼女と、今日は、市の施設の予約を取り、打ち合わせなど。
 小学生ともなると、みなさん、習い事も多く、なかなかみんなで大集合、も難しい。ということで、今回は、ご自宅でお子さんと手軽に作ることができる「キット販売」をメインに、ご都合のつく方々、習いながら、みんなで作りたい、という方々には、大人教室、そしてキッズ教室を開催することに。昨年とは、また違った形になりそうなところ、今日は大まかなところを。それでも、クリスマスに向けて、そんな設定だけで、どこか心浮く想い。クリスマスまで眺めて楽しい、食べて楽しい「クリスマスお菓子の家」、大切なクリスマスの想い出の1つになりますように、そんな願いを込めて、まずはお近くの方々へのご案内など。
 今日は日中、ほぼキッチンに篭り、溜まっている試作あれこれ、あれこれ。11,12月教室、食後のデザートは毎年恒例、クリスマススイーツ。今回リクエストいただいているのは、クリスマス定番、「ブッシュ・ド・ノエル」。だいぶ以前に教室でも作っているし、ロールケーキは私自身大好きなので、教室でも何度となく登場している。なので、今回は、今までとはまた少し違う生地にしてみようかなあ、など。
 今日は生地を何パターンか試作。改めて、それぞれの材料、特に砂糖の意義をしみじみと。そう、「甘さ」だけではないのだ。甘さはもちろん、生地のきめを整えて、しっとりと質よくする。なるべく控えるべく甘さと、質のよい生地、その帳尻合わせ。そこに粉の分量、特に今回はちょっとビターなココア生地に、と思案中なのでココアの分量、などなど1つ1つの材料をあれこれ見ていくと、時にすっかりはまりこんでしまう。限られた材料の微調整で大げさに言えば、まったく違うものができあがる、この辺りがお菓子作りの醍醐味でもありつつ、料理という目線からすると、お手上げ~!、と知らんぷりしたくなることも。今日は楽しめる範囲での、有意義なロール生地構想となり。昨日とは打って変わって、今日はクリスマスを感じる1日となり。
 今日から、新しくサッカー教室に通うことになったあては。サッカーの技術、というよりも、精神面での成長を期待しつつ。まだまだ、あまりにもたどたどしい姿ながらも。迎えに行く頃には空にはきれいな三日月が。親子共々、少し新しい時間が始まった感覚。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/208-f815485a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR