FC2ブログ

丸子ぶらり


 母とあてはと丸子方面へ。東海道・丸子宿。宿場町の面影を残す趣ある地。山道を登り、まず立ち寄ったのは母が1度訪れたという小さな美術館「くにじ庵」。館内に展示された静岡県各地の風景を描いた木版画もさることながら、建物奥、大きな窓から見渡す、山の景色をそのままに生かした庭には思わずため息がもれる。素敵すぎる。そしてすぐそばにある北欧家具の店「クラフトコンサート」へ。店内に入り、釘付けになる母、私、そしてあては。1階には北欧家具と一緒にストッケのベビーカーやトリップトラップチェア、そしてテーブルには魅惑的なレゴ。いつのまにかレゴで遊ぶあては。その隙にショップ内をのぞく。もともとあった古民家を改築したギャラリー。もちろんあてはをそこから連れ出すのには一苦労どころではなかった。そこから歩いて山を下り、アンティークショップ「オディオン」に立ち寄り、今日の目的地「駿府匠宿」、今日までのイベント「おもちゃ展」へ。タミヤなど静岡にあるいくつかのプラモデルメーカー商品が展示され、遊ぶことができる。あてはが飛びついたのは、動物の形をしたプラモデル。馬、きりん、ねずみ、亀など。きりんが気に入ったようで、足をばたばたさせるきりん片手にあれこれ物色。そんなあてはを母と2人、ソファに腰掛けながら眺めてみたり。お昼は「たくみ亭」にて麦とろろ膳をいただく。丸子は自然薯の産地でこの周辺にはとろろ専門店も数多い。数日前、家での夕食で麦とろを食べたとき、見事に口の周りが腫れあがったあては。今日はものすごい食べっぷりにも関わらず、こまめなケアのおかげか腫れ知らず。そう、静岡の麦とろのポイントはすりおろしたとろろに一般的なだしを加えるのではなく、みそ汁を加える、ということ。もちろん家でも。こくが出て美味なのだ。おみやげ処で先日買った利き茶セットの中で1番私好みだった「おくみどり」の茶葉を買い、ついでにあてはの横笛を買う。なんとも優しい音色。次に向かったのは、匠宿すぐ裏にあるアイスクリーム工房「くまさん牧場」。実はそのすぐ裏には小さな牧場が。とってもきめが細かく、優しい味のするアイスクリーム。今日は枝豆アイスと丸子紅茶。実は丸子は日本での紅茶発祥の地だったりもする。坂を上がり、こわごわと牛を眺め、今度はやぎの元へ向かった母とあては。「メ~、メ~」、あまりに威勢のいいやぎのなき声かと思いきや、母の声であった。さすがにそんなやきはいない。「おいで」、こわごわとやぎに草をあげているあては。丸子散策、大当たり。「どこか遠くへ来たみたいだね。」と母。夜、妹と焼津荒祭りの御神楽祭を見に。「アイエートン」「アイエートン」ものすごい迫力と熱気。白装束の男衆の熱気とついでにお酒臭さはすごかった。
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/2077-89af8aec

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR