FC2ブログ

谷保のお祭り


 まずはあてはのヘルメットを買いにトイザラスへ。こういうところへ来るといつも2児の母気分になる私。あてはがあっちに吸い寄せられれば、こっちに吸い寄せられている大きな影。と、途中からは笑えなくなってくるのだ。帰宅後、駅で出勤のだんなさんを見送るあては、やけにすんなりとバイバイ。それもそのはず、今からバスに乗るのだ。2人で谷保天満宮の例大祭へ。真っ先にあてはが向かったのは、敷地内に運良く待機中のパトカー、そして消防車。「乗る?乗る?」の連発。そしてこちらも予想通り、境内の鶏、ちゃぼを追いかけることしばし。以前、1人で来たときとはまったく違った風景に見えるから不思議。境内1番手前、たこ焼きやさんの前に行列。見れば、こういう屋台にしてはおいしそうなたこ焼き、ということで買ってみることに。梅林の階段にて。ねぎとうずらの卵の入った大きなたこ焼き。たまにはこういうものがやけによかったりする。天満宮から谷保駅の方へ足を進めると万灯行列が始まる。大きな、大きな傘のような竹の枠組みに紙の花をあしらったものが何基も連なり、練り歩く姿。あてはにもかなりの見ごたえがあったようだ。道の脇に座り込み、じっと見つめている。なぜか季節外れのかき氷を食べ、帰りのバスへ。といってもあっという間にいつもの大学通りへ。今度は駅前周辺の出店散策。谷保周辺よりも明らかに国立駅周辺の方が出店の数多し。あてはにとっては「なんだか楽しそう」がひたすら続く、そんな感覚なのだろう。あっちを見、こっちを見。ついでに私も。お祭りの風情はやっぱりなんとなく楽しいもの。そろそろ眠くなってきたあては、お腹いっぱいのはずなのに「食べる!食べる!」と屋台のお好み焼きを指差し。夕方、家にて目覚めた瞬間、開口一番「食べる!」とどこかを指差す。前にもこういうことがあったが、寝る直前の意識が続いているのか。今日の夜は届いたばかりの塩浜さんの新米。いつものように1日遅れ着ではあったのだが。恐るべし、食欲の秋。
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/2030-9a7bed23

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR