黄金色のイチョウとチョコレート後ろ姿



 買い出し帰り、一橋へ。ここしばらくは、大げさでなく、数日ごとにイチョウの木々の色づきが変わっていく。数日前よりもぐっと一面黄金色の眺めにうっとりすることしばし。そんなうっとりする私を追い抜いて、お友達と、手をつないで先を行くゆふきの後ろ姿。嘘でなく、帰りに上着をベンチに忘れていくほどにあたたかかった日。帰り際、そばで絵を描いていたおじいさんが、「よかったらどうぞ。」とチョコレートをくれて。一口でぱくっ、うれしそうに片方のほっぺを膨らませて、食べ終わった瞬間に、「チョコレート食べたい。」と。「じゃあ、2人でおじさんにくださいっていっておいで。」 手をつないで、おじいさんのそばへ向かう2人の後ろ姿。そして、しばし、おじいさんのそばでただ立っている。そのうち、2人で何やら相談して、大股で少し前に進みながらも、なかなか声がかけられず、なんて光景がなんだかあまりにおかしくて。
 今日は朝からうまくいかないこと続きだった日。プリンターで、信じられないくらいに何度も失敗し、探し物をしてヘトヘトになり、出かけ際に着せようと思った上着が見つからず、ばたばたと。朝からのそんな消耗感も、2人のキュートなチョコレート後ろ姿ですーっと浄化されたようだ。ついでに、久しぶりに行列覚悟で買ってきた柿屋ベーグル、秋の一品、「マロングラッセとクリームチーズ」は、ほんのりアプリコットジャムの隠し味が絶妙。このぐらいのことでリセットできる単純な我が身。
 今日のスペイン試作は、「ソパデマリスコス」、いわゆる魚介のスープ。フレンチのブイヤベースにも似ているのだが、今回はスープにボリュームととろみをつけるのに、スパゲッティをその場でポキポキおりながら、小さくし、加える。スパゲッティがやや固めなところで火を止め、仕上げ。余熱で落ち着いて、だいぶ時間が経っても、おいしくいただくことができる。これからの季節、にんにくやスパイス香る、あったかスープ、心も体もあたたまり。1階キッチンまで取りに行くのが面倒で、さっき研いだばかりの三徳包丁で、魚の切り身の骨を当てたら、案の定、刃が少々かけ、さて研ぎ直し。なんだかこれって、長男あてはの日々の宿題風景を見るようで。急がば回れ、結局は2度手間になるのだ、と反省。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/196-c75e9495

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR